邊英浩のおすすめランキング

プロフィール

職位・専攻分野:都留文科大学文学部比較文化学科教授、朝鮮・韓国思想史、東アジア比較思想史
主要業績
・『朝鮮儒教の特質と現代韓国――李退溪・李栗谷から朴正煕まで』クレイン、2010年。
・笹川紀勝・邊英浩監修『国際共同研究 韓国強制併合一〇〇年 歴史と課題』(都時煥編、明石書店、2013年)担当「Ⅳ 歴史認識と残された課題 第1章「韓国強制併合100年と在日韓国人」
・荒木勝監修、邊英浩編集『東アジアの共通善――和・通・仁の現代的再創造をめざして』(岡山大学出版会、2017年)担当「編者序文」「第3章 東アジアの共通善と社会」「あとがき」
・共著「現代韓国政治における伝統の記憶――士(ソンビ)社会の形成と公共善」『せめぎあう記憶』都留文科大学比較文化学科編、2013年、柏書房
・「韓国の儒者的ソンビ――李退溪・李栗谷・丁茶山を中心に」『都留文科大学研究紀要 第86集』2017年10月
・「天道教の近代化運動――孫秉煕を中心に」『〈霊性〉と〈平和〉』第三号、2018年3月東アジア〈霊性〉・〈平和〉研究会発行

「2021年 『国際共同研究 三・一独立万歳運動と植民地支配体制』 で使われていた紹介文から引用しています。」

邊英浩のおすすめランキングのアイテム一覧

邊英浩のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『朝鮮儒教の特質と現代韓国』や『国際共同研究 三・一独立万歳運動と植民地支配体制——国民意識の誕生』や『朝鮮儒教の特質と現代韓国: 李退溪・李栗谷から朴正熙まで』など邊英浩の全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする
×