関本博英のおすすめランキング

関本博英のおすすめランキングのアイテム一覧

関本博英のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『証券分析 【1934年版第1版】 (ウィザードブックシリーズ 44)』や『規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)』や『トレーダーの精神分析―自分を理解し、自分だけのエッジを見つけた者だけが成功できる (ウィザードブックシリーズ126)』など関本博英の全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

証券分析 【1934年版第1版】 (ウィザードブックシリーズ 44)

154
3.48

感想・レビュー

 グレアム流投資の真髄がここにあります。とにかく資産の価値に焦点を当てる。極端に言えば、投資に損益計算書は必要ない、貸借対照表だけで十分だ、ということです... もっと読む

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)

125
3.52
マーク・ダグラス 2007年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.効果的なトレードは、トレードルールを遵守すること 素人は少し利益が出たら利食っちゃう。そして損失はとことん放置する。これは恐怖があるため。恐れをなく... もっと読む

麗しのバフェット銘柄 (ウィザードブックシリーズ)

88
3.74

感想・レビュー

"悪材料で買う 優良企業の長期的な経済価値を無視する他の投資家の行動をうまく利用する 価格競争型の企業は、他社でも生産・販売できる平凡な商品しか扱って... もっと読む

フィボナッチ逆張り売買法 (ウィザードブックシリーズ)

87
3.69

感想・レビュー

FXを始めてから2年1か月後に購入。 途中まで読んだが、自分が期待していたものは残念ながらなかった。 なので、途中で挫折。 トレードに詰まっ... もっと読む

賢明なる投資家【財務諸表編】

72
3.19

感想・レビュー

賢明なる投資家の続編で、具体的な財務諸表を参考にしながら、各種の指標などを紹介。財務諸表を分析しています。1作目を読んでみて、おもしろければ、チャレンジし... もっと読む

究極のトレーディングガイド~全米一の投資システム分析家が明かす「儲かるシステム」 (ウィザードブックシリーズ)

72
3.12
ジョン・R・ヒル 2003年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分流の手法などが固まってない人や相場かじって見た程度の人にとっては参考になると思う。 私も日々の売買を振り返りながら本著の仕掛け、手仕舞いのところを照ら... もっと読む

エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ)

64
3.47

感想・レビュー

入門と書いてあるが、かなり深いとこまで書いてある。 もっと読む

罫線売買航海術―スキャルピングからポジショントレードまでの攻略テクニック (ウィザードブックシリーズ)

39
3.71
オリバー・ベレス 2008年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

買うまで本書が「デイトレード」の兄弟本みたいなものだとは知らなかった。 具体的に言うと非常に長くなるのでなかなか書きづらいが、それなりに投資を経験し... もっと読む

市場間分析入門~原油や金が上がれば、株やドルや債券は下がる! (ウィザード・ブックシリーズ)

35
3.88

感想・レビュー

いろいろなチャートを見ることでマーケットのテーマを知ることができる。 もっと読む

マーケットのテクニカル百科 実践編 (ウィザードブックシリーズ)

24
2.86

感想・レビュー

基本のカタチ。大衆の動きを知るにはいい。基本編。 もっと読む

プロの銘柄選択法を盗め! 上がるバリュー株、儲かるグロース株 (ウィザードブック)

20
3.33

感想・レビュー

大変素晴らしい本だった。非常に高度で専門的なテーマを多く扱っているが、体系的に、すぐに実践できるよう大変分かりやすく、順を追って説明されている。 純粋に... もっと読む

スイングトレードの法則 ~出来高分析で仕掛け時がわかる~ (ウィザードブックシリーズ)

17
2.50

感想・レビュー

マクレランオシレーターについて知りたかったので取った本 もっと読む

わが子と考えるオンリーワン投資術 (ウィザードブックシリーズ)

15
3.00

感想・レビュー

本書は国際レベルで活躍するプロたちが、「自分の子供たちにぜひとも伝えておきたい大切な投資の知恵」をひとつだけに絞ってまとめたものである。ここで語られる彼ら... もっと読む

株価指数先物必勝システム――ノイズとチャンスを見極め、優位性のあるバイアスを取り込め (ウィザードブックシリーズ)

13
2.75
アート・コリンズ 2008年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

システムトレードのすすめ。 最も怖いトレードが実は最も大きな利益をもたらす。 その反対に、最も有利なように見えるトレードが大きな損失となる。 もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする