都筑道夫のおすすめランキング

プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都筑道夫のおすすめランキングのアイテム一覧

都筑道夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『怪奇小説という題名の怪奇小説 (集英社文庫)』や『退職刑事 (1) (創元推理文庫)』や『古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)』など都筑道夫の全560作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

怪奇小説という題名の怪奇小説 (集英社文庫)

345
3.27
都筑道夫 2011年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めましての作家さんだったらしい。 読んだつもりになってました。 知らないうちに怪しくて不気味な世界に迷い込み 先が知りたくて、どんな結末が訪れ... もっと読む

退職刑事 (1) (創元推理文庫)

225
3.35
都筑道夫 2002年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ミステリなふたりアラカルト」の後ろの広告で。 想いがけず、また古い話だった。 というのも「トム・ホーソンの事件簿」を読んだばかりだったので。 家に帰っ... もっと読む

古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)

213
3.24
ミステリー文学資料館 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『展覧会の客』を読んで、そーいえばデパートの古本即売会が消えていることに気が付いた……。 もう新古書店が古書販売の中心になっているのかなぁと読んでいて悲... もっと読む

不思議の国のアリス ミステリー館 (河出文庫)

140
3.25
海渡英祐 2015年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不思議の国のアリス』をテーマにしたミステリー短編のアンソロジー。同じく河出文庫から、1988年に一度刊行されていたらしく、今回は復刊になるようだ。 厳... もっと読む

なめくじに聞いてみろ―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)

139
3.68
都筑道夫 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わざとらしくもユーモア溢れる会話はなかなか粋だが、 プロットが子ども騙し。お粗末。 都築は何冊か読んでるけど、面白いと思ったことは一度もない。 これで打ち... もっと読む

ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)

127
3.64
都筑道夫 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ん~~。奇怪な事件が起こって センセーがとんとん、と 解いて… あんまり 入り込めなかったなぁ~。 もっと読む

黄色い部屋はいかに改装されたか?増補版

114
3.75
都筑道夫 2012年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリー専門家がミステリーを分析、ただし、ネタバレを恐れて中途半端な展開になってしまっているのは、ある意味仕方がないとはいえ残念。 追記:2020年8... もっと読む

退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)

103
3.41

感想・レビュー

退職刑事第二弾。 言語は生き物だとはよく言われるが、「スタイリスト」には驚いた。 自分では使ったことはないが、 その昔、「おしゃれ」に近い意味で使われて... もっと読む

七十五羽の烏 ―都筑道夫コレクション<本格推理篇> (光文社文庫)

99
3.72
都筑道夫 2003年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題の「七十五羽の鳥」は、謎を解くすべてのカギは読者に提供されるという「本格推理」の形を取っている。 物語は物部太郎というものぐさ太郎の祖先だという男が... もっと読む

日本SF全集 1 1957~1971

95
3.48
星新一 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガイドとしてもありがたい1冊。いろんなタイプの話があって楽しめた。今ではなかなか手に入らない作品もけっこうあってちょっと得した気分。個人的には『さまよえる... もっと読む

紙の罠 (ちくま文庫)

86
3.63
都筑道夫 2019年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紙幣づくりに使われる紙が大量に強奪された。 これが意味するものをいち早く察知し動き出した近藤だが、ライバルの土方も同じく動き出していた。 二人はある家... もっと読む

退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)

82
3.42

感想・レビュー

2003年1月17日、初、並、帯無 2016年5月3日、伊勢BF もっと読む

未来警察殺人課[完全版] (創元SF文庫)

82
3.12
都筑道夫 2014年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

創造力豊かな作者がSFという設定が何でもありの舞台を活かすとこうなった!ちょっぴりエッチで面白いです。 もっと読む

猫の舌に釘をうて (光文社文庫)

79
3.50
都筑道夫 2003年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「探偵であり、被害者であり、犯人であり」という試み、回答としては成立してるとは思う。 もっと読む

キリオン・スレイの生活と推理 (角川文庫)

75
3.00

感想・レビュー

図書館で。シンジンソウに出てきた作家さん、知らないなぁと思って借りてみました。最初に出てきた女子大生はレギュラーじゃないんだ。 なんとなくですが、バ... もっと読む

やぶにらみの時計 (中公文庫 A 60)

71
3.31
都筑道夫 1975年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387155981.html) もっと読む

宇宙大密室 (創元SF文庫)

68
3.53
都筑道夫 2011年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 日本SFの黎明期の「SF」とはこういった内容だったのだろうな。  今ではこれらは「SF」の範疇には入らないだろうと思う。  ミステリーあり、ドタ... もっと読む

退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)

64
3.31

感想・レビュー

退職刑事第五弾。 だんだん、ひねり過ぎてというか、 趣が深すぎてちょっとついていけなくなっている気がする。 犯人と目された人物が女に殺されるラストはち... もっと読む

退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)

64
3.21
都筑道夫 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

退職刑事第四弾。 推理作家が第三の登場人物になりつつある。 その推理作家が、本への書き込みを持ち込んで、 友人が殺人を犯したのではないかと心配す... もっと読む
全560アイテム中 1 - 20件を表示

都筑道夫に関連する談話室の質問

ツイートする
×