酒井隆史のおすすめランキング

プロフィール

酒井 隆史(さかい たかし)
大阪府立大学教員。専攻は社会思想史、都市形成史。
著書:『自由論』(青土社,2001年)
   『暴力の哲学』河出文庫,2016年)
   『通天閣―新・日本資本主義発達史』(青土社,2011年)
    マイケル・ハート、アントニオ・ネグリ『〈帝国〉』共訳(以文社、2003年)
    デヴィッド・グレーバー『負債論』監訳(以文社,2016年)など多数。

「2017年 『官僚制のユートピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒井隆史のおすすめランキングのアイテム一覧

酒井隆史のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『否定的なもののもとへの滞留 ちくま学芸文庫』や『暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)』や『通天閣 新・日本資本主義発達史』など酒井隆史の全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

否定的なもののもとへの滞留 ちくま学芸文庫

111
3.80

感想・レビュー

スロヴェニア生れの哲学・精神分析学者であるジジェクは、ナショナリズムの暴走や民族紛争が多発する今日のポストモダン的状況のなか、ラカンの精神分析理論を駆使し... もっと読む

暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

101
3.55
酒井隆史 2004年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだかよくわからない本だった。暴力をどのような枠組みで考えるか具体的な説明を欠いたまま、本書は話を進めていく。そして出てくる結論が「暴力の拒絶は反暴力で... もっと読む

通天閣 新・日本資本主義発達史

97
4.00
酒井隆史 2011年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚い本。物語りのような経済の本。 もっと読む

暴力の哲学 (河出文庫)

82
3.22
酒井隆史 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「暴力はいけない」というだけでは無力であり、暴力に対抗するための「批判」の必要性を説くとともに、現代世界においてさまざまな局面で生じている暴力からの逃走線... もっと読む

自由論―現在性の系譜学

69
3.27
酒井隆史 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自由とは何か? この本を読んでいて、村上春樹氏のエルサレム賞受賞スピーチを思い出した。 もっと読む

社会的なもののために

52
3.57
市野川容孝 2013年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

市野川容孝, 宇城輝人[編] (2013)『社会的なもののために』ナカニシヤ出版   【書誌情報】 出版年月日 2013/01/01 ISBN:... もっと読む

フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

41
3.56
芹沢一也 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さきにフーコーについてよまなあかんかった。 もっと読む

反東京オリンピック宣言

35
4.00
小笠原博毅 2016年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さまざまな論考のオムニバスで、五輪の暗部、問題点が描かれる。五輪が暴力的な再開発の道具になってきたというのが主な主張。いままで観客として熱中してきた五輪だ... もっと読む

現代思想2009年6月号 特集=ミシェル・フーコー

31
3.00

感想・レビュー

・「現代思想2009.6=ミシェル・フーコー」で〈アンチ・シュミットとしてのフーコー〉について対談している箇所を発見。興味深い。「例外状態や決断、奇蹟とい... もっと読む

POSSE vol.15: 橋下改革をジャッジせよ!

24
4.67
NPO法人POSSE 2012年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「橋下徹はグーグルである」という視点は面白い。グーグル相手に論争しても勝てるわけがない。橋下発言をイチイチ追っかけてチェックしているわけではないので、全部... もっと読む

POSSE vol.15: 橋下改革をジャッジせよ!

24
4.67
NPO法人POSSE 2012年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「橋下徹はグーグルである」という視点は面白い。グーグル相手に論争しても勝てるわけがない。橋下発言をイチイチ追っかけてチェックしているわけではないので、全部... もっと読む

非対称化する世界ー『<帝国>』の射程ー

22
3.43
西谷修 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帝国として概念化される世界の統治システムが明らかにアメリカ的なものだとしても、アメリカ国家がそのまま帝国なのではない。 アメリカの2重生は9・11以降、... もっと読む

10+1 No.45 特集=都市の危機/都市の再生 ―アーバニズムは可能か?

18
3.00
北沢猛 2006年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集が都市の危機/都市の再生 アーバニズムは可能か? 都市再生のアクチュアリティ 東大都市工の北沢猛の対談で、当時(2006)柏の葉UDCKが... もっと読む

現代思想 2015年4月臨時増刊号 総特集◎菅原文太 -反骨の肖像-

11
2.00
菅原文太 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。なんか現代思想レベル落ちた?というかはじめから自分が幻想を見ていただけなのだろうか?たまにいい特集があるけど定期購読はやめようかな。 もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする