鈴木貞美のおすすめランキング

プロフィール

1947年山口県生まれ。
東京大学文学部仏文科卒業。国際日本文化研究センターおよび総合研究大学院大学名誉教授。
おもな著書に『「生命」で読む日本近代──大正生命主義の誕生と展開』(NHKブックス)、『「日本文学」の成立』『近代の超克──その戦前・戦中・戦後』(ともに作品社)、『日本の文化ナショナリズム』『戦後思想は日本を読みそこねてきた──近現代思想史再考』『日本語の「常識」を問う』『入門 日本近現代文芸史』(以上、平凡社新書)、『日本人の生命観──神、恋、倫理』(中公新書)、『自由の壁』(集英社新書)などがある。

「2016年 『日記で読む日本文化史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木貞美のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴木貞美のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本の文化ナショナリズム (平凡社新書)』や『日本人の生命観―神、恋、倫理 (中公新書)』や『新書825日記で読む日本文化史 (平凡社新書)』など鈴木貞美の全104作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本の文化ナショナリズム (平凡社新書)

65
3.11
鈴木貞美 2005年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教科書チックで勉強になる本。中国語や韓国語にも翻訳されているようです。  著者HP <http://sadamisuzukihp.jp/index... もっと読む

新書825日記で読む日本文化史 (平凡社新書)

37
2.25
鈴木貞美 2016年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<目次> 序章 日記の文化史へ 第一章 公権力は、なぜ、日記を必要としたか 第二章 古代 私的「日記」の多様な展開 第三章 中世紀行文の成立と展開 第四章... もっと読む

新書501戦後思想は日本を読みそこねてきた (平凡社新書)

33
3.50
鈴木貞美 2009年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1章 戦後思想は日本を読みそこねてきた(引き裂かれた日本―大江健三郎「あいまいな日本の私」;読まれそこないの戦争詩―吉本隆明『抒情の論理』;融合論はもう... もっと読む

高校生と考える人生のすてきな大問題 (桐光学園大学訪問授業)

33
3.25
五十嵐太郎 2017年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

▼配架場所・貸出状況 http://opac.hoshi.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=2... もっと読む

自由の壁 (集英社新書)

19
3.33
鈴木貞美 2009年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本思想史の中から、「自由」という概念をめぐる諸問題について論じている本です。 まずは、伝統的な「自由」の理解の背後に陽明学の影響があったことが、ややく... もっと読む

「日本文学」の成立

17
鈴木貞美 2009年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮2010/1書評より もっと読む

「生命」で読む日本近代―大正生命主義の誕生と展開 (NHKブックス)

13
3.50
鈴木貞美 1996年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自然との共生、地球は大きな生命体・・・という標語のなか、「生命」をスーパーコンセプトにという動きがある。時代の合言葉にはそれを支える気風があるが、日本近代... もっと読む

「近代の超克」――その戦前・戦中・戦後

13
4.00
鈴木貞美 2015年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りてイッキに読んだ。 もっと読む
全104アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする