鈴木範久のおすすめランキング

プロフィール

1935年生まれ。専攻、宗教学宗教史学。立教大学名誉教授。近代日本キリスト教研究、とくに内村鑑三研究と日本語の聖書翻訳研究の第一人者。著書:『内村鑑三』『聖書の日本語』『内村鑑三の人と思想』(ともに岩波書店)、『内村鑑三日録』全12巻『近代日本のバイブル』(ともに教文館)、『聖書を読んだ30人』(日本聖書協会)ほか多数。編集:『内村鑑三全集』全40巻(岩波書店)ほか。翻訳:内村鑑三『代表的日本人』(岩波文庫)など。

「2017年 『日本キリスト教史 年表で読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木範久のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木範久のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『聖書の日本語―翻訳の歴史』や『代表的日本人 (岩波文庫)』や『日本キリスト教史』など鈴木範久の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

聖書の日本語―翻訳の歴史

25
3.75
鈴木範久 2006年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は普段新共同訳の聖書を使っています。時々、その日本語になじまない時もあります。今回、この本を読んで、なぜなじまなかったのか、わかった気がします。特に漢語... もっと読む

日本キリスト教史

18
3.00
鈴木範久 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリシタン伝来に始まり、鎖国の際にも日本入国した宣教師シドッチ、そしてキリシタンの発見事件(くずれ、と呼ぶらしい)、明治期に至る幕末・維新後にも高札撤去ま... もっと読む

内村鑑三 (岩波新書 黄版 287)

14
3.00
鈴木範久 1984年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年度秋学期のみ,恵泉女学園大学で非常勤講師をする予定になっている。基本的に大学に常勤を持たない者の非常勤による講義は教養科目になっているため,大抵は新し... もっと読む

内村鑑三 (1984年) (岩波新書)

12
3.33
鈴木範久 1984年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内村鑑三の生涯と思想を簡潔に解説している評伝です。 内村という人物の魅力については、その矛盾的な側面も含めて、著者の文章から十分に伝わってきましたが、彼... もっと読む

知の礎 原典で読むキリスト教

9
3.50

感想・レビュー

【教科書用】ミッション系大学の学部の一般教養レベルで「キリスト教学」「キリスト教概論」を講ずる場合、使いやすい一冊。 価格・内容共にコストパフォーマ... もっと読む

聖書を読んだ30人~夏目漱石から山本五十六まで~

9
5.00
鈴木範久 2017年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代の日本人が聖書とどのように出会い、聖書をどのように読んできたか 賀川豊彦、新島襄、坂田祐らキリスト教の普及に貢献した信徒はもちろんのこと、信徒で... もっと読む

信教自由の事件史―日本のキリスト教をめぐって

7
鈴木範久 2010年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治以降もキリスト教は相当弾圧されたり迫害されていたという事実をなんとなくしか知らなかった。 問題は国家神道に対してだが、有名なのは内村鑑三の不敬事件。 ... もっと読む

日本キリスト教史物語

4
鈴木範久 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本で、何かと「お騒がせな宗教」ともいえるキリスト教が、どのような歴史を辿ったかを大家が平易に語る! もっと読む

テキストで読む日本福祉の夜明け

3
3.00
鈴木範久 2001年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福祉の本なんだけどカテゴリは「キリスト教一般」。それはなぜか?それはこの本が扱っている活動のすべてがキリスト教関係だからです。著者がクリスチャンということ... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする