逢坂剛のおすすめランキング

逢坂剛のおすすめランキングのアイテム一覧

逢坂剛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『暗い国境線 下 (講談社文庫)』や『配達される女 (2) 御茶ノ水警察シリーズ』や『山本博文教授の江戸学講座 (PHP文庫)』など逢坂剛の全419作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

配達される女 (2) 御茶ノ水警察シリーズ

47
3.06
逢坂剛 2000年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同級生刑事コンビの続編。滑り具合は同じだった。 もっと読む

山本博文教授の江戸学講座 (PHP文庫)

47
3.23
山本博文 2007年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山本先生と作家による江戸時代の諸事情を対談形式で説明する形をとっている。 作家が自分の作品で情景描写する上で、少し実際のところどうなっているのか気になっ... もっと読む

鎖された海峡 (講談社文庫)

46
3.46
逢坂剛 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画のような展開にますます目が離せない!映像化されませんかね… もっと読む

恩はあだで返せ (3) 御茶ノ水警察シリーズ

43
3.06
逢坂剛 2004年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ3作目。立て続けに読んだが、何とも言えないドタバタさが面白い。殺人とかテロとかの事件ではなく、生活に根づいている犯罪に目を向けているところに現実感... もっと読む

暗殺者の森(上) (講談社文庫)

43
3.88
逢坂剛 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何が主題なのか?さっぱりわからない作品。 早く読み終えたくてサクサク読み進めたが、ほんとにつまらなかった。 MI6のヴァジニアと北都昭平の恋路なんか全然要... もっと読む

裏切りの日日(百舌シリーズ) (集英社文庫)

43
3.37
逢坂剛 電子書籍 1986年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百舌シリーズ第一段。 ドラマが面白かったということで、読み始め。 百舌は出てこないが、、、 ビル占拠事件と、暗殺事件の同時発生。果たして... もっと読む

闇の平蔵

43
3.50
逢坂剛 2016年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。長谷川平蔵シリーズ短編6作品が収められているが、どれも名作といえる。 絶妙な展開に驚かされる。いい歴史小説だと思う。 もっと読む

蘇える鬼平犯科帳―池波正太郎と七人の作家

43
3.71
池波正太郎 2017年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近所の図書館にて、毎年企画されている本の福袋「時代小説の読み比べ」に入っていました。 時代小説は好きですが、専ら女流作家さんのもの、市井に暮らす人々を描い... もっと読む

牙をむく都会

41
3.08
逢坂剛 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エヴァバルトークってどんな女優さん?って調べてしまいました。 きっと逢坂さんの好みなんだろな… 映画いっぱい出てくるのでその興味もわきます。 もっと読む

暗殺者の森(下) (講談社文庫)

41
4.29
逢坂剛 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いよいよ終戦に近づき、続きが気になってたまりません。本当に、いっそ大河ドラマにでもして頂きたいスケールの大きさです。 もっと読む

墓石の伝説 (講談社文庫)

40
3.17
逢坂剛 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人が西部劇を撮るという超マニアックな内容の小説。大御所の逢坂氏だから出版できた小説と言えよう。無名の新人なら出版社が出版を断っていたはずだ。読者も往年... もっと読む

夢現 日本推理作家協会70周年アンソロジー (集英社文庫)

40
3.00
松本清張 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本推理作家協会の歴代会長たちの短編集。 乱歩先生から今野敏さんまで、14人の錚々たる推理作家さんたちが一冊にまとめられている。 名前は知っているけれ... もっと読む

イベリアの雷鳴

39
2.82
逢坂剛 1999年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わってから続編があることを知った。 中々面白かったので続きがあるのが嬉しいやら悲しいやら。 もっと読む

熱き血の誇り

38
3.23
逢坂剛 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

百舌シリーズの逢坂剛著。 題材が、私の前職に大いに関わるため、何か真剣に読んじゃいました。 でも、前職も汚職に関わっているような書き方がちょっと許... もっと読む

情状鑑定人 (集英社文庫)

37
3.50
逢坂剛 1988年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古い感じだった… 母親の世代が若かった頃、日本にエネルギーが満ちてた時代の匂いがする。 嫌いじゃないけど、今はなんだかうらやましい!! ひねりもきいてい... もっと読む

暗い国境線

37
3.25
逢坂剛 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イベリアシリーズ第4弾。 1940~1945までの各年で第二次世界大戦に影響を与えたと思われる象徴的な事件を中心に一年を一冊にまとめるので6部作にな... もっと読む

鬼平が「うまい」と言った江戸の味 (PHP文庫)

37
3.46
逢坂剛 2003年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、お腹が空きますw 鬼平に登場する料理がたくさん紹介されているのでまさにファン"垂涎"の一冊です! さすがに家庭料理としては材料の入手が困難なもの... もっと読む
全419アイテム中 101 - 120件を表示

逢坂剛に関連する談話室の質問

ツイートする