遠藤正敬のおすすめランキング

プロフィール

遠藤 正敬(えんどう・まさたか) 1972年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員。現在、早稲田大学、宇都宮大学、東邦大学、大阪国際大学等で非常勤講師。専攻は政治学、日本政治史、東アジア国際関係史。著書に『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍-満洲、朝鮮、台湾』(明石書店、2010)、『戸籍と国籍の近現代史-民族・血統・日本人』(明石書店、2013)、『岩波講座日本歴史第20巻 地域論』(共著、岩波書店、2014)など。

「2017年 『戸籍と無戸籍 「日本人」の輪郭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤正敬のおすすめランキングのアイテム一覧

遠藤正敬のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戸籍と無戸籍――「日本人」の輪郭』や『戸籍と国籍の近現代史――民族・血統・日本人』や『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍―満洲・朝鮮・台湾―』など遠藤正敬の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戸籍と無戸籍――「日本人」の輪郭

54
4.00
遠藤正敬 2017年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代においてもさまざまな理由で無戸籍者が発生している。そして、戸籍がないことの不利益は意外に少ない。 そもそもその存在目的が怪しげで、本籍地から転居してか... もっと読む

戸籍と国籍の近現代史――民族・血統・日本人

26
4.50
遠藤正敬 2013年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【内容紹介】  日本国家は歴史的に「国籍」のみならず「民族」「血統」といった概念を、戸籍という装置を用いて操作してきた。戸籍は近代日本においていかにして... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする