鏑木蓮のおすすめランキング

プロフィール

1961 年生まれ。2006 年「東京ダモイ」で第52 回江戸川乱歩賞受賞。2013 年には『白砂』が25 万部越えのベストセラーとなる。『思い出探偵』『エンドロール』『見えない鎖』など著書多数。

「2019年 『見えない轍』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏑木蓮のおすすめランキングのアイテム一覧

鏑木蓮のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『白砂 (双葉文庫)』や『エンドロール (ハヤカワ文庫JA)』や『イーハトーブ探偵 ながれたりげにながれたり: 賢治の推理手帳I (光文社文庫)』など鏑木蓮の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

白砂 (双葉文庫)

1037
3.06
鏑木蓮 2013年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書店で帯を見て。 帯には、「涙腺崩壊」「美しいラスト」なんて書いた本が、通路に向け沢山立てかけて陳列してあるものだから、店員さんのよっぽどのオススメなん... もっと読む

エンドロール (ハヤカワ文庫JA)

292
3.73
鏑木蓮 2014年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公、映画監督になることを夢見ながら、アパート管理のバイトをする青年。彼が管理を担当するアパートで独居老人の孤独死が起きる。遺品の中には8ミリ・フィルム... もっと読む

イーハトーブ探偵 ながれたりげにながれたり: 賢治の推理手帳I (光文社文庫)

176
3.22
鏑木蓮 2014年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は宮澤賢治が好きで、友人といつか必ず花巻に行こうと計画している程なのだが、そんな私が「イーハトーブ」に反応しないわけがない。 このお話は、なんと!その... もっと読む

思い出探偵 (PHP文芸文庫)

162
3.41
鏑木蓮 2013年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元京都府警の刑事だった実相浩二郎は、京都御苑の近くに「思い出探偵社」を構える。 依頼人の話を聞き、わずかな手がかりから思い出を探す仕事だ。 62年... もっと読む

東京ダモイ

161
3.18
鏑木蓮 2006年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シベリア抑留の話はグッとくるものがあるが、夢中で読んだいい作品だった。 もっと読む

京都西陣シェアハウス ~憎まれ天使・有村志穂~

159
2.95
鏑木蓮 2013年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん…実質☆2.5かな。 京町家、昔機場だった家をシェアして住む4世帯。交通事故で精神を病んだ男性一家、上司と不倫をし会社の悪事に手を染めようとしてい... もっと読む

東京ダモイ (講談社文庫)

155
3.50
鏑木蓮 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーとしても読ませるが、物語の鍵となっているシベリア抑留に関する描写に引き込まれた。フィクションではあるものの、巻末の参考文献には数々の手記が並んで... もっと読む

思い出探偵

151
3.33
鏑木蓮 2009年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほのぼのとしたお話と思っていたら、初めからかなり重い。 息子を自殺で失い、死の真相を未だに追う元刑事。妻はショックからお酒に溺れ、なんとか立ち直ってきたと... もっと読む

時限 (講談社文庫)

149
3.24
鏑木蓮 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

血のつながりがあるから家族なのではなく、時間を共有して初めて家族となれる。 むろん時間は長さだけではなく深さも必要だ。 もっと読む

しらない町

139
3.52
鏑木蓮 2011年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいる途中から身体中に何かががざわざわと逆流していくのを感じた。 それは今、ここに生きている自分自身を自覚せよ、という声無き声のようで。  60数... もっと読む

見えない鎖 (潮文庫)

125
3.29
鏑木蓮 2016年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父親を殺された事件の真相をまわりの助けを受けながら追及していく娘の成長を描いています。 見えない鎖 は家族を失い一人きりになってしまった主人公ではある... もっと読む

甘い罠 ――小説 糖質制限食

118
2.91
鏑木蓮 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆5つ タイトルからは官能小説を想像する・・・のは、きっとわたしだけだな。すまぬ。 この作家、鏑木蓮の作品を今まで読んでいなかったと思う。この本を... もっと読む

思い出をなくした男

116
3.53
鏑木蓮 2011年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.03.02 記憶と思い出は違う。思い出は気持ちが入っている。 「自分を励ますための一番の方法とは何か」「それは、だれかを励まそうと努力することで... もっと読む

救命拒否

115
3.08
鏑木蓮 2010年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

救命医の爆死事件の犯人を追う刑事の物語。真相に近づくにつれ明らかになる救急医療現場での救命士の現状なども興味深く、考えさせられた。今まで読んだこの著者の作... もっと読む

白砂

107
3.16
鏑木蓮 2010年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

目黒刑事が追う、予備校生殺人事件の真相は・・・ なんか、雰囲気がとてもよいし、丁寧に書かれているなと感じた。 この人、いつも最新作がベストと思えるかも... もっと読む

デッド・オア・アライヴ

106
2.94
薬丸岳 2013年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンソロジーのいいところは、ふだんは手に取らない作家の作品に触れられるというところ。 横関大さんと鏑木蓮さん目当てで買ったのだが、他の作家さんの作品も面... もっと読む

P・O・S: キャメルマート京洛病院店の四季 (ハヤカワ文庫JA)

96
3.29
鏑木蓮 2017年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大手コンビニ「キャメルマート」の病院内の店長として単身赴任した小山田。 売り上げの数字がすべてだというコンビニ本部の意向に逆らい、 病院という特殊な場... もっと読む

救命拒否 (講談社文庫)

94
3.28
鏑木蓮 2013年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トリアージ・タッグを題材にした所、命の優先順位に苦悩する救命に目を付けた所は凄く良かったんだけど、物語り全体が軽い感じになってる様に感じてしまいました。と... もっと読む

転生 (角川文庫)

94
3.56
鏑木蓮 2015年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どんな人間もみな等しく葛藤がある。社会的地位や年齢や性との関わりなく葛藤なしに生きる人はいない。その意味ではみな平等だ。 もっと読む

真友

91
3.12
鏑木蓮 2011年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品も面白かった。本当に一気読みでした。でも、主人公はどっち?父親を殺された方か?それとも、父親を殺した方か?実際は父親は、殺人をしてはいないのだが…... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする