野呂邦暢のおすすめランキング

プロフィール

1937年9月20日長崎市生まれ。1945年、8歳で諫早市に疎開、同地で長崎への原爆投下を目の当たりにする。1956年、長崎県立諫早高校卒業。同年秋に上京しアルバイト生活を送る。1957年春に帰郷、同年6月、陸上自衛隊に入隊。翌年、北海道で除隊。諫早で家庭教師をしながら小説執筆をはじめる。1965年「或る男の故郷」で文學界新人賞佳作。1967年、「壁の絵」芥川賞候補。以降、「白桃」「海辺の広い庭」「鳥たちの河口」が同賞候補となる。1973年、第一創作集『十一月 水晶』(冬樹社)刊行。1974年、「草のつるぎ」で第70回芥川賞受賞。1976年、「諫早菖蒲日記」発表。諫早の地に根をおろした創作活動を続けた。小説にとどまらず、多数の随筆、評論を執筆のほか、無名兵士の戦記蒐集、『季刊邪馬台国』(梓書院)編集長など活動の場は多岐にわたった。1980年5月7日没。

「2020年 『夕暮の緑の光 新装版 野呂邦暢随筆選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野呂邦暢のおすすめランキングのアイテム一覧

野呂邦暢のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』や『夕暮の緑の光 (大人の本棚)』や『愛についてのデッサン――佐古啓介の旅 (大人の本棚)』など野呂邦暢の全76作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

306
3.14
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

夕暮の緑の光 (大人の本棚)

140
4.10
野呂邦暢 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

42歳で早世した芥川賞作家による随筆集。 「モクセイ地図」では、脳裡にある金木犀の所在を示す地図をひろげる。秋になれば漂ってくる香りで自然にそれと知り、... もっと読む

愛についてのデッサン――佐古啓介の旅 (大人の本棚)

123
3.94
野呂邦暢 2006年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「古書ミステリー倶楽部」短編集に収録されていた「若い砂漠」から流れてきました。 どなたも書かれてらっしゃいますが、本当に、読み進めるのが勿体無くなるよう... もっと読む

白桃―― 野呂邦暢短篇選 (大人の本棚)

88
4.14
野呂邦暢 2011年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本日の読書は野呂邦暢さんの白桃。 教科書に載っていた事をふっと思い出して、読んでみました。 覚えてませんか?弟がお食べなさいと出された白桃を食... もっと読む

草のつるぎ・一滴の夏―野呂邦暢作品集 (講談社文芸文庫)

41
3.38

感想・レビュー

「草のつるぎ」は作者が20歳のときに自衛隊に入隊して、1年間の体験を淡々と綴った作品です。別人になりたかった主人公は、果たして新しい自分を見出したのでしょ... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

35
3.00
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えぇ~ほろ酔いじゃないでしょ(--;)というエッセイの数々(^^;)まぁ楽しく呑めれば、それでいい(*^^*) もっと読む

諫早菖蒲日記

25
3.80
野呂邦暢 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピュアな歴史小説でした。当地の美しい景色、武家の凛々しい志、使われる者も含めた家族のやさしい交わりを、主人公・志津の感受性と利発さが読者に伝えてくれます。... もっと読む

棕櫚の葉を風にそよがせよ (野呂邦暢小説集成1)

24
4.00
野呂邦暢 2013年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「若い砂漠」を読んで、著者の他の作品も読もうと思い手にした一冊。装丁に惹かれて取り敢えず取り掛かった物の、中の文字列(と云うのかな)が妙な行間で読み難かっ... もっと読む

芥川賞全集 第10巻 鶸,月山,草のつるぎ,土の器,あの夕陽,祭りの場,岬,志賀島

22
3.00
三木卓 1982年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志賀島観光がきっかけで志賀島を読んだが、ひと昔前の芥川賞作品といった趣。戦中戦後の人々の変化を描いている。相撲好きの友人の祖母が印象的。 何気に芥川賞の同... もっと読む

落城記 (文春文庫 (190‐2))

21
3.80

感想・レビュー

 今は亡き佐賀・諫早出身の野呂邦暢の作品。この物語は戦国時代に諫早の領主であった西郷氏と秀吉の威光を得て攻めてきた龍造寺氏との攻防を、諫早の姫君・梨緒(り... もっと読む

諌早菖蒲日記 (文春文庫 (190‐3))

18
3.86

感想・レビュー

野呂邦暢は随筆がよい、と傾いていたが撤回する。この作品は素晴らしく、国宝に推挙する。諌早に行きたくてたまらない。 もっと読む

草のつるぎ/一滴の夏 野呂邦暢作品集 (講談社文芸文庫ワイド)

18
3.50
野呂邦暢 2016年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋人が久々に読みたくなって読んだが、他の作品はイマイチ。 もっと読む

前代未聞の推理小説集 (双葉文庫)

14
2.00

感想・レビュー

(収録作品)古墳殺人事件(古川薫)/その後会えなかった男(羽仁五郎)/逃げた女房(三浦朱門)/ある殺人(野呂邦暢)/継母の秘密(川村晃)/地蔵谷(白石一郎... もっと読む

野呂邦暢作品集

12
3.40

感想・レビュー

 『草のつるぎ』を読んで、野呂さんはあんまり好きじゃないかも...と思っていた私のもとに、分厚くてずっしりと重い『野呂邦暢作品集』がある。『草のつるぎ』は... もっと読む
全76アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×