適菜収のおすすめランキング

プロフィール

適菜 収(てきな・おさむ)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチ・ク
リスト』を
現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告
日本を滅ぼす「B層」の正体』、
『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、
『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC 層の研究』、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、
『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、『死ぬ前に後悔しない
読書術』、
『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』(KKベストセラーズ)など著書多数。


「2017年 『安倍政権とは何だったのか 時代への警告』 で使われていた紹介文から引用しています。」

適菜収のおすすめランキングのアイテム一覧

適菜収のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本をダメにしたB層の研究』や『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体 (講談社+α新書)』や『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社+α新書)』など適菜収の全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本をダメにしたB層の研究

532
2.87
適菜収 2012年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかつまらない本だった。読み切らなければいけないと思い読んでしまったが、その間他の本を読み進めれば良かったと後悔。次からの教訓としておこう。 もっと読む

ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体 (講談社+α新書)

336
3.38
適菜収 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・勝間 ズルい仕事術 P82 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みた... もっと読む

ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社+α新書)

268
3.10
適菜収 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 若手哲学者が、自らの専門であるニーチェの哲学を援用し、現在の日本社会に警鐘を鳴らす評論風エッセイ。評論というほどきっちりした内容ではない。  副題... もっと読む

日本を救うC層の研究

179
3.29
適菜収 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう考え方もあるのねという感じ.古典を読もうという考え方は賛同.良書を読むための条件は悪書を読まない事.情報過多の時代,最先端の情報には多くのごみが混... もっと読む

いたこニーチェ

151
3.47
適菜収 2009年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年10月15日読了。 もっと読む

バカを治す (フォレスト2545新書)

145
3.32
適菜収 2012年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が感覚的に思っていることを文章にしてくれている人がいて、とても嬉しくなりました。薄くて人を小バカにしているような書き方をしていますが、私にとっては本当... もっと読む

いたこニーチェ (朝日文庫)

138
3.37
適菜収 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誤解されがちな、ニーチェの思想が少しわかったような気にさせられる。 もっと読む

ゲーテに学ぶ 賢者の知恵

137
3.37
適菜収 2010年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲーテの言葉を掲げてちょっと解説。という感じ。読みやすく、今に即した適度なガイドがあるので言葉の意味を考えやすくもある。いいことが分かり易く沢山書いてある... もっと読む

ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒 (講談社+α新書)

127
3.64
適菜収 2015年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保守とは何か。 僕は、いわゆる保守派とされる層とは折り合いが良くない。であるならすなわち革新であるのか。 しかしそうとも言えない。 本書でいう保守は... もっと読む

死ぬ前に後悔しない読書術

126
3.22
適菜収 2016年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"著者の文体は好みでは無いが共感できる点は多々あった。 ゲーテとの対話 世界文学全集 三島由紀夫 はいずれ読みたいと思った。" もっと読む

新編 はじめてのニーチェ (講談社+α新書)

125
3.59
適菜収 2012年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落ちていたのを拾って読み始めました。 まあそういうことです。 もっと読む

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 (文春新書)

115
3.52
中野剛志 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

日本をダメにしたB層の研究 (講談社+α文庫)

106
2.75
適菜収 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遅くなってしまいましたが献本いただきレビューです。 この本を辛口でおもしろいなーで終わるとTVの代わりに暇をつぶしているだけになる。 「大衆」を相... もっと読む

はじめてのニーチェ (1時間で読める超入門シリーズ)

101
3.74
適菜収 2010年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニーチェ、これ以上やさしく解説できません、なバイエルブック。ニーチェになんとなく興味を持った人、手っ取り早く理解したい人、読もうとしたけど挫折してしまった... もっと読む

愚民文明の暴走

96
2.90
呉智英 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

箸の持ち方――人間の価値はどこで決まるのか? (フォレスト2545新書)

64
2.57
適菜収 2014年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思想も表現も個人の自由だけど、伝えたいのであれば伝わる方法を取らないと、では。 言いたいことは分かるよ、僕としても「そういうこと」すら疎かにする人間にあ... もっと読む

安倍でもわかる政治思想入門

58
3.77
適菜収 2016年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

権力は分散させなければならない。一院制を唱えるような人間は、文明社会の成員の資格を欠いている。 もっと読む

デモクラシーの毒

51
3.67
藤井聡 2015年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民度が低い大衆は、考えることを放棄した野獣。大衆は議会を軽視する。ネットは典型的な大衆社会(集合痴)。戦争を煽るのも大衆。大衆は異常を見て見ぬふりをする。... もっと読む

ブラック・デモクラシー 民主主義の罠 (犀の教室)

51
3.44
藤井聡 2015年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪維新の会に政治プロパガンダに対抗した側からのデモクラシー論 もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする