門井慶喜のおすすめランキング

プロフィール

門井慶喜(かどい・よしのぶ)
1971年群馬県生まれ。栃木県立宇都宮東高等学校、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現・文学部文化史学科)卒業。
2000年「天才たちの値段」で第39回オール讀物推理小説新人賞候補。2001年「女子校時代ライブラリー」で第40回オール讀物推理小説新人賞候補。2001年「いちばん嫌いな親友」で第41回オール讀物推理小説新人賞候補。2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。2008年 『人形の部屋』で第61回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)候補。2009年「パラドックス実践」で第62回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。2015年『東京帝大叡古教授』で第153回直木賞候補。2016年『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』で第69回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。2016年『家康、江戸を建てる』で第155回直木賞候補。咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。2017年『銀河鉄道の父』(講談社)で第158回直木賞受賞。

門井慶喜の関連サイト

門井慶喜のおすすめランキングのアイテム一覧

門井慶喜のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞』や『家康、江戸を建てる』や『おさがしの本は (光文社文庫)』など門井慶喜の全137作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞

1099
3.89
門井慶喜 2017年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮沢賢治の生涯を父の目線から描いた本作。 正直、この本を読むまで宮沢賢治がどんな人生を歩んだのか考えたことすらなかった。 教科書に載っていたいくつかの... もっと読む

家康、江戸を建てる

1036
3.83
門井慶喜 2016年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴女には程遠いし、時代小説もほとんど読まない。 大河ドラマも興味がなく、戦国武将もあやふや・・・。 そんな私がおもしろい!と思えたこの小説。 直... もっと読む

おさがしの本は (光文社文庫)

801
3.30
門井慶喜 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 図書館のレファレンスカウンターの職員を主人公とした連作短編集。  本の知識をはじめ様々な雑学を話の中に織り込んでの目的の本を探す過程が読んでいて楽... もっと読む

おさがしの本は

736
3.30
門井慶喜 2009年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館のレファレンス・カウンターが舞台のミステリー小説。 主人公の和久山隆彦(わくやまたかひこ)は30歳。入職して7年、調査相談課に配属されて3年になる... もっと読む

ぼくらの近代建築デラックス!

412
3.61
万城目学 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京阪神と、東京・横浜の5都市を巡る近代建築探訪の、エッセイかと思っていたら、対談なのね。 これはガイドブックだな。 近代建築、特に興味はないのです... もっと読む

東京帝大叡古教授

313
3.17
門井慶喜 2015年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです。 近代日本史が苦手で全くわからず、 ウンベルト・エーコのことはもっと知らなくても、です。 (よく御存じな方にはたまらないんでしょ... もっと読む

ぼくらの近代建築デラックス! (文春文庫)

294
3.96
万城目学 2015年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまで街中の風景の一部としてしか感じていなかった建物が、本書を読んで靄の中から浮き出たように輝いて感じた。 門井さんの薀蓄と万城目さんの忌憚のない... もっと読む

天才たちの値段―美術探偵・神永美有 (文春文庫)

275
3.36
門井慶喜 2010年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一枚の絵が "もし贋作なら、見た瞬間苦みを感じ、本物なら甘味をおぼえる"という 天才美術コンサルタント・神永美有と、短大の美術講師・佐々木昭友の二人が... もっと読む

ホテル・コンシェルジュ

251
2.87
門井慶喜 2013年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん安楽探偵モノとしては中途半端な感じ。 京都が舞台なのに誰も京言葉を使ってないのも違和感。 門井作品は結構読んでるし、好きな作品も多いんだけど ... もっと読む

小説あります

201
3.28
門井慶喜 2011年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ、本を乱読していながら、「何で本を読むのか?」なんて深く考えていなかった。浅はかですね。 で、この本の中で兄弟がする、その議論を読み改めて考えました... もっと読む

天才たちの値段

197
3.44
門井慶喜 2006年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章が好き。それぞれの推理も面白い。神永くんと佐々木先生の関係が…ですが。 もっと読む

屋根をかける人

171
3.80
門井慶喜 2016年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

門井慶喜『屋根をかける人』角川書店。ウィリアム・メレル・ヴォーリズという、アメリカから日本に移住し、後に帰化した実在の人物の波乱に満ちた生涯を描いた傑作。... もっと読む

こちら警視庁美術犯罪捜査班

168
2.72
門井慶喜 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美術品に関する犯罪を担当する二人の刑事と、詐欺的商法を次々に繰り出してくる美術品販売会社が対決する連作短編集。 美術品に関する蘊蓄や、美術とは、本物と偽... もっと読む

天才までの距離

140
3.53
門井慶喜 2009年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で何気に手にとって読んでみたらこれシリーズ物だったのね。でもショートストーリで1話ずつ完結しているから問題なし。美術史にからめた人間模様のストーリー... もっと読む

注文の多い美術館 美術探偵・神永美有

133
3.05
門井慶喜 2014年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズものみたいだが、この作品から読んでしまった。 だからなのか、登場人物のキャラの濃さに慣れるのに時間がかかった。 美術作品の時代や素材、モチーフなど... もっと読む

若桜鉄道うぐいす駅

130
2.94
門井慶喜 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文化財級のおんぼろ駅舎の保存建て替え問題に揺れる鳥取県の村を舞台に、村長選挙まで絡んできて……巻き込まれ担ぎ出される村長の孫(大学院生)が主人公。 前の... もっと読む

東京帝大叡古教授 (小学館文庫)

129
3.42
門井慶喜 2016年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日露戦争前後。 ポツダム宣言受諾に調印した重光葵の話。 日露戦争、ポーツマス条約、日比谷焼き討ち事件、帝都大学教授殺人事件。 フィクションではあるが、... もっと読む

この世にひとつの本

125
2.83
門井慶喜 2011年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

門井さんの小説は初めて読みました。 文章はとっても読みやすかったです。 だけど、私には内容がどこに向かってるのかちっともわからない感じで。 最後の最... もっと読む

新選組の料理人

125
2.91
門井慶喜 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふとしたきっかけから新撰組隊士・原田左之助にスカウトされて、新選組の賄い担当になった、菅原鉢四郎。 武士のくせに剣の腕はからきし、しかし、うまい飯を炊く... もっと読む

人形の部屋 (ミステリ・フロンティア)

114
3.37
門井慶喜 2007年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 専業主夫の主人公と娘を中心とした日常系のミステリ短編集。  何か…キャラが疲れる。  知識をひけらかされるのも、読んでてしんどい。  2話目の途中で、... もっと読む
全137アイテム中 1 - 20件を表示

門井慶喜に関連する談話室の質問

ツイートする