貴田庄のおすすめランキング

プロフィール

貴田庄(きだしょう):1947年青森県弘前市生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了、芸術学専攻。専門は映画史、西洋美術史、書物工芸史。著書に『小津安二郎のまなざし』『小津安二郎の食卓』『小津安二郎東京グルメ案内』『小津安二郎と「東京物語」』『原節子 あるがままに生きて』『原節子物語 若き日々』『志賀直哉、映画に行く』『高峰秀子 人として女優として』『西洋の書物工房』『マーブル染』『レンブラントと和紙』など多数。

「2023年 『小津安二郎と七人の監督』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貴田庄のおすすめランキングのアイテム一覧

貴田庄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『選書914 西洋の書物工房 (朝日選書)』や『原節子 あるがままに生きて (朝日文庫 き 16-3)』や『小津安二郎の食卓 (ちくま文庫 き 17-1)』など貴田庄の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

選書914 西洋の書物工房 (朝日選書)

182
3.35
貴田庄 2014年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パピルスと今の紙の間に、どんな素材があったのか。本の綴じ方は。そもそもどこからどこまでが「本」なのか。このところ俗にいう電子書籍をよく買うけれど、資料とし... もっと読む

原節子 あるがままに生きて (朝日文庫 き 16-3)

99
2.96
貴田庄 2010年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若い時の戦争がなかったら、もっと良い作品にたくさん出られたのではないかと思うと惜しい...。もう少しつっこんだ内容を期待したけれど、やはりどこかベールに包... もっと読む

小津安二郎の食卓 (ちくま文庫 き 17-1)

79
3.56
貴田庄 2003年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋で衝動買い。「小津安二郎」で「食卓」なので、、、 丁寧な著者のレビューで、映画のシーンと小津の日記を中心に食べ物と飲み物について解説している。映... もっと読む

小津安二郎と「東京物語」 (ちくま文庫 き 18-2)

48
4.00
貴田庄 2013年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「小津の映画はいいかい?」 「いいね。」 「いいって、どんなところが?」 「どんなところって…いいんだよ。」 「この本はどうだい、いいかい?」 「いいね。... もっと読む

レンブラントと和紙

30
3.67
貴田庄 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1255夜 もっと読む

小津安二郎東京グルメ案内 (朝日文庫 き 16-1)

28
3.29
貴田庄 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅いグルメ本かと思ったらそうでもなく、小津日記との対応で作品との関係も丁寧につづったものだった。bookoffで100円は拾い物。 もっと読む

小津安二郎文壇交遊録 (中公新書 1868)

25
3.33
貴田庄 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB00158404 もっと読む

小津安二郎と七人の監督 (ちくま文庫 き-18-3)

25
3.00
貴田庄 2023年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若くして映画の道に入り、撮影助手を経て助監督となり、24歳の若さで監督となった小津安二郎。移動撮影やオーヴァーラップやパンをせず、ローアングルから撮ったシ... もっと読む

小津安二郎美食三昧 関東編 (朝日文庫)

24
3.40
貴田庄 2011年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「小津安二郎」というタイトルを見ると無条件で飛びつく習性が身につきました。こんにちは。 小津さんが通ったという名店が、短い文体で軽やかに読みやすくまとま... もっと読む

原節子 わたしを語る (朝日文庫)

23
3.00
貴田庄 2013年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原節子の人柄ついてなんとなくわかったけど、いまいち浅い。著者の主観が入っているからか、もしくはそれだけ原節子という人は謎な人なのか。 もっと読む

小津安二郎美食三昧 関西編 (朝日文庫)

22
3.38
貴田庄 2011年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北鎌倉に住んだ小津安二郎(1903.12.12~1963.12.12 享年60)、1963年に女優業を引退し鎌倉で隠遁生活を送った原節子(1920.6.1... もっと読む

西洋の書物工房: ロゼッタ・ストーンからモロッコ革の本まで

21
4.00
貴田庄 2000年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

製本について、とにかくくわしく書いてある。たとえば天金の材料となる金とか、表紙をくるむ革など、材料にまでつっこんだ説明が多く、この分野に初心者である私には... もっと読む

小津安二郎をたどる東京・鎌倉散歩 (PLAY BOOKS INTELLIGENCE 78)

18
3.14
貴田庄 2003年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小津安二郎が訪ねた、東京や鎌倉の名店が紹介されている。 小津の日記や「グルメ手帖」などから現在も残る店が記載されている。 美食家であった小津がひい... もっと読む

監督小津安二郎入門40のQ&A (朝日文庫 き 16-2)

16
3.75
貴田庄 2003年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「入門」 と銘打ってありますが、なかなか勉強になる本です。小津安二郎ファンには、バランス良く知識を得られるという意味で、良い本だと思います。 もっと読む

リニュール入門: 革製本への手引き

14
3.00

感想・レビュー

道具類が単純なイラストで表現されていて全体に見やすい。 いかにも入門のざっくりした内容。 もっと読む

小津安二郎の食卓

10
4.00
貴田庄 2000年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「MARC」データベースより) 食は映画にあり。小津安二郎の映画の「食」を求めて残された全作品を味わい尽くし、「食」の視点から小津映画を語る。小津安... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×