金原ひとみのおすすめランキング

プロフィール

83年東京都生まれ。03年『蛇にピアス』ですばる文学賞を受賞しデビュー。翌年同作で芥川賞、10年『トリップ・トラップ』で織田作之助賞、12年『マザーズ』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

「2021年 『緊急事態下の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金原ひとみのおすすめランキングのアイテム一覧

金原ひとみのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『蛇にピアス (集英社文庫)』や『蛇にピアス』や『アッシュベイビー (集英社文庫)』など金原ひとみの全72作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

蛇にピアス (集英社文庫)

4897
3.14
金原ひとみ 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毒気のある本。 鮮烈だけれども、凄くのめり込めた。 今年最後の本にして良かったと思う。 もっと読む

蛇にピアス

4660
3.07
金原ひとみ 2004年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞を受賞されたとき、同時受賞の綿矢りささんとあまりにも対照的でそれが印象的だった。内容は過激だった(自分には知らない世界の内容だった気がする)。奥が深... もっと読む

アッシュベイビー (集英社文庫)

1489
2.93
金原ひとみ 2007年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書による詳しい奥底への内部的批評が読みたいなら文庫本の解説を書いた斎藤環さんを読んでもらいたい。作者自身をリスペクトした素晴らしい解説文になっている。 ... もっと読む

アッシュベイビー

1441
2.85
金原ひとみ 2004年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金原ひとみの小説を読むときは、深呼吸をして肺に新鮮な空気をたくさん溜め込まないとだめだ。それでも苦しくてしょうがない。 傷つきやすい心をかばうかのよ... もっと読む

マザーズ

1123
3.74

感想・レビュー

容赦ない。身も蓋もなく徹底的だ。家族を持つこと、子を育むことがかくも露悪的に描かれる。やはり金原ひとみさんだ笑。 何度も手にとっては、読むのを躊躇った「マ... もっと読む

AMEBIC (集英社文庫)

1045
3.30
金原ひとみ 2008年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だいたい主人公はまともな人が多いものだけれど、この本の主人公はいわゆる変わった人。だから主観的に書かれたこの本は読んでたら狂気的になりそうでもあります。 ... もっと読む

星へ落ちる

798
3.48
金原ひとみ 2007年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

引き続き再読中。 4人の恋愛がそれぞれの視点から描かれる短編集。 中心にある男性だけの視点がなく、いったいどんなこと考えて こんな生活おくっ... もっと読む

ハイドラ

720
3.32

感想・レビュー

面白かったです。初めてちゃんと金原ひとみさんの長編を読んだ気がします。 とても好きです。もっと早く読めば良かったし、これからも読んでいきたいです。 松... もっと読む

オートフィクション (集英社文庫)

678
3.40
金原ひとみ 2009年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「結婚しても、子供を生んでも、ずっと死にたい気持ちは変わらなかった」 筆者のインタビュー記事を読んで、彼女の本を絶対読みたいと思った。 思い返せば、一番... もっと読む

AMEBIC

659
3.25
金原ひとみ 2005年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

狂ってるかもしれないけど、共感しまくる。 もっと読む

ハイドラ (新潮文庫)

659
3.46
金原ひとみ 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【2021年目32冊目】 最初から最後まで主人公の早希に引っ張られる作品でした。一人の人間の、女の心理がこれでもかというほど書かれていて、痛々しさを感じ... もっと読む

憂鬱たち

639
3.22
金原ひとみ 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウツイ君、カイズさん、そして主人公の神田憂。 ウツイ君とカイズさんはそれぞれ立場を入れ替えながら、憂の前に現れては消えていく。 憂は精神科に行きた... もっと読む

アタラクシア

635
3.49
金原ひとみ 2019年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金原ひとみは全巻初版を持っているオタクですが、今回は抜群に面白かった。愛を求めたり、与えたり、拒絶されたり成長したり拗れてしまったり様々な人達の群像劇。最... もっと読む

アンソーシャル ディスタンス

613
3.65
金原ひとみ 2021年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ直前に付き合っていた元カレのことを思い出した。 彼は多忙から壊れてしまった。 彼は放っといてほしかった。 わたしは放っておけなかった。 関係... もっと読む

オートフィクション

603
3.21
金原ひとみ 2006年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

胸が痛い。むねがいたいよう・・・・ 現代から遡っていくまるで映画のように並行しているかのように。 一人の女のオートフィクション。 さかのぼればさかの... もっと読む

パリの砂漠、東京の蜃気楼

561
3.89
金原ひとみ 2020年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人と私、案外近いのかもしれない、と思ったり思わなかったり。 『蛇にピアス』での衝撃的なデビュー以来、「私には関係ない作家」として、横目で眺めてきて20... もっと読む

持たざる者

545
3.30
金原ひとみ 2015年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これって長編小説? 色んな書評に長編て書いてあるけど連作短編集じゃないの? まあ、いいや。 金原ひとみの作品を読むのはこれで二作目。 彼女の作... もっと読む

fishy

540
3.73
金原ひとみ 2020年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初金原さん。 圧倒的な小説でした。 さすが、芥川賞作家。 結婚したばかりの男と不倫するフリーライターの美玖。不倫する夫の監視しつつ、家庭を維持することで... もっと読む

星へ落ちる (集英社文庫)

530
3.47
金原ひとみ 2011年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021年最後のブックレビューです! 誰かを死ねって思うほど、自分が死ぬって思うほど、毎回誰かを好きになっていたら、わたしはこれから先、何人の命を奪... もっと読む

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

528
3.05
江國香織 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。 ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換... もっと読む
全72アイテム中 1 - 20件を表示

金原ひとみに関連する談話室の質問

ツイートする
×