鈴木涼美のおすすめランキング

プロフィール

鈴木 涼美(すずき すずみ)
1983年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2009年から日本経済新聞社に勤め、2014年に自主退職。
在職中の2013年、修士論文を基にした『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』を刊行し、「紀伊國屋じんぶん大賞2013」29位に選ばれる。2014年、二作目『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』を刊行。この二作が代表作とされる。ほかの作品に『愛と子宮に花束を』『おじさんメモリアル』『オンナの値段』がある。多くのメディアでコラムや対談を行い、活躍中。

鈴木涼美の関連サイト

鈴木涼美のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木涼美のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』や『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』や『おじさんメモリアル』など鈴木涼美の全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

391
3.28
鈴木涼美 2013年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会学ってなんなんだろう いまいちわからない わからない私には単純に、av女優がどんな仕事をしているのかのルポぐらいに感じられてしまった。 当初、明... もっと読む

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

220
2.90
鈴木涼美 2014年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このような生き方もあるのか? まぁあるだろうな。 でも実際のところ、ホンネでどう生きているの?こういう人たちは?? それを知ることで、なぜか自分... もっと読む

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論 (幻冬舎文庫)

48
2.60
鈴木涼美 2016年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夜のオネエサン」がどんなことを考えているのか、という話なのかと思った。作者は社会学者というし。作者本人の夜のオネエサン生活話だった。お金を散財しているよ... もっと読む

オンナの値段

43
3.33
鈴木涼美 2017年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミクロな視点で風俗嬢たちの現実を見てみると、それはとても平凡な女の子たちのリアルな生き方だった。資本主義のスペクタクルにすっかり覆われた彼女たちの視点は時... もっと読む

愛と子宮に花束を ~夜のオネエサンの母娘論~

38
3.67
鈴木涼美 2017年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鈴木涼美さんという著者のことを一切知らずに、ただタイトルでおもしろそうだなーと読んでみた本だったのですがどストライクでした。 慶應卒で東大の修士ってすごい... もっと読む

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論 (幻冬舎単行本)

10
3.14
鈴木涼美 電子書籍 2014年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者と夜の世界の知人たちが描かれているブログっぽいエッセイ。口語も混ざっており、読みづらいです。 もっと読む

「AV女優」の社会学

9
2.67
鈴木涼美 電子書籍 2012年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

視点はおもしろいと思うんだけど、文章が読みにくいというか回りくどいというか。かっこつけて書く学生の論文みたいな感じで疲れる。。。 もっと読む

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

鈴木涼美 電子書籍 2014年12月12日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 784
おカネで買えない愛はほしい。¥nでもそんな退屈なものだけじゃ、満たされない。¥n話題の書『「AV女優」の社会学』著者が赤... もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする