逢坂剛のおすすめランキング

逢坂剛のおすすめランキングのアイテム一覧

逢坂剛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『猿曳遁兵衛 重蔵始末(三)』や『嫁盗み―重蔵始末〈4〉長崎篇 (重蔵始末 (4 長崎篇))』や『伴天連の呪い』など逢坂剛の全419作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

猿曳遁兵衛 重蔵始末(三)

19
3.29
逢坂剛 2004年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(収録作品)突っ転がし/鶴殺し/猿曳遁兵衛/盤石の無念/簪 もっと読む

伴天連の呪い

19
2.86
逢坂剛 2008年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道連れ彦輔シリーズ第2弾。お馴染みメンバーが勢ぞろい。このシリーズは何処かのんびりしていて楽しい。第一作の内容も絡んでくるので短編だけれども続きで見ないと... もっと読む

アリゾナ無宿

19
3.50
逢坂剛 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月27日 ~ 7月28 日 西部劇狂の著者の初西部劇小説ということで、「北辰残党伝」(佐々木譲 著)のようなハードボイルドな話と思っていたので、賞金稼... もっと読む

小説家・逢坂 剛

19
3.14
逢坂剛 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はるか昔、著者の作品の数々を、 集中的に読んだ日々があった。 まだサラリーマン兼業でいらっしゃった頃のこと。 今現在、個人的に作風への好みは、 か... もっと読む

宝を探す女 (角川文庫)

19
2.67
逢坂剛 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり読んだことがあるようだけど、あまり覚えていない。どうでもいい内容? もっと読む

道連れ彦輔

18
3.29
逢坂剛 2006年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

逢坂の時代小説はつまらないのかと思ったら、これは面白かった。 主人公が怠け者で適当で、更に剣は強くも弱くもない。負けそうな相手には口でなんとか勝負に... もっと読む

幻のマドリード通信

18
3.20
逢坂剛 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

逢坂剛著。 ひねったトリックが面白いです。 もっと読む

熱き血の誇り(下) (角川文庫)

18
3.67
逢坂剛 2018年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

逢坂剛の真骨頂。スペイン&ギター&サスペンス。そこに製薬会社と宗教法人がからんでくるとなんだか内容が発散しそうだ。 個人的にはギターとスペインについては... もっと読む

逆襲の地平線

16
3.57
逢坂剛 2005年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想未記入 もっと読む

伴天連の呪い (文春文庫)

16
2.80
逢坂剛 2011年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも逢阪剛の時代小説だが既読本を再購入したもの。「道連れ彦輔」と題名にあるが第一巻では道連れ道中の話しが殆どなかった記憶があるがこちらは何度か目黒や高井... もっと読む

カディスの赤い星〈上〉 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)

15
4.00
逢坂剛 2002年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酢豚のパイナップルがおいしいと感じる年頃です。 (以下抜粋) ○大衆は常に潜在意識の中で堕落したがっており、  テレビはそれを画面で代行すること... もっと読む

わが名はタフガイ ハードボイルド傑作選 (光文社文庫)

15
3.00
北方謙三 2006年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2006年5月20日、初、並、帯無 2016年5月3日、伊勢BF もっと読む

鬼平が「うまい」と言った江戸の味

15
3.40
逢坂剛 1999年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

001.初、並、カバスレ、帯なし 2011.8/19.白子BF もっと読む

十字路に立つ女 (角川文庫)

15
3.40
逢坂剛 2017年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神保町に事務所を構える、現代調査研究所の岡坂神策。彼が親しくする古本屋店主の娘、みずえは慢性の腎不全を患っており、人工透析に通っていた。移植を待ち望む彼女... もっと読む

十字路に立つ女

14
3.29
逢坂剛 1989年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡坂神策シリーズ 第二弾 テンポよくストーリーが展開していくし、おもしろくてさくさく読んでしまった。 短編集よりも長編モノのほうがやっぱり好きだなー。 ... もっと読む
全419アイテム中 161 - 180件を表示

逢坂剛に関連する談話室の質問

ツイートする