野呂邦暢のおすすめランキング

プロフィール

野呂邦暢(のろ・くにのぶ)
1937年長崎市生まれ。戦時中に諌早市に疎開、長崎被爆のため戦後も同市に住む。長崎県立諫早高校卒業後上京するもほどなく帰郷、1957年陸上自衛隊に入隊。翌年除隊し、諌早に戻り家庭教師をしながら文学をこころざす。1965年「ある男の故郷」が第21回文學界新人賞佳作入選。1974年自衛隊体験をベースにした「草のつるぎ」で第70回芥川賞受賞。1976年、初めての歴史小説「諌早菖蒲日記」発表。1980年に急逝する。著書に『愛についてのデッサン』(ちくま文庫)、『野呂邦暢ミステリ集成』(中公文庫)、『野呂邦暢小説集成』(文遊社)、などがある。

「2021年 『野呂邦暢 古本屋写真集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野呂邦暢のおすすめランキングのアイテム一覧

野呂邦暢のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫)』や『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』や『夕暮の緑の光 (大人の本棚)』など野呂邦暢の全80作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫)

564
3.69
野呂邦暢 2021年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いかに優れた作品でも「どういう人なのかがよく分からない/ほとんど知られていない」創り手の作品を手に取ってもらうのは難しいもの。おそらく、野呂邦暢(のろ・... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

515
3.19
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

夕暮の緑の光 (大人の本棚)

149
4.10
野呂邦暢 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

42歳で早世した芥川賞作家による随筆集。 「モクセイ地図」では、脳裡にある金木犀の所在を示す地図をひろげる。秋になれば漂ってくる香りで自然にそれと知り、... もっと読む

愛についてのデッサン――佐古啓介の旅 (大人の本棚)

146
3.95
野呂邦暢 2006年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「古書ミステリー倶楽部」短編集に収録されていた「若い砂漠」から流れてきました。 どなたも書かれてらっしゃいますが、本当に、読み進めるのが勿体無くなるよう... もっと読む

白桃―― 野呂邦暢短篇選 (大人の本棚)

106
4.33
野呂邦暢 2011年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『「え?」「いや、何でもない」と弟は口ごもった。目のまえに出現した夜景の珍しさを再び兄に語ろうとして、そのとき自分の見ている物を兄もまた必ずしも見ていると... もっと読む

野呂邦暢ミステリ集成 (中公文庫)

99
3.88
野呂邦暢 2020年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素晴らしかった。 今まで知らなかったのが勿体なく感じる。 インスマスやダゴンを思い起こさせる「失踪者」が白眉だと感じた。 エッセイも首肯する言葉が沢山あっ... もっと読む

野呂邦暢 古本屋写真集 (ちくま文庫)

98
3.88
野呂邦暢 2021年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 2015年に盛林堂書房から刊行された元版に、新たな写真を加え、野呂のエッセイ、編者の対談を増補した一冊。  野呂邦暢という作家の名前を知ったのは、201... もっと読む

草のつるぎ・一滴の夏―野呂邦暢作品集 (講談社文芸文庫)

51
3.40

感想・レビュー

戦後、まだ米国による統治の残り香が漂う中、自衛隊に入隊した青年の自伝的記録「草のつるぎ」。 皆と同じであるために、却って皆を憎んでしまう主人公。何者かに... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

47
2.93
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

41人の有名作家による、酒にまつわるエッセイ集。太宰治、坂口安吾などかなり昔の人達のものも多い。 粋に酒を飲む、というよりも強くない酒に酔いつぶれたり、... もっと読む

諫早菖蒲日記

29
3.80
野呂邦暢 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 舞台は、幕末の諫早藩(安政~)。  諫早藩というのは、佐賀鍋島藩の支藩です。  ヒロインは、15歳の女の子、志津。  父は、諫早藩の砲術指南役。  この... もっと読む

棕櫚の葉を風にそよがせよ (野呂邦暢小説集成1)

28
4.00
野呂邦暢 2013年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「若い砂漠」を読んで、著者の他の作品も読もうと思い手にした一冊。装丁に惹かれて取り敢えず取り掛かった物の、中の文字列(と云うのかな)が妙な行間で読み難かっ... もっと読む

芥川賞全集 第10巻 鶸,月山,草のつるぎ,土の器,あの夕陽,祭りの場,岬,志賀島

28
3.25
三木卓 1982年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志賀島観光がきっかけで志賀島を読んだが、ひと昔前の芥川賞作品といった趣。戦中戦後の人々の変化を描いている。相撲好きの友人の祖母が印象的。 何気に芥川賞の同... もっと読む

草のつるぎ/一滴の夏 野呂邦暢作品集 (講談社文芸文庫ワイド)

22
3.67
野呂邦暢 2016年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「狙撃手」 自衛隊の話 自らを完璧に律してきたはずの狙撃手が 競技会で最後の一発にのぞむさい なぜかとつぜん、標的を外したい気分になってしまう ... もっと読む

落城記 (文春文庫 (190‐2))

21
3.80

感想・レビュー

 今は亡き佐賀・諫早出身の野呂邦暢の作品。この物語は戦国時代に諫早の領主であった西郷氏と秀吉の威光を得て攻めてきた龍造寺氏との攻防を、諫早の姫君・梨緒(り... もっと読む

諌早菖蒲日記 (文春文庫 (190‐3))

19
3.86

感想・レビュー

野呂邦暢は随筆がよい、と傾いていたが撤回する。この作品は素晴らしく、国宝に推挙する。諌早に行きたくてたまらない。 もっと読む

前代未聞の推理小説集 (双葉文庫)

17
2.00

感想・レビュー

(収録作品)古墳殺人事件(古川薫)/その後会えなかった男(羽仁五郎)/逃げた女房(三浦朱門)/ある殺人(野呂邦暢)/継母の秘密(川村晃)/地蔵谷(白石一郎... もっと読む
全80アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×