長沼毅のおすすめランキング

プロフィール

1961年、人間初の宇宙飛行の日、三重県四日市市に生まれる。4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、現在は広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探し、地球外生命を追究しつづけている吟遊科学者。
主な著書に『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』(朝日出版社)、『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』(クロスメディア・パブリッシング)、『ゼロからはじめる生命のトリセツ』(角川文庫)、『生物圏の形而上学 ―宇宙・ヒト・微生物―』(青土社)、『超ヤバい話―地球・人間・エネルギーの危機と未来』(さくら舎)などがある。

「2020年 『我々はどう進化すべきか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長沼毅のおすすめランキングのアイテム一覧

長沼毅のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』や『死なないやつら (ブルーバックス)』や『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』など長沼毅の全89作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

507
3.26
雨宮処凛 2012年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の好きな作家さんが、どんな本を14歳向けにお薦めしているか、興味を持って読み始め、これが見事にはまった。 これは面白い。 一番最初に登場する角田光... もっと読む

死なないやつら (ブルーバックス)

374
3.75
長沼毅 2013年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極限環境に棲んでいる生き物の話がずっと続くのかと思っていたら、もっともっといろんな話が展開されて面白かった。生物学というか生命学、進化論、メタ思考… ... もっと読む

世界をやりなおしても生命は生まれるか?

267
4.00
長沼毅 2011年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(短大図書館) https://fuksi-kagk-u.opac.jp/opac/Holding_list?rgtn=083154 もっと読む

辺境生物探訪記 生命の本質を求めて (光文社新書)

210
4.00
長沼毅 2010年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信州大学の所蔵はこちらです☆ https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB026... もっと読む

地球外生命――われわれは孤独か (岩波新書)

182
3.54
長沼毅 2014年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は天文学者ではなく、生物学者と惑星形成論を専攻する学者による共著。天文学者たちの多くは、地球外にも生命が存在することに楽観的だが、生物学の立場からはき... もっと読む

地球外生命 9の論点 (ブルーバックス)

170
3.70
立花隆 2012年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

9人の最先端な科学者が、それぞれの専門領域から地球外生命あるやなしやを論じてくれる一冊。 「SFの世界でのお話に過ぎないと思われがちだった地球外生命... もっと読む

人間って何ですか? (集英社新書)

125
3.35
夢枕獏 2014年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の長年のテーマである「人間って何?」という問いを、その道のトップの専門家に対談するという形でその一端を知ろうとしたものです。他の著者は池谷裕二、佐藤勝... もっと読む

形態の生命誌―なぜ生物にカタチがあるのか (新潮選書)

107
3.45
長沼毅 2011年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2011.11.16読了)(2011.10.20借入) 神さんが興味を持って、読みたいというので図書館から借りてきました。3週間たっても読み終わりませ... もっと読む

考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子

107
3.04
長沼毅 2015年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごくわかりやすかった! もっと読む

恋って何ですか?: 27人がすすめる恋と愛の本 (14歳の世渡り術)

106
3.86
蒼井ブルー 2019年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋を知る人も知らぬ人も、一度知れば今までのあなたではいられない。 本を勧めてくれる人の人選が新しい感じで、でも選ばれている本は古典から最近のものまで... もっと読む

深海生物学への招待 (NHKブックス)

96
3.66
長沼毅 1996年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生(いやぷーたろー時代か)のときに読んだ本。 あれから15年以上、先日放送(2013年1月NHKスペシャル。2012年に撮影)のダイオウイカの初映像の... もっと読む

深海生物学への招待 (幻冬舎文庫)

88
3.71
長沼毅 2013年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

硫黄を食べて生きる生物がいる! →火星でも金星でも生物がいる可能性ある期待が、、 もっと読む

辺境生物はすごい! 人生で大切なことは、すべて彼らから教わった (幻冬舎新書)

85
3.53
長沼毅 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

辺境生物の研究を通じて著者が悩み経験してきた事から紡がれてきた人生談義。自分で直接感じ考える事の大切さが説かれていてとても参考になった。著者の目の付け所も... もっと読む

14歳の生命論 ~生きることが好きになる生物学のはなし (tanQブックス)

75
2.94
長沼毅 2011年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エヴァンゲリオンからナウシカまで。  つながる発想がおもしろい!おもしろいのだが・・・字が詰まりすぎていて、少々まわりくどいのが難点。  少しずつ読み... もっと読む

生命の星・エウロパ (NHKブックス)

73
3.43
長沼毅 2004年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太陽系の衛星大きい順 ①ガニメデ(木) ②タイタン(土) ③カリスト(木) ④イオ(木) ⑤月(地) ⑥エウロパ(木) もっと読む

たけしのグレートジャーニー

70
3.63
ビートたけし 2014年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たけしのグレートジャーニー 友人のおすすめで読みました。 最先端の科学者などの興味深い話がもりだくさん。 それぞれTVのサイエンスゼロなどでも聞いたこと... もっと読む

超ディープな深海生物学(祥伝社新書)

69
3.40
長沼毅 2015年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な深海生物を取り上げそれぞれの生態が深く掘り下げて描かれている本。興味持てた生き物の章だけ読んだ。透明な身体を持つクダクラゲの、胃袋だけが赤い理由が凄... もっと読む

ここが一番面白い! 生命と宇宙の話

63
4.00
長沼毅 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

命とは何なのか。本当に面白い本です。私は生命の元は宇宙から来たと考えてます もっと読む

宇宙でいちばん面白い 脳がしびれる科学の時間

60
3.33
長沼毅 2012年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生の時に夢中になって読んだ。私の知らない世界がこんなにあるんだと衝撃を受けた。おもしろくて何度も読んだ思い入れのある一冊。 もっと読む
全89アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×