野村進のおすすめランキング

プロフィール

野村/進
1956年、東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科中退。78~80年、フィリピン、アテネオ・デ・マニラ大学に留学。帰国後、『フィリピン新人民軍従軍記』で、ノンフィクションライターとしてデビュー。97年、『コリアン世界の旅』で大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞。99年、『アジア新しい物語』でアジア太平洋賞を受賞。現在、拓殖大学国際学部教授もつとめる。主著に『救急精神病棟』『日本領サイパン島の一万日』『千年、働いてきました――老舗大国企業ニッポン』。近著は『千年企業の大逆転』

「2015年 『解放老人 認知症の豊かな体験世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村進のおすすめランキングのアイテム一覧

野村進のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)』や『千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)』や『救急精神病棟 (講談社文庫)』など野村進の全68作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)

1289
3.51
野村進 2008年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここに書いてあることはどんな人にも役立つことばかりである。 この本を簡単に言ってしまうと『ノンフィクションライターになりたい人向けにその方法を著者が詳細... もっと読む

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)

618
3.51
野村進 2006年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13年も前の本なので情報のブラッシュアップは必要だが、残り続ける会社の存在理由を垣間見ることができます。著者が提示する老舗製造業の共通項は、若干の矛盾を含... もっと読む

救急精神病棟 (講談社文庫)

186
3.95
野村進 2010年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20年近く前の精神科を赤裸々に綴るノンフィクション。個人が特定されないよう加工はしてあるものの、これはかなりリアル。制度改正に伴い、精神に障害を有する人の... もっと読む

救急精神病棟

125
3.52
野村進 2003年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2000年前後の精神科の背景や成り立ちを知るには良いと思います。ただ、筆者曰く「病状や元の会話が分からない程」デフォルメが加えられている点や文芸調で進めら... もっと読む

千年企業の大逆転

125
3.35
野村進 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んで元気になる本。こよ企業なら、就職したいという会社が目白押し。覚えておきたい事。日本の建て替えサイクルは、38年、アメリカ74年、イギリス131年。... もっと読む

コリアン世界の旅 (講談社文庫)

102
4.03
野村進 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会 ノンフィクション もっと読む

島国チャイニーズ

96
4.08
野村進 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まえがきは、東北へボランティアに行った中国人留学生の女の子の話から。 多くの中国人が日本から逃げ出したとき、ボランティアにまで行った人がいたのだ。おにぎ... もっと読む

コリアン世界の旅

74
3.50

感想・レビュー

図書館で借りてきた本。 最初の方はあまり自分を在日と明らかにしていない人をわざと暴露するみたいな話でなんだか嫌だなあと思って読んでいたし、途中、在米... もっと読む

アジアの歩き方 (講談社現代新書)

49
3.42

感想・レビュー

1999年日本経済新聞と2000年~2001年読売新聞連載のエッセイ。 1980年~2000年頃のアジアの様子が数々の体験談を通して浮かび上がってくる。 もっと読む

救急精神病棟 (講談社+α文庫)

49
3.52
野村進 2007年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科救急病棟の様子について現場取材を踏まえて書かれている。プライバシー保護のためのデフォルメがされてるが,実際の様子がかなり詳しい。 現在の精神科医療... もっと読む

アジア新しい物語 (文春文庫)

49
3.42

感想・レビュー

野村進著「アジア新しい物語」文藝春秋(1999) 少し前の本になりますが、、旅行で長期滞在しているのでも企業の駐在員として派遣されているのでもないアジア... もっと読む

脳を知りたい!

42
3.06

感想・レビュー

早期教育はよくない。性格を決めるのは環境だけかと思っていたが、遺伝子でも決まるのか。 もっと読む

日本領サイパン島の一万日

42
4.33
野村進 2005年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本時代のサイパンを知るための基本図書。地域を考える上での出発点となる本。 もっと読む

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書)

41
2.67
野村進 電子書籍 2008年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

取材のとき、絶対に避けたいのは、先方に「こいつは俺のことを何も知らないのだな」とか「この人、まるで無知じゃないか」と思われること 新しいことに取り組... もっと読む

脳を知りたい! (講談社文庫)

37
3.00
野村進 2010年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳の働きについてテーマ別にまとめられたとってもわかりやすい本。 「早期教育」「睡眠」「うつ病」「意識」「言葉」「環境ホルモン」などがテーマ。 「早期教育... もっと読む

千年、働いてきました: 老舗企業大国ニッポン (新潮文庫)

34
3.78
野村進 2018年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、創業百年以上の日本の老舗企業二十一社への取材をもとに執筆された、ビジネス系ノンフィクション。 日本には、西暦578年創業の世界最古の企業(世... もっと読む

脳を知りたい! (講談社プラスアルファ文庫)

26
2.75

感想・レビュー

■目的 脳について。(脳科学シリーズ) ■本の内容・特徴 子供の早期教育、うつ病、環境ホルモン、睡眠、視覚、言葉、アルツハイマー病、意識、と... もっと読む
全68アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする