近藤誠のおすすめランキング

プロフィール

1948年、東京都生まれ。医師。「近藤誠がん研究所」所長。73年、慶應義塾大学医学部卒業後、同医学部放射線科に入局、79~80年、米国へ留学。83年から、同放射線科講師を務める。96年に刊行した『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)で抗がん剤の副作用問題を初めて指摘し、医療の常識を変える。2012年、第60回菊池寛賞を受賞。13年、東京・渋谷に「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を開設。14年、慶応義塾大学を定年退職。ミリオンセラーとなった『医者に殺されない47の心得』(アスコム)ほか、『コロナのウソとワクチンの真実』『新型コロナとワクチンのひみつ』(ビジネス社)、『新型コロナワクチン 副作用が出る人、出ない人』(小学館)、『がんの逆襲』(エクスナレッジ)、『最高の死に方』(宝島社)、『やってはいけない健康診断』(SB新書、和田秀樹氏共著)など著書多数。

「2022年 『「副作用死」ゼロの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤誠のおすすめランキングのアイテム一覧

近藤誠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』や『「余命3カ月」のウソ (ベスト新書)』や『どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書)』など近藤誠の全229作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

1669
3.67
近藤誠 2012年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

医療についてある程度知っていれば,見るのも嫌になるような内容です・・・ 「曖昧」かつ「過激」な表現で,いやらしく嘘はついていない部分があり,また正しい部分... もっと読む

「余命3カ月」のウソ (ベスト新書)

488
3.83
近藤誠 2013年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人の母は、スキルス性の胃がんで亡くなった。 見つかった時には、余命1年といわれ。。 新薬の治験に加わり、胃の全摘手術をして4年半でなくなった。 し... もっと読む

どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書)

306
3.86
近藤誠 2012年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を読みながら、自分と同じ考えと思うことがほとんどでした。 私が言うと変な人と言われますが、彼らが言うと説得力があります。 「がんで自然に死ぬのは... もっと読む

がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)

227
3.65
近藤誠 2012年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

症状がなければ、治療は不要。これが、がん放置療法の思想。症状がないうちは、「もどき」である可能性がある。生活を改善すれば癌が消えることも大いにありうること... もっと読む

健康診断は受けてはいけない (文春新書)

163
3.68
近藤誠 2017年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

都合の良いエビデンスしか出してないのでは?と疑ってしまうが、健康診断を受けて余計な治療や投薬により逆に寿命が縮むということもなくはないという視点を得られる... もっと読む

医者に殺されない47の心得 必携版 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

143
3.74
近藤誠 2018年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

むやみやたらにお医者さんに掛かることは、自殺行為だということ。 興味深い実例があった。例えば、1976年、南米コロンビアで医者が52日間ストライキを行い... もっと読む

こわいほどよくわかる 新型コロナとワクチンのひみつ

129
3.37
近藤誠 2021年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何冊かコロナ関連の本を読んだが、一番ワクチン反対本。言いたいはわかるが、やっぱり根拠が腹落ちしない。本当に著者の言う通りなら、ワクチン開発企業や国のトップ... もっと読む

ねこバカ いぬバカ

121
3.41
養老孟司 2015年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

養老先生のファンであり、近藤医師を支持している私としては、期待が大きかったのか、とてもつまらなかった。何よりも、ふたりとも、犬猫の飼い方を知らなすぎる。昔... もっと読む

「がんもどき」で早死にする人、「本物のがん」で長生きする人

118
3.68
近藤誠 2013年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

批判もされていますが、私は何となく同意してしまいました。 私の母はスキルス胃癌で、癌が見つかってから2年で亡くなってしまいました。 手術で胃全摘術、抗がん... もっと読む

患者よ、がんと闘うな (文春文庫)

115
3.86
近藤誠 2000年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶん前に読んだ本でしたが、私の病気(がん)に対する見方が大きく変わった1冊です。 内容には賛否両論ありますが、乱暴に言えば、がんを摘出して長く不自由... もっと読む

私は臓器を提供しない (新書y)

110
3.44

感想・レビュー

近藤誠、阿部知子、近藤孝、吉本隆明、小浜逸郎、宮崎哲弥、山折哲雄、平澤正夫、中野翠、橋本克彦の10人による、脳死移植反対の意見をまとめた本です。 ド... もっと読む

近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか? (光文社新書)

93
3.74
近藤誠 2014年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤さんによれば、がんには本物のがんと「がんもどき」があり、本物のがんは見つかった段階で他に転移しているから手術してもむだ。がんもどきも切る必要がないから... もっと読む

抗がん剤は効かない

91
3.55
近藤誠 2011年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログ上で検討しました。 http://georgebest1969.typepad.jp/blog/2012/04/%E6%8A%97%E3%81... もっと読む

やってはいけない健康診断 早期発見・早期治療の「罠」 (SB新書)

84
3.68
近藤誠 2018年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ありのまま受け入れましょう。 くよくよ考えずに明るく過ごしましょう。 ということかな、と理解しました。 本書で何度か触れている事項なのですが、「ちょっ... もっと読む

成人病の真実 (文春文庫)

77
3.50
近藤誠 2004年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在の医療のあり方を構造的な商業主義に陥っているとデータを示しながら、説明している。私たちは医師の言うことには信頼をよせてからだを預けている。 自分の命は... もっと読む

患者よ、がんと闘うな

70
3.19
近藤誠 1996年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤先生も何かを覚悟して書かれているのだなあと。 2016.8.2. もっと読む

がん治療の95%は間違い (幻冬舎新書)

69
3.39
近藤誠 2015年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『どうせ死ぬなら「がん」がいい』を3年前に読んで、「近藤先生についていこう」と思いました。 しかし今年の春、川島なお美さんのガン闘病記である『カーテンコ... もっと読む

野垂れ死にの覚悟

65
3.27
曽野綾子 2014年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年7月9日に紹介されました! もっと読む
全229アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×