鈴木孝夫の人気ランキング

プロフィール

1943年岩手県生まれ。三菱系エレベーター会社を経て1967年に独立創業し、鈴木エレベーター工業(現在のSECエレベーター)を1970年に設立。独立系エレベーター保守会社という新しい業態を日本に誕生させる。エレベーターの構造を知り尽くす「技術屋」で、ビジネスの面でもエレベーター業界の風雲児として活躍する。

「2017年 『技術屋が語るユーザーとオーナーのためのエレベーター読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木孝夫の人気ランキングのアイテム一覧

鈴木孝夫の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『武器としてのことば (鈴木孝夫著作集 4)』や『日本語と外国語 (鈴木孝夫著作集 5)』や『あなたは英語で戦えますか: 国際英語とは自分英語である』など鈴木孝夫の全75作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

武器としてのことば (鈴木孝夫著作集 4)

7
5.00
鈴木孝夫 2000年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言語学、英語だけでなく、社会学を考えるときにも避けて通れない偉人・変人鈴木孝夫先生の傑作。 もっと読む

日本語と外国語 (鈴木孝夫著作集 5)

5
5.00
鈴木孝夫 1999年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「外国語を学ぶことは見知らぬ国を旅することに等しい」という格言があったと思うんだけど。ググっても出てこない。 外国語を知らない者は、自国語についても... もっと読む

あなたは英語で戦えますか: 国際英語とは自分英語である

32
4.50
鈴木孝夫 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

34頁:コロンブス、それからピサロ、コステロという人たちが先だって、新大陸をどんどん侵略してスペインの領土にした。 ・コステロ。未詳。エルナン・コルテス... もっと読む

新書841下山の時代を生きる (平凡社新書)

24
4.50
鈴木孝夫 2017年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本文明はこれからの世界全体の文明に対して立派な手本になれる。 その要素があるに気づいていない。 そのことが語られている。 もっと読む

閉された言語・日本語の世界 (新潮選書)

82
4.08
鈴木孝夫 1975年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むのは3回目です。 もっと読む

対論 言語学が輝いていた時代

28
4.08
鈴木孝夫 2008年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これまでほとんど接点のなかった言語学の碩学による討論。鈴木さんの話はだいたい知っているから、あまり新鮮みはない。日本語における漢字の音訓の問題にしても、... もっと読む

アメリカを知るための英語、アメリカから離れるための英語

8
4.00
鈴木孝夫 2003年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人は人間に絶望したことのない幸福な民族。 これから国際化の時代は日本人は人間のドン底を見る覚悟が必要。もっと世界で日本語教を増やそう。日本語を国連公... もっと読む

日本人はなぜ英語ができないか (鈴木孝夫著作集 7)

7
4.00
鈴木孝夫 2000年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人はずっと、自分たちは世間知らずな田舎者だって自覚していたんだろうな。 それが劣等感になってる。 国の在り方と個人の在り方って、似てしまうもの... もっと読む

日本人はなぜ日本を愛せないのか (新潮選書)

139
3.96
鈴木孝夫 2005年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと過激な内容だが面白い。 もっと読む

ことばの人間学 (新潮文庫)

34
3.80
鈴木孝夫 1981年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【64/150】50円で古本屋で買ったのだが、鈴木先生に申し訳ないと思いながらも楽しく読んだ。もう30年以上前に書かれたエッセイだが、震災もあったこともあ... もっと読む

ことばと文化 (岩波新書)

1154
3.78
鈴木孝夫 1973年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本語と英語。 同じ概念を表すように見える言葉でも、違いがある。 そのことばの表す範ちゅうの違い・・・その違いがどこから来るのか・・・。 ことばの問... もっと読む

日本の感性が世界を変える: 言語生態学的文明論 (新潮選書)

49
3.75
鈴木孝夫 2014年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西欧文明はその根幹が人間中心主義  日本人 論理でなく感性を重視し、出来る限り他者に善悪の二社選択を迫ることを避ける伝統的な生き方 フランス語 tat... もっと読む

人にはどれだけの物が必要か―ミニマム生活のすすめ (中公文庫)

86
3.73
鈴木孝夫 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は1999年7月に出版されてるので、2015年現在だと16年前になる。 タイトルの通り、「人はどれだけの物が必要か」ということで今で言うエコでサス... もっと読む

ことばの社会学 (新潮文庫)

38
3.69
鈴木孝夫 1991年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会言語学者である著者のエッセイや講演を収めた本。言葉を切り口にした文化論、国際社会に向けての提言、物質文明批評などのテーマが扱われている。 もっと読む

英語はいらない!? (PHP新書)

62
3.61
鈴木孝夫 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本はちょっと前に出版されているけど、成毛さんの本より説得力があり、なるほどと思わされる。日本人で英語が本当に必要なのは一部のエリートということは理解し... もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする