重信幸彦のおすすめランキング

プロフィール

1959年、東京都生まれ。専攻は民俗学、口承文芸学、近代都市生活文化研究。慶應義塾大学文学部卒業、筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科単位取得退学。著書に『〈お話〉と家庭の近代』(久山社)、『タクシー/モダン東京民俗誌』(日本エディタースクール出版部)、共著に『市民の日本語へ――対話のためのコミュニケーションモデルを作る』(ひつじ書房)、『タクシードライバーの言い分――運転席からの人権宣言』(JICC出版局)、共編著に『民俗表象の現在――博物館型研究統合の視座から』(岩田書院)、『たったひとりのメディアが走った――「タクシージャーナル」三十三年の奮闘記』(現代書館)など。

「2019年 『みんなで戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重信幸彦のおすすめランキングのアイテム一覧

重信幸彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ (ブルンヴァンの「都市伝説」コレクション)』や『みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア』や『消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ』など重信幸彦の全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ (ブルンヴァンの「都市伝説」コレクション)

73
3.62

感想・レビュー

行方不明になるヒッチハイカー、かぎ爪の男に襲われる話など、アメリカに伝わるフォークロアから、アメリカ社会の共同幻想を読み解く。その結論云々よりも、収集され... もっと読む

みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア

57
4.00
重信幸彦 2019年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

庶民がどれほど戦争に入れあげていたか。 [目次] はしがき 序章 美談の読み方--からみつくつながりと銃後 第1部 銃後美談とは何... もっと読む

消えるヒッチハイカー―都市の想像力のアメリカ

36
3.15

感想・レビュー

アメリカでの都市伝説の…広がり方?パターンを説明している、本? ゴメン、都市伝説に興味あってもぶっちゃけ門外漢だから専門的にどうだー…って話はわからんです... もっと読む

タクシー―モダン東京民俗誌

14
3.60
重信幸彦 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

随分前に買い込んで、そのまま本棚の肥やしになっていたのを、このほど読んだ。 著者は、長年、東京のタクシードライバーを対象に研究してきた人だとのこと。... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする
×