鈴木三重吉のおすすめランキング

鈴木三重吉のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木三重吉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『古事記物語』や『新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)』や『桑の実 (岩波文庫)』など鈴木三重吉の全209作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

古事記物語

118
3.53
鈴木三重吉 電子書籍 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おしりにしっぽがついた人たち、鍵穴から出入りする神、ワニ、八咫烏など、おもしろキャラがどんどんと登場する一方で、権力者が美しい娘や権力の座をめぐり、殺し合... もっと読む

新版 古事記物語 (角川ソフィア文庫)

85
3.56
鈴木三重吉 2003年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦前のものなので、皇室を貶すようなことは書けなかったのかな、と思いながら読んでいました。古事記には吉備の乱のことは書いてなかったかしら。やはり、児童向けと... もっと読む

桑の実 (岩波文庫)

58
4.00
鈴木三重吉 1997年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上村松園が描く普通の女の人の美しさを思い出した。ゆったりしてさっぱり。 ku:nel系きちんとした生活に憧れる人もうっとりするかも。 もっと読む

古事記物語

33
3.71
鈴木三重吉 2009年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017.7.7 もっと読む

(061)俤 (百年文庫)

27
3.20
水上瀧太郎 2011年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水上瀧太郎『山の手の子』 ネルヴァル『オクタヴィ』 鈴木三重吉『千鳥』 もっと読む

古事記物語 (角川文庫 緑 23-3)

26
3.60
鈴木三重吉 1955年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古事記関連の本はいくつか読みましたが、この本は古いにからか読みにくい感じがしました。初めて古事記本を読むなら、別の本の方がいいかもしれません。 もっと読む

恋って、どんな味がするの? (読書がたのしくなるニッポンの文学)

20
3.33
新美南吉 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新美南吉の「花を埋める」淡い初恋からの現実にぶち当たる青少年のリアルさ・・・い、痛々しいな・・・。 太宰治の「葉桜と魔笛」せ、切ないやんけ・・・。薄情な恋... もっと読む

千鳥 他四篇 (岩波文庫)

18
4.00
鈴木三重吉 1935年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石の「文鳥」に彼が出てきたので、読んでみた。なんていうか、あぁちくしょう!って思った。洒落てるし、24歳でこれを書くのかと思うとやっぱり、ちくしょう... もっと読む

古事記物語

15
3.38
鈴木三重吉 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神々はスキャンダラスでデンジャラス。 あなたのお子様にも、一度読み聞かせてみては? もっと読む

古事記物語

9
4.50
鈴木三重吉 電子書籍 新字新仮名 2001年11月19日 青空文庫で見る 青空文庫

小さな王国・海神丸 (21世紀版・少年少女日本文学館4)

8
3.50
野上弥生子 2009年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鈴木三重吉「おみつさん」はいまいちよく分からなかったのですが、「小さな王国」と「海神丸」は特殊な状況に置かれた人間がどうなっていくかが描かれており、ぞっと... もっと読む

赤いお馬・湖水の女 (赤い鳥名作童話 1)

6
3.00
鈴木三重吉 1982年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『赤い鳥』創刊者の鈴木三重吉による幻想的な2篇。 アンデルセンの再話である「赤いお馬」、童話的な「湖水の女」 明確な寓意は含まず、物語的な作品。 もっと読む

千鳥

6
5.00
鈴木三重吉 電子書籍 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

湖水の女

5
2.50
鈴木三重吉 電子書籍 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

肩を合図で叩くこと。 殴ることと同意とみなされる。 なんかあんまり好きになれない作品。 というか主人公の夫がかわいそうだ もっと読む

千鳥

4
5.00
鈴木三重吉 電子書籍 新字新仮名 2005年11月19日 青空文庫で見る 青空文庫
全209アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする