鈴村進のおすすめランキング

鈴村進のおすすめランキングのアイテム一覧

鈴村進のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『中村天風「勝ちぐせ」のセオリー―自分の中に信じられないほどの力が出る!』や『名指導者 上杉鷹山に学ぶ―試練の時 何をすべきか、どこまでやれるか』や『交渉人 勝海舟―対話と圧力、駆け引きの名手』など鈴村進の全40作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

中村天風「勝ちぐせ」のセオリー―自分の中に信じられないほどの力が出る!

48
3.64
鈴村進 1994年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

緊張はゆっくり時間をかけて解くのがコツ "カラ元気"も出し方でいつかは本物になる 今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず 恐るべき殺し文句「いい話を聞かせてく... もっと読む

名指導者 上杉鷹山に学ぶ―試練の時 何をすべきか、どこまでやれるか

43
3.75
鈴村進 1997年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

養子として上杉家に入り、回復不可と思われるほど壊滅的な状態であった米沢藩を回復した名主。 行いは本当に人徳に優れている。 現代にいたら、名経営者になっ... もっと読む

交渉人 勝海舟―対話と圧力、駆け引きの名手

34
3.25
鈴村進 2010年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田松陰関係の本を読みたくてね…見当たらなくて借りたので、 やっぱ、今読みたい本じゃなかったな…って感じ(^^; 面白いんだけど、どうしてもビジネスパ... もっと読む

上杉鷹山に学ぶ (知的生きかた文庫)

28
4.67
鈴村進 1992年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「龍馬とカエサル」に上杉鷹山の名があり、故人について書かれたこの本を手にとった。 ケネディ大統領が最も尊敬する政治家に挙げる知る人ぞ知る偉人だ。 何度も... もっと読む

中村天風「勝ちぐせ」のセオリー (知的生きかた文庫)

22
3.71
鈴村進 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勤め先の社長(元京セラの稲森さんを崇拝)がお薦めしてくれた本。 これは天風本人の口から言葉を聞かないと、書物では迫力が伝わらないなあという印象。なんだかも... もっと読む

しがみつかない――『徒然草』のススメ (知的生きかた文庫)

16
3.00
鈴村進 2010年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

力んだ肩をトントンと叩いて「力を抜いてだいじょぶだよ!」と言ってくれているような本。 地位や財産、評価を保つためには、過大な努力をしなければならない。 自... もっと読む

上杉鷹山「奇跡」の経営―名改革者の「志と知恵と活力」!

13
3.67
鈴村進 2009年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上杉鷹山の改革を現在のビジネス、経営と重ね合わせて紹介した本。 過去の常識にとらわれず常に新しい対策を、人の気持ちが納得した上ですすめる。トップダウンで... もっと読む

名指導者上杉鷹山に学ぶ

10
3.67
鈴村進 1992年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鷹山と細井平洲について知りたくて読書。 上杉鷹山という人物が封建社会の江戸時代にどうして誕生したのか。教えを受けた師である細井平洲の影響が大きいのだ... もっと読む

中村天風 成功する人―何が自分を強くし、賢くするのか!

10
4.00
鈴村進 1997年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”どうでもいい”ことほど、しっかりけじめをつけておけ!! 「大変だ。困った。」とわめくのは決まって仕事が出来ない人。 冷静な気持ちで真正面から仕事... もっと読む

山岡鉄舟に学ぶ人間の器―敵も味方も惚れ込む人望力

9
4.50
鈴村進 1996年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

禅と無刀流が知りたくて読んでみたのですが、ビジネスのための平常心の本といったところです。でも十分一読の価値有り もっと読む

早わかり「徳川三代」―家康・秀忠・家光の「知略・謀略」の人間ドラマ (知的生きかた文庫)

6
3.00
鈴村進 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家康・家光の陰に隠れて印象が薄かった 秀忠について知れたというのはよかったと思います。 しかし、全体的にごちゃごちゃしてるなあ。 もっと読む

中村天風「勝ちぐせ」のセオリー (知的生きかた文庫)

6
3.67
鈴村進 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも運命の一冊。 何も知らない原始人だった大学2年当時の俺は、当時好きだった人から誕生日にプレゼントされたこの本によって、人類としての一歩を踏み出せま... もっと読む

細井平洲と上杉鷹山―危機・困難を乗り切る! (知的生きかた文庫)

5
3.50
鈴村進 1999年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

細井平洲について知りたくて読書。 よい師匠を持ったからこそ江戸中期の偉人上杉鷹山を誕生させたのだと分かる。現在でもよいメンターを持つことは自分を謙虚... もっと読む
全40アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする