郷原宏のおすすめランキング

プロフィール

詩人・文芸評論家
1942年、島根県出雲市生まれ。早稲田大学政治経済学部新聞学科卒。元読売新聞記者。詩誌『長帽子』同人。74年、詩集『カナンまで』でH氏賞受賞。83年、評論『詩人の妻――高村智恵子ノート』でサントリー学芸賞受賞。2006年『松本清張事典決定版』で日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。その他の著書に『歌と禁欲』『立原道造』『詩のある風景』『清張とその時代』『物語日本推理小説史』『日本推理小説論争史』『乱歩と清張』『胡堂と啄木』など多数

「2019年 『岸辺のない海 石原吉郎ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郷原宏のおすすめランキングのアイテム一覧

郷原宏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『シティ・オヴ・グラス (角川文庫)』や『このミステリーを読め!日本篇―面白本だけ読みたいアナタに、極めつきの100冊! (王様文庫)』や『シティ・オヴ・グラス』など郷原宏の全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

シティ・オヴ・グラス (角川文庫)

553
3.47

感想・レビュー

主人公であるクインは自分を自分以外のものになぞられる(なぞれえられていく)。小説の作者、、小説の主人公、Pオースター、ヘンリーダーク、ピーター、ピーターの... もっと読む

このミステリーを読め!日本篇―面白本だけ読みたいアナタに、極めつきの100冊! (王様文庫)

52
3.00

感想・レビュー

読書の素人に向けて書いたミステリ入門のためのガイドブックの体裁をとっているため、原尞氏、麻耶雄嵩氏といったディープな作家から内田康夫氏、西村京太郎氏といっ... もっと読む

シティ・オヴ・グラス

34
3.53

感想・レビュー

ニューヨーク、アメリカなどを舞台とした作品です。 もっと読む

日本推理小説論争史

27
3.00
郷原宏 2013年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論争史を比較的新しい平成時代から明治時代までに遡って行く構成で、論争の変遷がよくわかる。広義の文学としてとらえた場合のエンターテイメントとアカディズム、狭... もっと読む

物語日本推理小説史

24
3.67
郷原宏 2010年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の推理小説史に興味があるので、非常に分かりやすく面白かったです もっと読む

珍獣遊園地 (角川文庫)

21
2.50

感想・レビュー

「11月に去りし者」の解説にカール・ハイアセンの名前が出てきて、思い立って過去の作品を読んでみようと8冊入手して切り崩すように読んでいる1冊目 1991年... もっと読む

胡堂と啄木

17
4.00
郷原宏 2019年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 啄木の借金癖には呆れた。 野村胡堂が銭形平次を書いたのか50歳少し前だったのは意外。 もっと読む

このミステリーを読め!海外篇―海外ミステリー史上、最高の100冊! (王様文庫)

16
3.25

感想・レビュー

押並べてガイドブックたるものは如何に読者に紹介した作品に読む意欲を起こさせるかにかかっていると思う。つまりそれだけ選者の選択眼、文章力というのが問われるの... もっと読む

わが愛の譜(うた)―滝廉太郎物語 (新潮文庫)

14
3.83
郷原宏 1993年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夭折の天才音楽家、滝廉太郎の評伝小説であります。17年も前に出てゐたのですね。 当時は映画にもなつたやうで、カバー表紙も映画に出演した俳優の写真が使はれ... もっと読む

名探偵事典〈日本編〉

13
2.75

感想・レビュー

新たな出会いを求めて読んでみた。 定番どころはきちんと抑えられていたと思う。 ただ作者さんと私の趣味が合わないかった。残念。 もっと読む

ふと口ずさみたくなる日本の名詩

13
3.40

感想・レビュー

暫し離れてたかもしれない、常、纏ってたかもしれない。 時間は、少しだけ、必要だった。 ゆらりゆらり潜れば、引き潮の呼吸のテンポ、蒼のもっと向こう側の蒼... もっと読む

「赤川次郎」公式ガイドブック―赤川ワールドのすべて (王様文庫)

12
4.25

感想・レビュー

イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/6497716.html) もっと読む

清張とその時代

10
3.00
郷原宏 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清張研究の第一人者による、初の本格評伝。文学に挑み続けた作家の正体が今、明らかになる。 作家になるまでの助走期間が詳しく描かれており、興味深い。それに比べ... もっと読む

名探偵事典 海外編

9
4.00
郷原宏 1997年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新たな出会いを求めて読んでみた。 日本編と同じく定番はおさえられていたと思う。 各探偵が解決した事件を発生順に並べて紹介してるのは、読んでいて面白かった。... もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする