近藤雄生のおすすめランキング

プロフィール

1976年東京生まれ。東京大学大学院修了。オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸、アフリカなどへ妻と旅をしながらライター活動を行う。京都在住。著書に「旅に出よう」がある。

「2017年 『遊牧夫婦 はじまりの日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤雄生のおすすめランキングのアイテム一覧

近藤雄生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『遊牧夫婦』や『旅に出よう――世界にはいろんな生き方があふれてる (岩波ジュニア新書)』や『吃音: 伝えられないもどかしさ』など近藤雄生の全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

遊牧夫婦

252
3.43
近藤雄生 2010年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚後すぐ、定住→移動を繰り返す世界一周の旅に出た筆者と妻のモトコさんの旅行記。旅の資金は「ぼく」250万、モトコ450万。 まずオーストラリアのバンバ... もっと読む

旅に出よう――世界にはいろんな生き方があふれてる (岩波ジュニア新書)

196
3.93
近藤雄生 2010年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近の若者たちは 海外に行くということが あまりなくなってきているという。 インターネットで ある程度の情報がわかり ヴァーチャルな旅行で 満足して... もっと読む

吃音: 伝えられないもどかしさ

139
4.08
近藤雄生 2019年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自身も吃音である筆者による吃音者の内面に迫る本。吃音を苦に命を絶つケースも多いそうで、かなり胸が痛む記載もありますが、周囲に吃音者がいる方は一読してみると... もっと読む

中国でお尻を手術。 (遊牧夫婦、アジアを行く)

88
3.61
近藤雄生 2011年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「遊牧夫婦」シリーズ二作目。一作目より面白かったように思う。ずっと悩んできた吃音のこと、ライターとしての将来への不安など、著者の思いが率直に綴られていて、... もっと読む

オオカミと野生のイヌ

74
4.30
近藤雄生 2018年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イヌ科の動物だちが美しい写真と共に、一種ずつ紹介されていく。 使われている写真がとにかく良く、生態や特徴、食性などなど添えられる文章も簡素ながらわかりや... もっと読む

終わりなき旅の終わり さらば、遊牧夫婦

60
3.73
近藤雄生 2013年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミシマガも読んでたけど、また読みたくなって借りてみた。 近藤さんの文章はとにかく読み易くてすぐ読み終わる。 やっぱ読んでると旅に出たくなる。 ... もっと読む

遊牧夫婦 はじまりの日々 (角川文庫)

25
3.50
近藤雄生 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新婚夫婦が世界を旅する。 恐らく様々な出会いや出来事がある中からテーマが切り出され、格好をつけすぎない抑制された文体で描かれる。 夫婦の思い出の地であるオ... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする