鈴木智彦のおすすめランキング

プロフィール

鈴木 智彦(すずき ともひこ)
1966年生まれのカメラマン、ライター、ジャーナリスト。日本大学芸術学部写真学科へ入学後、すぐに中退。スタジオマン、アシスタント、フリーカメラマンを経て『実話時代』編集部入社。2000年にフリーのカメラマン兼ライターとなる。ヤクザ・暴力団に詳しい「暴力団取材のエキスパート」。
代表作に、映画化された『我が一家全員死刑』、『潜入ルポ ヤクザの修羅場』、『ヤクザと原発 : 福島第一潜入記』。
築地市場への潜入労働も行った『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』を、豊洲市場の開場日2018年10月11日に刊行。

鈴木智彦のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木智彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』や『ヤクザと原発 福島第一潜入記』や『潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)』など鈴木智彦の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う

738
3.72
鈴木智彦 2018年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ヤクザ(専門)ライター」として名高い、鈴木智彦さんの最新刊。潔いまでの書名のインパクトに、思わず手に取ってしもうた。 日本全国の名だたる港町・魚河... もっと読む

ヤクザと原発 福島第一潜入記

481
3.54
鈴木智彦 2011年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「原発はタブーの宝庫。だからオレらが儲かる」ある地方の暴力団組長が発した言葉と実際に現場に実を置いた筆者だからこそ書ける衝撃のノンフィクションです。作者の... もっと読む

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)

350
3.50
鈴木智彦 2011年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤクザの取材を専門とする記者が、ヤクザについて語ったもの。15年にも及ぶ取材歴をもち、ヤクザに密着しながらさまざまな経験をしており、説得力があるとともに興... もっと読む

教養としてのヤクザ (小学館新書)

249
3.67
溝口敦 2019年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「暴力団取材に精通した二大ヤクザライターによる集中講義」と、版元がつけた惹句にはある。 実際には「講義」というほど堅苦しい内容ではなく、楽しい対談集である... もっと読む

誰も書けなかった日本のタブー (宝島SUGOI文庫)

176
2.63
西岡研介 2009年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

往年の別冊宝島のエッセンスを集めたような内容。特に、サプライズな内容は当然なし。文庫本だし、当然。 もっと読む

ヤクザと原発 福島第一潜入記 (文春文庫)

164
3.16
鈴木智彦 2014年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤクザ記者が原発作業に従事した(するまでの記述も多いが)先入ルポ。 比婆山麓旅行中に一気に読了。 寝屋川事件の容疑者といい、訳あり従業員が多い印象あり... もっと読む

ヤクザ1000人に会いました!

131
3.08
鈴木智彦 2011年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

血液型をアンケートにとるのが面白い もっと読む

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 (小学館文庫)

99
3.22
鈴木智彦 2017年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数日の間に4人を殺害し一家全員が死刑判決を受けた事件の実行犯である次男の手記。書いてあることが突拍子もなさすぎて、読みながらつい声を上げて「えぇー?」って... もっと読む

ヤクザときどきピアノ

91
4.43
鈴木智彦 2020年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「なんかよくわからんけど、面白さでは間違いなかろう」と、発売後即買いした本。カバーイラストには、演奏が終わり、演奏者が立つのを合図にドンパチが始まるんじゃ... もっと読む

我が一家全員死刑

89
3.21
鈴木智彦 2010年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

死がなんでもない現実の世界になる。そこには日常と変わらぬロジックがある。やはりそうか!という気持ち。日常の一般人と変わらぬ優しさ、常識的には狂人のような犯... もっと読む

サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

75
4.05
鈴木智彦 電子書籍 2018年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漁業は真っ黒。ごく普通の一般市民として生活していると、暴力団はどこかフィクションの存在のように思える。しかし、もしかしたら今日、昨日食べた魚は奴らの手によ... もっと読む

ヤクザ1000人に会いました! (宝島SUGOI文庫)

69
3.23
鈴木智彦 2012年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤクザジャーナリスト?の著者が最近のヤクザ事情について書いた本。 すごく面白かったw 「指なんかもらっても本当はどうしようもない」とか、それはそうだろう... もっと読む

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)

64
3.30
鈴木智彦 電子書籍 2011年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが鈴木智彦の作品は生々しさがある。加納貢のエピソードはかなり脚色が入っていたと知り驚いた。 もっと読む

山口組 分裂抗争の全内幕

58
3.14
盛力健児 2015年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんかおかしいぞと思ってはいた。後藤組元組長・後藤忠政『憚りな がら』、盛力組元組長・盛力健児『鎮魂 さらば、愛しの山口組』等 広域指定暴力団・山... もっと読む

ヤクザと原発 福島第一潜入記

44
3.67
鈴木智彦 電子書籍 2011年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代暴力団と原発の関係性を生々しく記録した作品。 3.11の東北大震災後、原発復旧作業に筆者自ら作業員として潜り込んでいるだけに、復旧作業の状況記録に重... もっと読む

ヤクザ300人とメシを食いました!

37
3.25
鈴木智彦 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レビュー省略 もっと読む

ヤクザ500人とメシを食いました! (宝島SUGOI文庫)

35
3.00
鈴木智彦 2013年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまり知らないヤクザな世界を知ることができた。 最後の方の各地域のヤクザ勢力解説は正直興味がなくダレたが、実に興味深い一冊だった。 ヤクザを美化している... もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示

鈴木智彦の関連サイト

ツイートする