郷原信郎の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

郷原 信郎(ゴウハラ ノブオ)
郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表
1977年東京大学理学部卒業。83年検事任官、公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地検検事、広島地検特別刑事部長、法務省法務総合研究所研究官、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官兼教官などを経て、05年桐蔭横浜大学法科大学院教授、06年弁護士登録、08年郷原総合法律事務所(現・郷原総合コンプライアンス法律事務所)開設。09年名城大学教授。2012年関西大学特任教授。
『青年市長は司法の闇と闘った』(KADOKAWA、2017年)、『告発の正義』(ちくま新書、2015年)、『検察崩壊~失われた正義』(毎日新聞社、2012年)、『第三者委員会は企業を変えられるか~九州電力「やらせメール」問題の深層』(毎日新聞社、2012年)、『組織の思考が止まるとき~「法令遵守」から「ルールの創造」へ』(毎日新聞社、2011年)、『特捜検察の終焉』(飛鳥新社、2010年)、『検察が危ない』(ベスト新書、2010年)ほか著書多数。

「2019年 『初級 ビジネスコンプライアンス 第2版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郷原信郎の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

郷原信郎の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)』や『思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)』や『検察の正義 (ちくま新書)』など郷原信郎の全65作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)

436
3.55
郷原信郎 2009年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「はじめに」を読んで、法令遵守の何がいけないのかと思ったが、読み進めていくうちに著者の考えが理解できた。マスゴミの曲解による煽情的な報道、それに迎合する検... もっと読む

検察の正義 (ちくま新書)

197
3.48
郷原信郎 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大型戦艦型の正義を振りかざす検察はすでに時代に対応出来ていない、という郷原元検事の意見 もっと読む

検察が危ない (ベスト新書)

144
3.63
郷原信郎 2010年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

郷原氏が公平な目で今現在の検察の疲弊を訴えている。 過去の失策なども含め、今現在進行中の小沢氏関連の捜査のごり押し無理を細かく精査して、その問題点も含め... もっと読む

組織の思考が止まるとき ‐「法令遵守」から「ルールの創造」へ

144
3.71
郷原信郎 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンプライアンスは、法令遵守ではなく、社会からの期待、要請に答えることである。 不祥事が起きたときには、もぐら叩きのように、当事者のみを罰したり、表面的な... もっと読む

検察崩壊 失われた正義

136
3.93
郷原信郎 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特捜検察の手法は、鈴木宗男さんや佐藤優さんの逮捕・判決のプロセスを他の本で知り得ていたが、一度決めた筋を徹底して多少の無理があっても作り込む様は、今回のイ... もっと読む

特捜神話の終焉

113
3.52
郷原信郎 2010年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地検特捜部の劣化を元特捜検事、被告・元被告との対談で浮き彫りにし今後の方向性を示す。マスコミが触れない国民が知るべきことが書かれている。組織構造、役割は時... もっと読む

リアルタイムメディアが動かす社会: 市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平

110
4.04
八木啓代 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リアルタイムメディア(SNS)に興味があって、やっと初めてヒットした本。 この本は明治大学での講義を元にした本で、八人の著名な方が様々な方向からリアルタイ... もっと読む

銀行問題の核心 (講談社現代新書)

59
2.75
江上剛 2014年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江上剛×郷原信郎(弁護士)の対談集。みずほ銀行の反社融資の話と、東日本震災保証融資詐欺事件の話を中心に、今の銀行とか、あと検察(特捜)の問題点について。こ... もっと読む

青年市長は“司法の闇”と闘った 美濃加茂市長事件における驚愕の展開

44
3.56
郷原信郎 2017年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【「警察」と「検察」という権力機関が、市民によって選ばれ、市政を担う市長を、その職から引きずりおろそうとしたのが今回の事件であった。そのような権力に、美濃... もっと読む

虚構の法治国家

37
3.18
郷原信郎 2015年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

検察と裁判所という司法権力機構の内部組織に属する人たちが、外部から遮断された状態の中で、お互いの保有する国家権力をもたれ合いながら唯々諾々と人の命をもて遊... もっと読む

企業はなぜ危機対応に失敗するのか―相次ぐ「巨大不祥事」の核心

36
3.92
郷原信郎 2013年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォーメーションでの危機対応など分かりやすい。 もっと読む

告発の正義 (ちくま新書)

35
4.00
郷原信郎 2015年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年の検察審査会法改正により、起訴議決制度が導入され、検察官の不起訴処分に対して、検審が二度にわたって起訴すべきと議決を行った場合には、裁判所が指定... もっと読む

第三者委員会は企業を変えられるか -九州電力「やらせメール」問題の深層-

24
3.29
郷原信郎 2012年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

九州電力「やらせメール」問題の深層という副題が示すとおり、九州電力の玄海原子力発電所の運転再開をめぐるメール問題などを調査した第三者委員会委員長が書き綴っ... もっと読む

組織の思考が止まるとき 「法令遵守」から「ルールの創造」へ

24
3.14
郷原信郎 電子書籍 2013年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルのとおり。本質を追って、ルールを変える。その他、リスク管理等。 もっと読む

コンプライアンス革命―コンプライアンス=法令遵守が招いた企業の危機

23
3.25
郷原信郎 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンプライアンス=法令遵守 と訳されるが、それだけでは不祥事がなくなりはしないことを論理的に、かつ具体的に検討している。 具体的には、自動車メーカー... もっと読む

検察崩壊 失われた正義

23
3.80
郷原信郎 電子書籍 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ人生経験がそれ程でもない人が、人間の運命を決めて行くわけですね 新しい分野を担当することになってから、3ヶ月が経ちました。事務作業はこなれてきま... もっと読む

初級ビジネスコンプライアンス―「社会的要請への適応」から事例理解まで

19
2.83
郷原信郎 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンプライアンスとは何か。考え方・捕らえ方・法律面からの解説と事例を基に理解しやすく提示している。 ビジネスコンプライアンス検定の教科書。 もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする