貴志祐介のおすすめランキング

プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貴志祐介のおすすめランキングのアイテム一覧

貴志祐介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪の教典 上 (文春文庫)』や『青の炎 (角川文庫)』や『新世界より(上) (講談社文庫)』など貴志祐介の全259作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪の教典 上 (文春文庫)

11428
3.81
貴志祐介 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読みました。 まさしく、息をつく間もないほどに。 読み終わってアマゾンのレビューを見て、驚きました。 低評価が意外と多い…。めちゃくちゃ面... もっと読む

青の炎 (角川文庫)

10892
3.84
貴志祐介 2002年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1994年刊行の作品で今更ながらの感が無きにしも非ずだが、「日本ミステリー史に残る感動の名作」との謳い文句に、初読み。 倒叙推理小説に分類されるだろうが... もっと読む

新世界より(上) (講談社文庫)

10642
3.97
貴志祐介 2011年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.12.16 読了。 ・初貴志祐介作品。1000年後の日本の神栖66町を舞台にした物語。しめ縄に囲まれた町、神の力といわれるサイコキネシス、悪... もっと読む

悪の教典 下 (文春文庫)

10174
3.68
貴志祐介 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

息つく暇もないほど一気に読んでしまいました。 序章といいつつ、後半はだいぶ恐ろしくなってきたと感じていた上巻が 嵐の前の静けさでしかなかったことを改め... もっと読む

黒い家 (角川ホラー文庫)

9882
3.84
貴志祐介 1998年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んで貴志祐介さんにどっぷりハマりました。 サイコパス出て来る系ミステリが好きになったのもこれがきっかけかも。 ホラーってお化けとか超常現象的な... もっと読む

新世界より(下) (講談社文庫)

8305
4.21
貴志祐介 2011年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 異世界やSFという壮大なスケール感だけでなく、ストーリーや設定の構成の高さに鳥肌たちまくりの、非常に読み応えのある面白い作品でした!!!! 今... もっと読む

新世界より(中) (講談社文庫)

8286
4.10
貴志祐介 2011年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

442ページ、中巻読了。5人の少年少女が被る過酷な運命や、徐々に明らかになる街の秘密、人類が辿った歴史、不気味なバケネズミの行動、ますます先が気になります... もっと読む

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

6964
3.85
貴志祐介 1999年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆるありがちな最後の一人が勝者となるサバイバルゲームに放り込まれた主人公がヒロインとともに生き延びていく話なんですが…貴志さんが描きたかったのは、中盤... もっと読む

天使の囀り (角川ホラー文庫)

5398
3.84
貴志祐介 2000年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいて楽しい内容ではないのに なぜかページを捲る手が止まらないという 貴志ホラーの典型。 『新世界より』のときもそうだったけど 怖いという... もっと読む

悪の教典 上

4989
3.84
貴志祐介 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貴志祐介さんの講演を拝聴した。 テーマは「エンタテイメントに残虐な表現は必要か」 というもの。結論から言うなら「イエス」が、氏の意見である。 フ... もっと読む

硝子のハンマー (角川文庫)

4731
3.48
貴志祐介 2007年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普段はドラマの原作、と聞いて本を選ぶことはない。 たまたま原作があることを本屋さんで知り、手にとってどんなのだろうとページを開いてみた。ふんふん、原作で... もっと読む

悪の教典 下

4142
3.62
貴志祐介 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あー!そうだよ、これだよ。貴志氏はこういう小説を書く人でした。完全に忘れてました。 この完全に救いのない感じ。本を閉じて思い出してゾクゾクってくる感じ。... もっと読む

新世界より (上)

3835
4.00
貴志祐介 2008年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

又、新しい地に踏み入り、 その探索中にフト、思った。 (そういえば、最近読んだ『僕は小説が書けない』の主人公。彼の苦悩が良くわかるなぁ。) ... もっと読む

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)

3642
3.40
貴志祐介 1996年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすく中々楽しめた。ただホラーとしては恐怖を覚えるシーンは多くなく、どちらかと言うと謎が解けていくミステリーとしてのおもしろさだった。 もっと読む

新世界より (下)

2795
4.05
貴志祐介 2008年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一日で一気に読破してしまいました。 こんなに夢中になって読書したのは実に何年ぶりだろうか。 朝から晩まで動かずにもくもくとページをめくりました。 ... もっと読む

狐火の家 (角川文庫)

2628
3.26
貴志祐介 2011年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美人弁護士と防犯コンサルタント(本職は泥棒)のコンビが、密室殺人事件を推理するシリーズもの。 「狐火の家」「黒い牙」が良かったです。他2篇は貴志祐介... もっと読む

鍵のかかった部屋 (角川文庫)

2556
3.28
貴志祐介 2012年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第3弾だそうだが、1.2弾を読んでいなくとも差支えなく楽しめる4編の短編集。 4編とも、題名通りの密室トリックであり、防犯探偵(実は鍵師の泥棒!... もっと読む

雀蜂 (角川ホラー文庫)

2232
2.54
貴志祐介 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貴志祐介の本は、『青い炎』に続き2冊目。アマゾンのレビューでは、酷評が目立つけれど(特にファンの人たち)、あたしは面白かったです。「豪雪で閉ざされた山荘内... もっと読む

青の炎

2115
3.86

感想・レビュー

貴志祐介お得意の倒叙推理小説。 ただ守りたかっただけなのに… 切ない。 後からじわじわ来ます。 もっと読む

ダークゾーン

1723
3.21
貴志祐介 2011年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だんだん私の頭では理解できなくなっていく… 気がしている。 それとも興味が薄れてんのかな。 もっと読む
全259アイテム中 1 - 20件を表示

貴志祐介に関連する談話室の質問

ツイートする