金原瑞人のおすすめランキング

プロフィール

1954年岡山県生まれ。法政大学教授。翻訳家。「BOOKMARK」編集・発行人。
80年代より新聞、雑誌などで精力的にヤングアダルト(YA)向けの書評を執筆。
国内外のYA作品に対する造詣が深く、独自の視点で描かれた親しみやすい書評には定評がある。

「2023年 『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金原瑞人のおすすめランキングのアイテム一覧

金原瑞人のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『青空のむこう』や『月と六ペンス (新潮文庫)』や『チョコレート・アンダーグラウンド』など金原瑞人の全781作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

青空のむこう

4655
3.73

感想・レビュー

私が読書好きになるきっかけになった本。 子どもの頃、泣きながらこの本を読み終えた記憶があります。 交通事故で亡くなってしまった10歳の男の子ハリーが、やり... もっと読む

月と六ペンス (新潮文庫)

4178
4.17

感想・レビュー

きっかけは『角野栄子さんと子どもの本の話をしよう』で、対談相手だった金原瑞人さんの翻訳本として紹介されていたため。そんなわけで、いくつもある翻訳から新潮文... もっと読む

チョコレート・アンダーグラウンド

3989
3.81

感想・レビュー

チョコレート禁止令! チョコレート大好きなわたしは、もしこんな世界になったら禁断症状でとんでもないことになりそう。 「リンゴさくさく気分を」 「... もっと読む

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

2969
3.81

感想・レビュー

赤毛でそばかすいっぱいのおしゃべりなカーリーと 濃い髪色で手足の長いほっそりしたメレディスが 老魔女姉妹に奪い取られた体を取り戻すドキドキハラハラの冒... もっと読む

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

2427
3.28
メイソン・カリー 2014年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

欧米を中心に、著名人たちの日常を記した本です。 日本人で唯一載っていたのは、村上春樹さん。 早起きして仕事して、家事をする。走ったり泳いだりして、早く寝... もっと読む

バーティミアス (1) サマルカンドの秘宝

2362
3.88

感想・レビュー

こんなガッツリしたファンタジーを読むのは久々だった。 原題は"THE AMULET OF SAMARKAND The Bartimaeus Trilog... もっと読む

バーティミアスII ゴーレムの眼

1454
3.86

感想・レビュー

『バーティミアス』三部作の第2巻。 原題は"THE GOLEM'S EYE The Bartimaeus Stroud Vol.2"、初出は2004年。 ... もっと読む

バーティミアス (3) プトレマイオスの門

1354
4.12

感想・レビュー

多くの言葉はいらない…! これはめちゃくちゃ面白いファンタジーだった。 特にこの最終巻が圧巻。クライマックスからのラストがね。すごいんよね…!(語彙が足り... もっと読む

天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

1195
3.16
メイソン・カリー 2019年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

210110*読了 「天才たちの日課」もずっと気になっていたけれど、同じ女性として、女性の天才たちの日課が気になって仕方なくて、女性編をまず読むことにしま... もっと読む

国のない男

1182
3.76

感想・レビュー

アメリカ政府、戦争、競争など、世の中の不条理に対する皮肉、ユーモアはモヤモヤしているときにスッキリさせてくれるし、なるほどな、と納得させてくれる説得力があ... もっと読む

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

1157
4.04

感想・レビュー

パキスタンのマザー・テレサ。舞台は、ヒラリーの『困難な選択』、ミシェルの『マイ・ストーリー』とリンクする。オバマ政権においてパキスタンは犯罪国家のように捉... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

945
3.49
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家や俳優、映画監督たちたくさんが、おやつの思い出を書いていて、読んでいるとほっこりした。何故って、結局それぞれの小さいころの懐かしい気持ちが書かれている... もっと読む

刑務所図書館の人びと―ハーバードを出て司書になった男の日記

910
3.58

感想・レビュー

米国で刑務所の図書館に司書として雇われたユダヤ人の若者によるノンフィクション。 刑務所という極限的であり、多くのものが制限される環境で、図書館が受刑... もっと読む

不思議を売る男

836
3.78

感想・レビュー

ラストの解釈が難しいと感じた。 しかし短編集なので、読書初心者の私でも読了することができた。 多様な国を題材にしていて、どの物語も引き込まれるものだっ... もっと読む

終わらない夜

764
3.77

感想・レビュー

夏に涼しげなヒヤーっとする絵本を、と選んだら、先日読んだ「どこでもない場所」と同じ人の本だった。 今回は闇に潜むもの、闇に滲むものが続く。 回廊でのコレは... もっと読む

翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK

747
3.99
金原瑞人 2019年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

始めてみるタイプのブックガイドで、読み物としてかなり楽しい。 CDサイズの「Book Mark」というフリーペーパーがあるが、毎号テーマに合わせYA向け... もっと読む

リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険

692
4.26

感想・レビュー

勉強好きで好奇心旺盛な小ネズミが、仲間たちに会いにいくために、空を飛んでアメリカを目指そうという、大胆な発想から展開していく、レトロなSF感が好きな人には... もっと読む

さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

688
3.91
ジョン・グリーン 2013年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョン・グリーンさんの 『THE FAULT IN OUR STARS』 翻訳本『さよならを待つふたりのために』 金原瑞人•竹内茜訳 去年1番泣いた本。... もっと読む

レイチェルと滅びの呪文

665
3.54

感想・レビュー

この本の表紙に1ページ読んだだけで、すいこまれた〜みたいな既読のコメントが書いてあったので、すごーく読む前にしらけてしまった(笑)。 でも、読んでいくうち... もっと読む

幸せな王子

662
4.05

感想・レビュー

「幸せな王子」は、戯曲「サロメ」で知られるオスカー・ワイルドによる、子供向け短編小説。 王子の像がツバメの力を借りて、自分に使われている宝石を貧しい人々に... もっと読む
全781アイテム中 1 - 20件を表示

金原瑞人に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×