長島良三のおすすめランキング

プロフィール

1936−2013。出版社で翻訳書等の編集をつとめるかたわら翻訳をはじめ、1975年より専業となる。おもにフランス文学を手がけ、モーリス・ルブラン、ボワロー&ナルスジャック、ジョルジュ・シムノン、フレデリック・ダール等のミステリーのほか、『エマニエル夫人』『O嬢の物語』等、幅広い訳書を多数残す。

「2022年 『夜のエレベーター』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長島良三のおすすめランキングのアイテム一覧

長島良三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オペラ座の怪人 (角川文庫)』や『壁抜け男 (角川文庫)』や『奇岩城 (アルセーヌ・ルパン全集 (4))』など長島良三の全217作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オペラ座の怪人 (角川文庫)

1357
3.57
ガストン・ルルー 2000年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までなんとなくストーリーは知っていたけれど、改めて読むと…「こんなに面白かったのか!」と感嘆。 謎が投げ掛けられ、徐々に解かれていくストーリー... もっと読む

壁抜け男 (角川文庫)

108
3.77

感想・レビュー

・全体を通して 大人のための童話集。一文目からトンデモ能力を設定されている主人公が最終的には恋愛絡みで破滅するパターンがちらほら。(「変身」「七里のブーツ... もっと読む

奇岩城 (アルセーヌ・ルパン全集 (4))

96
3.79

感想・レビュー

女に弱いぜルパン(再び) もー女が絡むとダメな男ねルパン! 女関係でピンチに陥りすぎです(笑) 恋多き男は素敵ですが、本当女に弱いね~。 ... もっと読む

ルパンの冒険 (アルセーヌ・ルパン全集 (3))

86
3.71

感想・レビュー

女に弱いぜルパン(笑) そんなところが素敵だけど(笑) 刑事さんの名前が違ってたから戸惑ったけど、ライバルは変わらなかったんだな。 もっと読む

ルパンの告白 (アルセーヌ・ルパン全集 (8))

72
3.61

感想・レビュー

ルパンシリーズは、長編よりも短編の方が冴えるのかもしれない…と思った。 少なくとも私にとっては、奇巌城よりは面白かった。 唯一、「地獄の罠」を除い... もっと読む

八点鐘 (アルセーヌ・ルパン全集 (14))

62
4.19

感想・レビュー

この本は、自分が小学生の時に 今は亡き祖父が買ってくれた本です。 20年近く読んでなくて、今年になって読み始めました。 そしてやっと読み終わ... もっと読む

鉄仮面(上) (講談社文芸文庫)

54
3.75

感想・レビュー

元々日本語で書かれたと思える程に、日本語に不自然な感じのない、素晴らしい訳。 もっと読む

謎の家 (アルセーヌ・ルパン全集 (18))

51
3.64

感想・レビュー

(メモ:中等部1年のときに読了。) もっと読む

ボリス・ヴィアン全集〈12〉醜いやつらは皆殺し

49
3.14

感想・レビュー

一昨日読了。 ヴァーノン・サリヴァン名義で書かれた SFハードボイルド。 青春の書を一冊挙げろといわれたら 迷うことなく「北京の秋」 と... もっと読む

カリオストロの復讐 (アルセーヌ・ルパン全集 (24))

49
3.69

感想・レビュー

カリオストロ夫人の復讐より、年老いたルパンの方に目が行ってしまった。カリオストロ関係は前作のが面白いと思う もっと読む

赤い数珠 (アルセーヌ・ルパン全集23)

47
3.91

感想・レビュー

(メモ:中等部1年のときに読了。) もっと読む

奇岩城 (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

40
3.90

感想・レビュー

奇厳城というタイトルだったような気がする。 少年探偵団シリーズを読み終えたあと、次に母が図書館から借りてきてくれました。 泥棒なのに格好良くて、激しく... もっと読む

ルパンの冒険 (偕成社文庫―アルセーヌ・ルパン・シリーズ)

38
3.58

感想・レビュー

ルパンシリーズってホントに外れないよねー。 この話は実は冒頭の時点で大まかな展開が読めていて、後半でやっぱりなと思っても、でも楽しめた。 ホントに万事休... もっと読む

ブーベ氏の埋葬 【シムノン本格小説選】

35
3.50

感想・レビュー

第二次大戦後のパリ、セーヌ河畔の古本屋で崩れ落ちるように亡くなったブーベ氏。たまたま居合わせた米国人の学生が写真を撮り、それが新聞に載ったことから、平凡な... もっと読む

メグレと殺人者たち (河出文庫)

35
3.70

感想・レビュー

ポアロ、コロンボ、ホームズ、マープルなど、いろんな探偵が今でも長く生き残っているけど、メグレはなんで日本では原作すら絶版になっちゃったのか。その理由を考え... もっと読む

夜のエレベーター (海外文庫)

35
4.50

感想・レビュー

『今わかっているだけで、数ヶ所ちょっと間違いを残してしまいました。読んでいてわかる誤植なんかもありまして、本当に申し訳ない。 恥ずかしいので、ぜひ皆さん... もっと読む

鉄仮面 下 (講談社文芸文庫 ホC 2)

34
3.43
ボアゴベ 2002年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリー展開は、読み始める前に想像していたものとは大きく異なりました。「鉄仮面」という名前の持つイメージからか、「幾多の困難を乗り越え、最後には目的を達... もっと読む

黄色い部屋の謎 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(2) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)

34
3.93
ガストン・ルルー 1998年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

密室!密室!!古き良き時代の、密室!ご都合主義でも楽しめるのは、ミステリーが確立し探偵小説が盛り上がっていく時代のものなのねぇ…と改めて。おもしろかったぁ... もっと読む
全217アイテム中 1 - 20件を表示

長島良三に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×