赤坂真理の文庫本一覧

プロフィール

1964年、東京都生まれ。作家。95年に「起爆者」でデビュー。著書に『ヴァイブレータ』(講談社文庫)、『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』『ミューズ/コーリング』(共に河出文庫)、『モテたい理由』『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)など。2012年に刊行した『東京プリズン』(河出書房新社)で毎日出版文化賞・司馬遼太郎賞・紫式部文学賞を受賞。

「2015年 『日本の反知性主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤坂真理の文庫本一覧のアイテム一覧

赤坂真理の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『東京プリズン (河出文庫)』や『ヴァイブレータ (講談社文庫)』や『ミューズ (講談社文庫)』など赤坂真理の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

東京プリズン (河出文庫)

523
2.79
赤坂真理 2014年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったけど、話にまとまりがない。 もっと読む

ヴァイブレータ (講談社文庫)

185
3.35
赤坂真理 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説を読んで「どうしてあたしのことがここに書いてるんだろう」と思った人がいたらしい。 そんなふうにすべてに共感はできないけれど、主人公の「頭の中... もっと読む

ミューズ (講談社文庫)

76
3.08
赤坂真理 2005年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

×2008年8月25日登録 赤坂真理の書く小説は、「音」で構成されている。皮膚と皮膚とが重なりあう「音」、波の砕ける「音」、光の「音」、森に降る雨、... もっと読む

蝶の皮膚の下 (河出文庫)

66
3.00
赤坂真理 1999年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文はとっても美しく魅力的。しかし、意味がよく分からない。 もっと読む

ヴォイセズ/ヴァニーユ (講談社文庫)

56
3.46
赤坂真理 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

赤坂真理さんの文章にはいつも、 ぐううっと引き込まれてしまって一気に消費してしまう。 もっと読む

コーリング (講談社文庫)

49
3.20
赤坂真理 2004年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇麗で汚い もっと読む

彼が彼女の女だった頃

44
3.07
赤坂真理 2003年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いいタイトルだよね、これ。 もっと読む

ヴァイブレータ 新装版 (講談社文庫)

44
2.91
赤坂真理 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解説の寺島しのぶが「20代最後の宝物」なんて書いているものだから、読んでみた。 『東京プリズン』とは重みの違う彷徨。 でも、その人にとっての彷徨の... もっと読む

ミューズ/コーリング (河出文庫)

33
3.29
赤坂真理 2013年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極度に身体的で感覚的。そしてなんというか箍が外れたとはちがうんだけど、どことなくキマっている人が見てそうなものを端正に機械的に描写しているような。とにかく... もっと読む

ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙 (河出文庫)

18
3.00
赤坂真理 2013年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ヴォイセズ」「ヴァニーユ」よかった。 読者わたしのいる今ここ以外の世界に触れているひとはとても満たされてみえるけれど、その彼/彼女も「みんな一人だ。」2... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする