週刊朝日編集部のおすすめランキング

週刊朝日編集部のおすすめランキングのアイテム一覧

週刊朝日編集部のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『忘れられない一冊 (朝日文庫)』や『司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)』や『司馬遼太郎と『坂の上の雲』 上 (朝日文庫)』など週刊朝日編集部の全156作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

忘れられない一冊 (朝日文庫)

127
3.25
週刊朝日編集部 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シンプルでいて なんて素敵な、 そして本好きの心をくすぐるタイトルなんやろ(笑) 本が好きであれば どんなに沢山の本を読もうとも 決して... もっと読む

司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)

79
3.43
週刊朝日編集部 2012年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1962年6月「竜馬がゆく」の連載スタート、そして11月には「燃えよ剣」の連載が始まる。 この1962年 昭和37年はあの司馬幕末ワールドの始まりの年で... もっと読む

司馬遼太郎の戦国Ⅰ 信長と秀吉、三成 (朝日文庫)

53
3.69
週刊朝日編集部 2012年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司馬遼太郎の描いた人物を街道担当記者がたどる。暇つぶしに最適。 もっと読む

司馬遼太郎と『坂の上の雲』 下 (朝日文庫)

41
3.75
週刊朝日編集部 2015年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「坂の上の雲」が大好きなので、それを補完する形のこの本も楽しく読めました。小説という形を取らずエピソードをつづる形が、より歴史のリアルを感じさせてくれたよ... もっと読む

司馬遼太郎の幕末維新Ⅱ: 『世に棲む日日』『峠』『花神』の世界 (朝日文庫)

37
3.43
週刊朝日編集部 2012年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「世に棲む日日」の吉田松陰と高杉晋作、「花神」の大村益次郎、この3人の長州人は新しい時代を前に早すぎる最期を迎える。 「峠」の河合継之助は時代の先先を読... もっと読む

司馬遼太郎からの手紙 上 (朝日文庫)

27
3.60
週刊朝日編集部 2004年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主に街道をゆくシリーズで知り合った人々への書簡が取り上げられている。 ニューヨーク散歩での平川一家、とくに茉莉子さんとの書簡のやり取りがよかった。 ... もっと読む

司馬遼太郎の街道 II 京都・奈良編 (朝日文庫)

25
3.25
週刊朝日編集部 2020年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「司馬遼太郎の街道 Ⅰ」に2冊まとめて書きましたので、詳細はそちらをご覧下さい。 もっと読む

司馬遼太郎の街道 Ⅰ 東京編 (朝日文庫)

25
2.67
週刊朝日編集部 2020年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「どじょう商法」という言葉があるらしいが、Googleで検索したが出て来ない。 所謂、新規の商売ではなく「柳の下の二匹目のどじょう」を狙った商売である。... もっと読む

司馬遼太郎の幕末維新Ⅲ  『翔ぶが如く』『最後の将軍』の世界 (朝日文庫)

23
3.50
週刊朝日編集部 2012年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「翔ぶが如く」では幕末から明治維新をとおして伴に生きた西郷隆盛と大久保利通、最後は対立した二人でしたが、お互いに二人には二人にしか分からないこの国の姿があ... もっと読む

司馬遼太郎からの手紙 下 (朝日文庫)

22
3.40
週刊朝日編集部 2004年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主に「街道をゆくシリーズ」で係わった人々との手紙が紹介されている。 人生の先輩に対する尊敬の念を込めた手紙。 人生の後輩に対する優しさを込めた... もっと読む

司馬遼太郎の戦国Ⅱ  『梟の城』『功名が辻』の世界 (朝日文庫)

21
3.29
週刊朝日編集部 2012年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

忍者・葛籠重蔵、伊達政宗、北条早雲皆それぞれの時代において、興味深い人間。特に直木賞受賞作品の「梟の城」の葛籠重蔵の生きざまは、池波正太郎が描く忍者と通じ... もっと読む

司馬遼太郎の描く異才 I: 空海、義経、武蔵、家康 (朝日文庫)

16
3.67
週刊朝日編集部 2014年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

空海、義経、武蔵、家康。司馬遼太郎さんの担当記者だった人たちからみた、これらの異才な人たちと司馬遼太郎さんについての話。 共通していることは、この4人はす... もっと読む

完全復刻アサヒグラフ 東京オリンピック

12
週刊朝日編集部 2013年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1964年オリンピック当時の写真を鮮明に残した一冊。選手の汗と表情から、オリンピックに望む意気込みや努力を感じる。 もっと読む
全156アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×