野口武彦のおすすめランキング

プロフィール

野口武彦(のぐち・たけひこ)
1937年東京生まれ。文芸評論家。早稲田大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を退官後、著述に専念する。日本文学・日本思想史専攻。1973年、『谷崎潤一郎論』(中央公論社)で亀井勝一郎賞、1980年、『江戸の歴史家─歴史という名の毒』(ちくま学芸文庫)でサントリー学芸賞受賞。1986年、『「源氏物語」を江戸から読む』(講談社学術文庫)で芸術選奨文部大臣賞、1992年、『江戸の兵学思想』(中公文庫)で和辻哲郎文化賞、2003年、『幕末気分』(講談社文庫)で読売文学賞を受賞。著書多数。最近の作品に『慶喜のカリスマ』『忠臣蔵まで』『花の忠臣蔵』『元禄六花撰』(講談社)、『幕末明治 不平士族ものがたり』(草思社)などがある。


「2019年 『元禄五芒星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野口武彦のおすすめランキングのアイテム一覧

野口武彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『鳥羽伏見の戦い―幕府の命運を決した四日間 (中公新書)』や『幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)』や『明治めちゃくちゃ物語 維新の後始末 (新潮新書)』など野口武彦の全164作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

鳥羽伏見の戦い―幕府の命運を決した四日間 (中公新書)

122
3.55
野口武彦 2010年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い!たったの4日間の戦闘がこれほどドラマチックとは。 もっと読む

幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

113
3.36
野口武彦 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳川慶喜をどう評価するかが幕末研究のポイントだと思うのだが、本書は「ダメ将軍」扱い。阿部正弘も徳川斉昭が怖くてオランダ国王の親書を見せられなかったとか、想... もっと読む

明治めちゃくちゃ物語 維新の後始末 (新潮新書)

106
3.33
野口武彦 2013年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思ってたのと違った。 投げた。 もっと読む

長州戦争―幕府瓦解への岐路 (中公新書)

95
3.64
野口武彦 2006年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】(「BOOK」データベースより) プロローグ 兵は凶器なり(長州戦争とは何か/長州戦争の開戦事情 ほか)/第1章 長州が朝敵になるまで(航海遠略策... もっと読む

明治めちゃくちゃ物語 勝海舟の腹芸 (新潮新書)

89
3.44
野口武彦 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薩長の討幕って、今でいえば学生運動をやってたらほんとに政府を倒しちゃった、みたいな感覚だろうか。しかしこれだけメチャクチャ、場当たりで始まった明治時代では... もっと読む

幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)

77
3.71

感想・レビュー

新書という手に取りやすい形で、幕府陸軍について書いて下さっただけでも拝みたい気分。比較的分かりやすく纏まっていると思う。 日本の身分制度は、近代的な軍隊... もっと読む

慶喜のカリスマ

75
3.90
野口武彦 2013年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

封建社会存続のための最後の砦として、持ち前の政治能力とカリスマ性を駆使して針の穴に糸を通すようなギリギリの勝負を仕掛けたが、時の運に見放されて敗れ去った慶... もっと読む

大江戸曲者列伝―太平の巻 (新潮新書)

68
3.26
野口武彦 2006年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太平の巻……と言いつつも後半は幕末に足を突っ込んでいる。ゴシップ主体で、歴史を面白く語る、というコンセプト通り、面白エピソードが詰め込まれている。時代に偏... もっと読む

慶喜の捨て身―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

64
3.06
野口武彦 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大政奉還の前後。当たり前といえば当たり前だけど、歴史小説みたいにかっこいいわけじゃないし、想像以上にグダグダ。これが本当のところなのだろう。 もっと読む

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

63
3.70
野口武彦 2008年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大地震や台風、コレラ、貨幣価値の下落、物価高など幕末の人々の気分に大きく影響を与えたと思われるのにサラッと書かれて終わることが多いような事柄も通史の 中に... もっと読む

天誅と新選組―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

62
3.65
野口武彦 2009年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和宮降嫁から第一次長州征伐まで。幕末に吹き荒れるテロリズムの嵐。刀切れすぎ怖いよ。後世の人間には武士階級がやがて消滅し、チャンバラの時代は終わること がわ... もっと読む

大江戸曲者列伝―幕末の巻 (新潮新書)

61
3.44
野口武彦 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちゃんとした文献を基に、こんな軽い文章を書けるなんてとある意味感動した本。野口氏が「ラブラブ」という言葉を用いていてびっくりした(笑)。 書かれている事は... もっと読む

荻生徂徠―江戸のドン・キホーテ (中公新書)

42
3.27

感想・レビュー

異色の日本思想史研究者である著者が、荻生徂徠の古文辞学について考察をおこなっている本です。 「読者への序言」で著者は、思想家の名前をタイトルにした新... もっと読む

幕末不戦派軍記

34
3.15
野口武彦 2008年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳天気な役人の無駄遣いの話 もっと読む

幕末気分 (講談社文庫)

31
3.57

感想・レビュー

幕末の裏側。 7編からなるまぁ短編っちゃ短編けど 切り口というか教科書とか よくありがちな歴史の表面だけ サラッと描いたとかじゃない濃い部分。 というか何... もっと読む

異形の維新史

31
3.00
野口武彦 2013年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史の陰に、日常有り。 もっと読む

『源氏物語』を江戸から読む (講談社学術文庫)

28
3.50

感想・レビュー

世界最古の小説である『源氏』をどのように理解するか、江戸期の様々な流派を解説してくれる。思いの外面白かった。でもやっぱり原典に当たらないとなぁ もっと読む

花の忠臣蔵

28
3.33
野口武彦 2015年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 浪士達をミーハーに応援するサポーターが、江戸の街のあちこちにいたというのは、今まで考えたことがない点だった。たしかに、こんなイベントがこっそりできるはず... もっと読む

安政江戸地震―災害と政治権力 (ちくま新書)

22
3.00

感想・レビュー

以前読んだ本だったが、『青天を衝け』でちょうど安政江戸地震の回だったので、再読。本書は1855年の安政江戸地震を扱っているが、「角度を変えて見た幕府衰亡史... もっと読む
全164アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×