鈴木大介のおすすめランキング

プロフィール

1973年千葉県生まれ。文筆業。子どもや女性、若者の貧困問題をテーマにした取材活動をし、代表作として『最貧困女子』(幻冬社新書)などのあるルポライターだったが、2015年、41歳のときに脳梗塞を発症し高次脳機能障害が残る。当事者としての自身を取材した闘病記『脳が壊れた』『脳は回復する』(ともに新潮新書)が話題に。他にも、夫婦での障害受容を描いた『されど愛しきお妻様』(講談社)『発達系女子とモラハラ男』(漫画いのうえさきこ。晶文社)、当事者視点からの実践的な援助ガイドを試みた『「脳コワさん」支援ガイド』(日本医学ジャーナリスト協会賞受賞。医学書院)、当事者と臨床心理士との対話を記録した『不自由な脳』(山口加代子氏との共著。金剛出版)などの著書がある。

「2021年 『壊れた脳と生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木大介のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木大介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『最貧困女子 (幻冬舎新書)』や『脳が壊れた (新潮新書)』や『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』など鈴木大介の全192作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

最貧困女子 (幻冬舎新書)

1854
3.63
鈴木大介 2014年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ショッキングでしたね。いい悪いではなくそういう現実があるということがまず。想像以上です。 こういう現実があるということを社会に知らせるということは大... もっと読む

脳が壊れた (新潮新書)

825
4.07
鈴木大介 2016年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ルポライターの鈴木大介さんが自身が41歳で脳梗塞になり、後遺症として高次脳機能障害になりリハビリしたことを紹介された本です。 ご自身の症状や「半側空... もっと読む

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

384
4.12
鈴木大介 2018年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一時間かけて書いた渾身レビューが消えてしまい、超ブルー。気を取り直して...。 この本はルポライターの鈴木大介さんが書いた愛しき‘お妻様’に向けての... もっと読む

老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)

313
3.98
鈴木大介 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オレオレ詐欺などカネのある高齢者を狙う詐欺犯罪が広がっている。日本社会において、「老人喰い」は若者向けのビジネスであり、決して無くなることはない。と、著者... もっと読む

病と障害と、傍らにあった本。

287
4.27
齋藤陽道 2020年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホントの通販かどこかで、以前読んだ「セルフケアの道具箱」を見ていた時でしょうか。その時にこれもオススメされて。 高いな。と思いつつ、同じ病の方がこの本の... もっと読む

最貧困女子

258
3.62
鈴木大介 電子書籍 2014年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ何年か女性の貧困がしばしば取り上げられるが、その中でも特にセックスワークに従事する貧困女性に注目する。そうした女性たちの貧困は不可視状態、つまり貧困と... もっと読む

貧困を救えない国 日本 (PHP新書)

228
3.92
阿部彩 2018年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→ http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN... もっと読む

脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書)

226
3.90
鈴木大介 2018年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳梗塞を発症し、高次脳機能障害が残った著者から見たとき、どんなことが起きていたかが述べられている一冊。 ご自身の身に起きた変化を、感じた違和感を、ここま... もっと読む

出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで

217
3.40
鈴木大介 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イケダハヤト氏の上半期お勧め本だったか、見かけたので読んでみた。「本書をあらゆる子どもをもつ母親に読んでほしいと思う。」と著者は書いているが、むしろ読むべ... もっと読む

貧困とセックス (イースト新書)

203
3.43
中村淳彦 2016年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「貧困」がキーワード。コンビニとかに置いてある実話誌や男性向けの娯楽誌出身のライター二人の対談集。これほど濃い中身だとは思わなかった。大手マスコミのエリ... もっと読む

最貧困シングルマザー (朝日文庫)

196
3.32
鈴木大介 2015年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シングルマザーの売春の垣根が思いのほか低くなっている。自分の年齢や容姿など、簡単なプロフィールを登録した上で、異性に向けメッセージを書き込む。これに対して... もっと読む

家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 A す 2-1)

189
4.00
鈴木大介 2010年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家出少女たちの、厳しすぎる人生。 なぜ家を「棄てた」のかという背景を知ると、やるせなさを覚えます。 援交。クスリ。借金。リスカ。 寂しさ。不安。 「誰か... もっと読む

ギャングース(1) (モーニング KC)

185
3.93
肥谷圭介 マンガ 2013年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵がちょっとアレですね、読む気無くしますね…なんか人間とは思えない容姿をしているので…バケモノかと初見の時には思いました。 ヽ(・ω・)/ズコー ... もっと読む

「脳コワさん」支援ガイド (シリーズ ケアをひらく)

176
3.95
鈴木大介 2020年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ライターである著者が脳梗塞後の高次脳機能障害の当事者体験と、援助者へ向けてのお願いを綴った一冊。 カラフルでポップな表紙と、語り口調から手に取りやすいで... もっと読む

家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

172
3.66
鈴木大介 2010年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 鈴木大介のルポは、第1弾『家のない少女たち』、第2弾『出会い系のシングルマザーたち』をそれぞれ読んで、感銘を受けた。  第3弾にあたる本書は、『家のな... もっと読む

援デリの少女たち

170
3.96
鈴木大介 2012年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

売春組織「援デリ」の少女たちを追うルポ。 ライターの鈴木さんや少女たちに感情移入してしまいながら、夢中になって読みました。 あまり報じられていないこと... もっと読む

振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々

161
3.95
鈴木大介 2013年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詐欺犯罪が組織化するとこんな風になるんだというか、すごい練られ方。「あんなオレオレなんかに引っかかる方が悪い」なんて言葉、あれだけの被害が出ていたら確かに... もっと読む

家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生

157
3.56
鈴木大介 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家出や援交を甘く見てた。 親に虐待されり、学校でいじめられたり、扶養能力がなくて暮らせない、というパターンは考えたことがなかった。施設に入っても、何... もっと読む

里奈の物語

108
3.86
鈴木大介 2019年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生々しく、実質感はあるが、価値観に共感できない。きれいごとではなく、主人公のような人が増えるとどうなるのか?が不安に。 もっと読む
全192アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×