重松清のおすすめランキング

プロフィール

1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年に『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『愛妻日記』『カシオペアの丘で』『赤ヘル1975』など多数。

「2020年 『ルビィ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重松清のおすすめランキングのアイテム一覧

重松清のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『流星ワゴン (講談社文庫)』や『きみの友だち (新潮文庫)』や『その日のまえに (文春文庫)』など重松清の全591作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

流星ワゴン (講談社文庫)

20025
3.83
重松清 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生には重大な岐路というものがある。 「分かれ道はたくさんあるんです、でもそのときは何も気づかない」 学校・職場での交友関係、家庭環境の形成、あらゆる... もっと読む

きみの友だち (新潮文庫)

10146
4.20
重松清 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電車の中で読む小説ではなかったな。笑 自分の過去を振り返る。 私自身が「みんな」であり「きみ」であった。 友達を増やそう、作ろうとしていた自分に そ... もっと読む

その日のまえに (文春文庫)

9002
4.09
重松清 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

樹木希林さんが、癌は、いろいろ自分の人生の後始末や死後の準備を整えて、その日を迎えることができると、どこかで話しておられた  そして、その言葉通り、自分の... もっと読む

ナイフ (新潮文庫)

8291
3.40
重松清 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イジメ題材の短編集 少し前の作品ですが、今も昔も同じことが繰り返されて問題となりますが、何一つ変わらないんだなぁって思いました。 ゲーム感覚だったり、些... もっと読む

疾走 上 (角川文庫)

7892
3.67
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生のときたしか友達に借りて読んだ。 好きだったNEWSの手越くんが主演で映画になっているから、という軽い気持ちで読んだらとんでもない小説で、脳を金槌で... もっと読む

ビタミンF (新潮文庫)

7104
3.49
重松清 2003年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこにでもありそうな家族のちょっとした悩みや行き違いを描いていて、ああそうだよなあと思わされる。家族のありがたみや大事さに気づかせてくれる一冊。 もっと読む

きよしこ (新潮文庫)

7062
3.77
重松清 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生の頃、塾で読んでみなと言われ、読んでみた。 なかなか面白い もっと読む

とんび (角川文庫)

6855
4.38
重松清 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 不器用で無骨な父と、周りに愛されて優秀に成長していく男の子の物語。 正直、読んでいる途中エグイくらい号泣しました。 自身が親になって以... もっと読む

疾走 下 (角川文庫)

6850
3.67
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つらい。 きつい。 苦しい。 死にたい。 重い言葉ばかりが浮かんでくる物語ではあるが── やはり私は、この小説を多くの人々に読んでもらいたい。 ... もっと読む

エイジ (新潮文庫)

6460
3.59
重松清 2004年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公が住む桜ヶ丘ニュータウンで通り魔事件が発生した。その犯人は主人公と同じクラスの男子だった。その日から僕が家族友達好きになった女子の思いに揺れながら成... もっと読む

青い鳥 (新潮文庫)

5525
4.29
重松清 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・カ行とサ行と濁音が苦手な吃音の中学の国語教師の村内先生が、臨時教師としていろんな学校を舞台とした連作短編小説。 村内先生は大切なことしかしゃべらない。... もっと読む

その日のまえに

3952
3.92
重松清 2005年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切な人との別れは突然にやって来る。 愛する人が消え去るなんてこと、普段は考えもしないだろう。 けれども、誰しもに訪れる死が唐突に突きつけられたとき、... もっと読む

十字架 (講談社文庫)

3813
3.96
重松清 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いじめを苦に自殺した同級生のフジシュン。"勝手に"親友になっていた僕と、いじめた奴ら、誕生日だった彼女。なぜフジシュンは最期にこの4人を選んだのか。 な... もっと読む

卒業 (新潮文庫)

3723
3.76
重松清 2006年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゆるす/ゆるされる、に関する4編。 紆余曲折を経て、いろいろなことを考え、そして落ち着いていくお話。 まゆみのマーチ。 まゆみちゃんはいい子だ。 本当に... もっと読む

カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)

3485
3.95
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとまず上巻読み終わったので、簡単に感想を。 すごく情景が思い浮かぶ小説! ずっしり重くて内容が詰まってるからまさに日曜劇場とかになりそうな感じ。 全体... もっと読む

くちぶえ番長 (新潮文庫)

3381
3.77
重松清 2007年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

運動神経がよくて、かっこいいおんなのこ。 なぜちょんまげなのか。 ちゃんと意味がありました。 お別れと、思い出を大事にする気持ち。 いつまでも忘れてはい... もっと読む

カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)

3022
4.04
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は死に直面した時、何を考え何を求め何を祈るのか。「憎しみ続けて生きるのは寂しい」「人は誰もが人を傷つけ、許されたいと願うもの」といった言葉が胸に突き刺さ... もっと読む

小さき者へ (新潮文庫)

2701
3.55
重松清 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R3.1.22 読了。  「六編に出てくる人達は皆、誰かを応援している。父が娘を。父が息子を。監督が選手を。子どもが親を。友達が友達を。皆、何かを失... もっと読む

日曜日の夕刊 (新潮文庫)

2607
3.50
重松清 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R2.9.22 読了。  短編12編の人間味あふれる12の物語が描かれている。どの物語も決してハッピーエンドではないけども、温かい気持ちで涙がこぼれ... もっと読む

ステップ (中公文庫)

2272
4.14
重松清 2012年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R2.4.17 読了。  映画化されると聞き手に取った。妻に先立たれた夫と幼い娘の物語。家族の形にこだわらなくとも良い。そう思える。重松さんの作品はやは... もっと読む
全591アイテム中 1 - 20件を表示

重松清の関連サイト

重松清に関連する談話室の質問

ツイートする
×