野沢尚のおすすめランキング

野沢尚のおすすめランキングのアイテム一覧

野沢尚のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『深紅 (講談社文庫)』や『破線のマリス (講談社文庫)』や『リミット (講談社文庫)』など野沢尚の全96作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

深紅 (講談社文庫)

2196
3.48
野沢尚 2003年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃的な導入部から前半は引き込まれました。 しかし奏子が殺人を唆すあたりから"??"ってなった。 奏子も未歩も、とことん壊れてしまった方が自分好みかも... もっと読む

破線のマリス (講談社文庫)

1566
3.34
野沢尚 2000年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野沢尚のデビュー作でもあり、のちに映画化されたときには脚本も担当している。 タイトルにある「マリス」とは英語の法律用語で<悪意>という意味である。 ... もっと読む

リミット (講談社文庫)

1294
3.56
野沢尚 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは、先に読んだ「深紅」とは逆で、後半になるにつれて面白くなっていった。 すっかり騙された~。 でも、こんな風に無差別に子供が誘拐されるなんて、... もっと読む

魔笛 (講談社文庫)

1250
3.59
野沢尚 2004年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宗教ものとかサイコパスものが好きなので興味があり。 手記として話が進むのになぜ警察内部の状況とかもこんなに鮮明に描けるのかとか、獄中の妻が何でこんな冴え渡... もっと読む

龍時 01-02 文春文庫

872
3.88
野沢尚 2004年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

02-03 03-04 と続くが今後どうなっていくのか・・ もっと読む

砦なき者 (講談社文庫)

843
3.51
野沢尚 2004年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 江戸川乱歩賞受賞作『破線のマリス』の続編。前半2章は実質的に別個の通俗的な内容の短編で、表題作と言えるのは後半2章のみ。変則的な構成も含めて、小説として... もっと読む

呼人 (講談社文庫)

816
3.34
野沢尚 2002年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読 すっかり大大人になってからの再読は、本当に失ってしまったものの重さをヒシヒシと感じた。 12歳の子供のエネルギーを感じてみたい!と思った。 呼... もっと読む

龍時02‐03 (文春文庫)

666
3.83
野沢尚 2005年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中田英寿や稲本潤一など実在選手の名前なども出て来て、 フィクションなんだけどおもしろ味があった。 試合の中のプレーの描写などこと細かくて、情景がよく想... もっと読む

殺し屋シュウ (幻冬舎文庫)

601
3.47
野沢尚 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思ったより殺し!が強くて、わたしには少し刺激が強かったです。どこかロマンチックなようで狂気を孕んでいて、これは好きな人は好きなやつだなあと思いました。でも... もっと読む

龍時 03‐04 (文春文庫)

583
3.91
野沢尚 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私的サッカー小説の1番です。 スポーツ小説の中でも1番です。 これを超えるものはもうないと思っています。 なのに…、もう続きが読めないなんて…。... もっと読む

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

505
3.68
野沢尚 2004年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春、父性、若者の成長等々、ベタな題材を説教くさくなくまとめられるのは野沢尚の才能か。他の野沢作品に比べて「暗い」部分が少なく、読後感もさわやか。 もっと読む

眠れぬ夜を抱いて (幻冬舎文庫)

464
3.30
野沢尚 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時間があれば。 もっと読む

恋人よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

351
3.71
野沢尚 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言うまでもなく、DVDと合わせて人生最大の大好き小説。 不倫は許せないけど、でもこのお話ならアリだと思う。 もう10年以上も前のお話なのに、色褪せない... もっと読む

恋人よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

317
3.70
野沢尚 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマチックな恋愛小説。面白かったが、ストーリーありきで、女性の心情の機微はそこまでリアルでなく、男性目線な気がした。 もっと読む

恋愛時代〈上〉 (幻冬舎文庫)

272
3.49
野沢尚 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛と結婚の境界線ってなんだと思いますか。 わたし「好き」って気持ちが大きくなって、なりすぎちゃって、 恋愛なんかじゃ収まらなくなったとき結婚するんだ... もっと読む

ひたひたと (講談社文庫)

262
3.46
野沢尚 2007年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説創作の心の師と勝手に仰ぐ、著者の突然の死を悼んで購入。この人の書くお話、もっともっと読みたかった。無念です。 もっと読む

烈火の月 (小学館文庫)

236
3.35
野沢尚 2007年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刑事ものですが暴力シーンが多く重い小説です。最初は主人公の刑事がどれだけアウトローかが書かれていて、その後、ドラッグの売人たちと主人公の刑事との闘いになっ... もっと読む

恋愛時代〈下〉 (幻冬舎文庫)

233
3.56
野沢尚 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく良かった! すごく遠回りで、なかなか先に進まず、韓国ドラマみたいと思いながら読んでいたけれど、いつの間にかわたしも本の中に登場している第二のはるの妹... もっと読む

ふたたびの恋 (文春文庫)

195
3.42
野沢尚 2006年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野沢尚さんの本を初めて読んだのは2012年1月のことだった。 読んだ本は「リミット」 ミステリーとしてとても面白く、こんな作家さんがいたんだ!と嬉しく... もっと読む

破線のマリス

188
3.35
野沢尚 1997年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そういう事か… もっと読む
全96アイテム中 1 - 20件を表示

野沢尚に関連する談話室の質問

ツイートする