鎌田慧のおすすめランキング

プロフィール

ルポライター。『残夢――大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』(金曜日)、『大杉栄――自由への疾走』(岩波現代文庫)など、明治大正期の社会主義者、無政府主義者を描いた作品も多い。「さようなら原発」運動、「戦争をさせない」運動などの呼びかけ人。

「2017年 『軟骨的抵抗者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田慧のおすすめランキングのアイテム一覧

鎌田慧のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ドキュメント 屠場 (岩波新書)』や『自動車絶望工場 (講談社文庫)』や『原発列島を行く (集英社新書)』など鎌田慧の全271作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ドキュメント 屠場 (岩波新書)

307
3.46
鎌田慧 1998年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

105円購入2012-07-06 もっと読む

自動車絶望工場 (講談社文庫)

237
3.53
鎌田慧 1983年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本が学生時代の課題図書として読んだ本です。 当時の期間工体験のルポルタージュです。 日記帳になっており、作業の過酷な様や、職場のヒューマニズムなどを、... もっと読む

原発列島を行く (集英社新書)

145
3.50
鎌田慧 2001年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(*01) 原発について、福島の事件事故の以前(*02)の原発に否定的な言説を確認すべく手にとった。列島とあるからには北海道や九州、四国も取材され、また... もっと読む

新装増補版 自動車絶望工場 (講談社文庫)

104
3.96
鎌田慧 2011年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本の内容】 働く喜びって、何だろう。 自動車工場で働きはじめた34歳のぼくを待っていたのは、人間性を奪うほど苛酷で絶望的な仕事だった。 考... もっと読む

空港<25時間> (講談社文庫)

75
3.50
鎌田慧 2010年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パイロット、フライトアテンダントのことはよく紹介されるが、本書はそれ以外の色々な「空港・飛行機を支える人々」についても紹介している。 機長、パーサーのほか... もっと読む

反骨のジャーナリスト (岩波新書)

73
3.41
鎌田慧 2002年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

反軍を貫いた桐生悠々、「過激にして愛嬌あり」の宮武外骨は今更 語るまでもないだろう。 本書での異色の扱いは「青鞜」を創刊した平塚らいてうや、関東大震災後... もっと読む

日本の原発危険地帯

69
3.56
鎌田慧 2011年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1980年代に原発建設予定地を取材した鎌田彗氏のルポタージュ。3・11を経験した今となっては「安全神話」に踊らされた誘致派と反対派の対立はまさに滑稽としか... もっと読む

橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)

61
3.37
鎌田慧 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時だいぶ話題になった事件のルポ。 特に取材もなく書かれたものなので事件の概要をつかむ以外に価値なし。当初、事故として扱われていた一件は、その後の被告人... もっと読む

橋の上の「殺意」―畠山鈴香はどう裁かれたか

56
3.29
鎌田慧 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「畠山鈴香は人間ではない」と、それでもあなたは言いますか?33歳のシングルマザーは何故、幼い命を手にかけたのか?死刑判決待望論に挑み、「破滅」と「殺意」の... もっと読む

ぼくが世の中に学んだこと (岩波現代文庫)

46
3.85
鎌田慧 2008年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電車の中で本書を読み終わり、静かに本を閉じて、なにげなく顔を上げてみれば、周りはスマホをいじっている人だらけ。 生産の前に消費などありえず、誰もが持って... もっと読む

ルポ 下北核半島――原発と基地と人々

44
3.80
鎌田慧 2011年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三沢についての著作を記してきた斉藤記者とルポライターの鎌田慧氏の共著。斉藤記者は三沢、鎌田は六カ所を担当。三沢の最新事情を知りたくて購入。 もっと読む

人権読本 (岩波ジュニア新書)

42
3.17
鎌田慧 2001年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常とは錠を超えると言う意味で無常ではない。非常さは規格化、効率、能率に言い換えることが出来る(P.50) もっと読む

生きるための101冊 (岩波ジュニア新書 (302))

38
3.70
鎌田慧 1998年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

左翼文化人の読書案内。 もっと読む

教育工場の子どもたち (講談社文庫)

33
2.91
鎌田慧 1986年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普遍的な教育テーマを扱ってるかと思ったら、30年前の特定の地域の事例を上げて苦言を呈しているだけの本だった。 もっと読む

狭山事件の真実 (岩波現代文庫)

32
3.91
鎌田慧 2010年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冤罪事件として有名な狭山事件だが、ほとんどなにも知らないまま映画「見えない手錠をはずすまで」を見に行こうとしていた。都合が悪くなりつきいち上映会に行けなく... もっと読む

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

31
3.00
鎌田慧 2003年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 はるか昔、国立2期校(古い・・・)には合格したものの親不孝して浪人した予備校の寮で(Life深夜の部室のように)だべっていたとき、(姫路から来た地元の高... もっと読む

脱原発とデモ: そして、民主主義

31
3.00
瀬戸内寂聴 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 「原発いらん!!」各界の著名人たちが脱原発に向けて様々な角度から発言、メッセージを発信している。その一部を集めた一冊です。巻末の「原... もっと読む

大空港25時

30
4.00
鎌田慧 1996年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

CA、スタッフの仕事の部分を中心に読んだが仕事の厳しさを痛感した。特に体力面でかなりきつそう。そしてサービス面でもかなり気を遣いそうだし並大抵の仕事ではな... もっと読む

ぼくが世の中に学んだこと (ちくま文庫)

28
3.67
鎌田慧 1992年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎌田さん、40代半ばのころの著作。若者向けに書かれたとのことだが、50を過ぎたわたしにとっても、十分に勇気づけられる。まさにカンフル剤だった。鎌田さん、大... もっと読む
全271アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする