野崎歓のおすすめランキング

プロフィール

1959年新潟県生まれ。フランス文学者、翻訳家、エッセイスト。放送大学教養学部教授、東京大学名誉教授。2001年に『ジャン・ルノワール――越境する映画』(青土社)でサントリー学芸賞、2006年に『赤ちゃん教育』(講談社文庫)で講談社エッセイ賞、2011年に『異邦の香り――ネルヴァル「東方紀行」論』(講談社文芸文庫)で読売文学賞、2019年に『水の匂いがするようだ――井伏鱒二のほうへ』(集英社)で角川財団学芸賞受賞、2021年に小西国際交流財団日仏翻訳文学賞特別賞受賞。プレヴォ、スタンダール、バルザック、サン=テグジュペリ、ヴィアン、ネミロフスキー、トゥーサン、ウエルベックなどフランス小説の翻訳多数。著書に『こどもたちは知っている――永遠の少年少女のための文学案内』(春秋社)、『フランス文学と愛』(講談社現代新書)、『翻訳教育』(河出書房新社)、『アンドレ・バザン――映画を信じた男』(春風社)、『夢の共有――文学と翻訳と映画のはざまで』(岩波書店)ほか。

「2022年 『無垢の歌  大江健三郎と子供たちの物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野崎歓のおすすめランキングのアイテム一覧

野崎歓のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『素粒子 (ちくま文庫 う 26-1)』や『うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫 Aウ 5-1)』や『地図と領土 (ちくま文庫 う 26-2)』など野崎歓の全124作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

素粒子 (ちくま文庫 う 26-1)

1169
3.85

感想・レビュー

『闘争領域の拡大』に次ぐウエルベックの二作目。フランスでベストセラーになったらしい。 ウエルベックは博識な作家だが、本書もごたぶんにもれず数学、分子生物... もっと読む

うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫 Aウ 5-1)

783
3.68
ヴィアン 2011年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった・・・。 以前に別訳で「日々の泡」のタイトルの文庫本を買ったことがありました。もう10年以上前だったか。そのときは申し訳ありませんが、何... もっと読む

地図と領土 (ちくま文庫 う 26-2)

757
4.01

感想・レビュー

「ある島の可能性」に引き続きウェルベック2冊目。本作も孤独な成金の一生が描かれている。そうはいっても、「ある島の可能性」と違うのは、人生の後半は自ら進んで... もっと読む

赤と黒 (上) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-1)

708
3.62
スタンダール 2007年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナポレオン失脚後のフランスが舞台。 製材職人の息子ジュリヤン・ソレルの野望とこじれた恋愛の物語。 ナポレオンに憧れを抱くジュリヤンは、ラテン語で聖書を暗... もっと読む

浴室 (集英社文庫)

632
3.41
J・P・トゥーサン 1994年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

十年以上ぶりの再読。 最初に読んだ時ほどの新鮮さはないけれど、盲目にあたらしい!すごい!とならずに冷静に読んでも面白かった。 訳も上手い。 トゥーサンの既... もっと読む

ちいさな王子 (光文社古典新訳文庫)

564
3.92

感想・レビュー

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」は、小さな星からやってきた王子と友達になる……。 いわゆる『星の王子様』です。原題はこちらのタイトルの方が近いそう。 児... もっと読む

赤と黒(下) (光文社古典新訳文庫 Aス 1-2)

553
3.73
スタンダール 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻の後半は凄かった。 読んでいて思わず「えーっ!?なんで?嘘やん」って声が出る事、数回。あまりに劇的な展開の為、読む速度が加速した。エンタメ小説では?と... もっと読む

地図と領土 (単行本)

511
3.90

感想・レビュー

最も新しく面白いウエルベック。孤独に対する穏やかな諦めが読む者を慰撫する、美しい小説だ。また、現代アートや労働をめぐる記述は2010年代の現代性を感じさせ... もっと読む

ある秘密 (Shinchosha CREST BOOKS)

341
3.59

感想・レビュー

第二次世界大戦時におけるドイツナチスのユダヤ人に対するジェノサイト(大量虐殺)の物語は多く語られている。 今でもドキュメント映像として時より引用されている... もっと読む

何げなくて恋しい記憶 随筆集 あなたの暮らしを教えてください1 (随筆集 あなたの暮らしを教えてください 1)

340
3.59
三崎亜記 2023年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『暮らしの手帖』セレクション 70人の著名人が暮らしのなかで感じた恋しい記憶を随筆集にしたもの。 それぞれの想いが伝わってくる。 それも何気ない生活の... もっと読む

滅ぼす 上

334
3.71

感想・レビュー

2026年12月23日、インターネット上に拡散される謎の映像とメッセージ、財務大臣をギロチンで斬首するフェイク映像は、相当に手が込んだレベルの高い映像で。... もっと読む

映画とは何か(上) (岩波文庫)

303
3.93
アンドレ・バザン 2015年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

A「映画なんて、ただの娯楽じゃん」 B「いやいや、映画とは真の芸術ですぞ」 C「映画も芸術だとは思うけど、絵画の方が高尚な芸術って感じがする」 D「... もっと読む

フランス組曲

271
4.46

感想・レビュー

<私はもう絶対に人間の集団に対して怨恨を募らせたりはしまいと心に誓う。たとえその怨恨がいかに正当なものであろうとも、また、相手の人種、宗教、信念、偏見、過... もっと読む

人類の深奥に秘められた記憶

269
4.50

感想・レビュー

1938年、デビュー作『人でなしの迷宮』でセンセーションを巻き起こし、「黒いランボー」とまで呼ばれた作家T・C・エリマン。しかしその直後、作品は回収騒ぎと... もっと読む

カメラ (集英社文庫)

267
3.22
J・P・トゥーサン 1996年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず何言ってるのか分からない もっと読む

マノン・レスコー (光文社古典新訳文庫 Aフ 13-1)

238
3.74
プレヴォ 2017年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「マノン・レスコー」アベ・プレヴォー。初出は1731年、フランス文学です。光文社古典新訳文庫、野崎歓訳、2017年。 1731年というのは、古いですね。デ... もっと読む

滅ぼす 下

235
3.94

感想・レビュー

「何が何でも物語作品が必要である。自分以外の誰かの人生が語られていなければならない」 これは物語終盤、主人公がある危機に陥るが、「読書」によって一時的に... もっと読む

ムッシュー (集英社文庫)

205
3.40
J・P・トゥーサン 1995年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この世界の耐えがたさ、人を疲弊させずにおかぬ下らなさを、そのまま微笑ましい情景へと転じてしまう天使的な存在、それがムッシューなのだ(あとがきより)」静か... もっと読む

ランサローテ島

188
3.59

感想・レビュー

スペイン領ランサローテ島をウエルベックが旅行する。波に浸食された岩肌が名物のランサローテ島は、北大西洋上のアフリカ寄りに位置し(モロッコのすぐ西)、サボテ... もっと読む

火の娘たち (岩波文庫 赤 575-2)

186
4.00
ネルヴァル 2020年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネルヴァルは随分昔に『暁の女王と精霊の王の物語』を読んだ程度だったのだけれど、今回岩波文庫から通勤電車で読んだら腱鞘炎になりそうなほど分厚い(600頁)文... もっと読む
全124アイテム中 1 - 20件を表示

野崎歓に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×