越前敏弥のおすすめランキング

プロフィール

文芸翻訳者。1961年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部国文科卒。大学在学中から学習塾を自営、留学予備校講師などを経たのち、37歳からエンタテインメント小説の翻訳の仕事をはじめる。ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』(角川文庫)など、ダン・ブラウンの作品を筆頭に、60冊以上の訳書がある。単著に、日本人が誤読・誤訳に陥りがちな英文を収集した『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』、翻訳学習者向けに書いた『越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文』(以上、ディスカヴァー携書)、『翻訳百景』(角川新書)などがある。

「2019年 『オリジン 上』 で使われていた紹介文から引用しています。」

越前敏弥のおすすめランキングのアイテム一覧

越前敏弥のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ダ・ヴィンチ・コード〈上〉』や『ダ・ヴィンチ・コード〈下〉』や『天使と悪魔(上)』など越前敏弥の全131作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉

5445
3.72
ダン・ブラウン 2004年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「仕事中に読み始めると、仕事ができなくなるよ」と、本を薦めてくれた人が言っていたけど、仕事中に読み始めないってば・・・w いや、でも仕事を忘れて読ん... もっと読む

ダ・ヴィンチ・コード〈下〉

4484
3.68
ダン・ブラウン 2004年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天使と悪魔に比べると、結末が余りにお粗末というか、とある人物が前面に出過ぎてトークで一気にまとめてしまった感があった。二転三転するかとおもいきや、なんとも... もっと読む

天使と悪魔(上)

2121
3.87
ダン・ブラウン 2003年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間は通常、脳の持つ力のほんの数パーセントしか使わないものだ。ところが、大きな衝撃、極度の喜びや恐れ、深い瞑想などで、精神が張り詰めた状況に置かれると、突... もっと読む

天使と悪魔(下)

1777
3.89
ダン・ブラウン 2003年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻は『ダ・ヴィンチ・コード』と比較すると、おや?な感じでしたけど、下巻はおもしろい! 『ダ・ヴィンチ・コード』と比較するのが意味がなく、『天使と悪魔... もっと読む

翻訳百景 (角川新書)

206
3.85
越前敏弥 2016年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

越前敏弥さんのブログはたびたび読んでいたのだが、このたび、ブログの記事+お仕事に関するあれこれがまとめられるということで手に取った。 前半は「文芸翻... もっと読む

解錠師 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

158
3.91
スティーヴ・ハミルトン 電子書籍 2011年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あちこちで絶賛されていろんなところで昨年度のベストワンをとっていて気になっていたけれども、犯罪モノって苦手だからなーと思っていて。暗そう、というイメージも... もっと読む

ロスト・シンボル(上) (角川文庫)

138
3.62
ダン・ブラウン 電子書籍 2012年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<あらすじ> 世界最大の秘密結社、フリーメイソン。その最高位である歴史学者のピーター・ソロモンに代理で基調講演を頼まれたラングドンは、ワシントンDCへと向... もっと読む

越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文 (ディスカヴァー携書)

135
3.96
越前敏弥 2011年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダヴィンチコードを原書で読んだときの、わくわくする感じやスリル感。自分の翻訳を読んだ人が同じようにわくわくしなければ、仕事にならない。あらゆる調査に労力を... もっと読む

ダ・ヴィンチ・コード(上中下合本版) (角川文庫)

123
4.25
ダン・ブラウン 電子書籍 2014年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎解き要素が多く、先が気になる!という気に駆り立てられる面白さがあった。映画も見てみたい。 もっと読む

ロスト・シンボル(中) (角川文庫)

115
3.69
ダン・ブラウン 電子書籍 2012年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フリーメイソンの秘密に迫るラングドン教授、彼を追うCIA、事件を起こした男、事件の発端となる過去の出来事など、場面が次々と切り替わるというのはいつものパタ... もっと読む

ロスト・シンボル(下) (角川文庫)

110
3.61
ダン・ブラウン 電子書籍 2012年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外な犯人とその犯人を追い詰めるまでは、食い入るように読めました。 が、、その後の話が長すぎる。そして、そこで明かされる話もなんの意外性もない話でした。 ... もっと読む

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

110
4.15
ダン・ブラウン 電子書籍 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎回大体同じ流れで進むんだけど、おもしろい。 美術も宗教も科学も、なんでも取り入れてストーリーにしてしまう。 すごい人! ダン・ブラウンの本を読んで... もっと読む

惜別の賦 (創元推理文庫)

103
3.77

感想・レビュー

これまで読んだ話は誰かに追われていて緊張感があったけど、今回はそうでもなく途中で中だるみしてしまうところがあった。 しかしこの本に登場する女性はみんな強... もっと読む

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

98
4.25
ダン・ブラウン 電子書籍 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結末が知りたくて、この巻も一気に読んでしまいました。 もっと読む

インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)

94
4.17
ダン・ブラウン 電子書籍 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「映画の原作本を読もう」シリーズ。 ダン・ブラウンの「ロバート・ラングドン教授シリーズ」は「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」は読んでいたけれど、「ロ... もっと読む

天使と悪魔(上) (角川文庫)

92
3.57
ダン・ブラウン 電子書籍 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

17.04.01読了。相変わらずラングドンさんのわくわく宗教学でした、薀蓄以外の描写が雑、内容が内容だけに禁書目録や超電磁砲を思い起こしてしまう。イルミナ... もっと読む

おやすみの歌が消えて

80
4.00

感想・レビュー

少年は兄を突然銃乱射事件で失った。 バラバラになっていく家族と、少年の周りにいるたくさんの傷ついた大人たち。 人ってどんな生き物なんだろうなと思って読んだ... もっと読む
全131アイテム中 1 - 20件を表示

越前敏弥に関連する談話室の質問

ツイートする