郝景芳のおすすめランキング

プロフィール

1984年、中国・天津生まれ。2006年に清華大学物理学科を卒業後、同大天体物理センターを経て同大経営学部で経済学の博士号を取得。高校在学中の2002年に30歳以下を対象とした「新概念作文大賽」で一等賞を受賞し頭角を現す。2006年からSF作品の執筆を始める。2007年、「祖母家的夏天(おばあちゃんの家の夏)」が銀河賞の読者ノミネート賞を受賞。社会科学に関心を抱きはじめ、博士課程は清華大学経済管理学院に学び、2013年に国際貿易研究で博士号を取得した。長篇小説『流浪蒼穹(蒼穹の流浪)』(2016年)、短篇集『去遠方(遠くへ行くんだ)』、本書『孤獨深處(孤独の底で)』(2016年)のほか、紀行エッセイ『時光裡的欧洲(時間の中のヨーロッパ)』(2012年)が単行本として刊行されている。
2014年に発表した本書収録作「北京 折りたたみの都市」は中国系アメリカ人作家のケン・リュウによって2015年に英訳され、2016年、ヒューゴー賞(中篇小説部門)を受賞した。

「2019年 『郝景芳短篇集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郝景芳のおすすめランキングのアイテム一覧

郝景芳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)』や『郝景芳短篇集 (エクス・リブリス)』や『孤独深处 (收录雨果奖获奖作品《 北京折叠 》) (更多中文好书,请在amazon搜索输入"风入松书屋")』など郝景芳の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

373
4.09
郝景芳 2018年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代中国SFのよりぬきアンソロジー。本全体から受けた印象は、とにかく人が多く、資源の配分が偏っていて、もらえない人が辛く、将来が見えないということ。急速に... もっと読む

郝景芳短篇集 (エクス・リブリス)

106
3.75
郝景芳 2019年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「北京 折りたたみの都市」 格差のあるディストピア都市がややレトロ趣味のメカニカルなイメージと温かみのあるストーリーで描かれているところが特徴。 「弦の... もっと読む

人之彼岸

1
出版社: 中信出版社 出版年: 2017-11 页数: 342 ISBN: 9787508661506 もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする