阿川佐和子のおすすめランキング

プロフィール

阿川佐和子

一九五三年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。九九年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、二〇〇〇年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、〇八年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。一二年、『聞く力――心をひらく35のヒント』がミリオンセラーとなった。一四年、菊池寛賞を受賞。最近の著書に、『ことことこーこ』『老人初心者の覚悟』『アガワ家の危ない食卓』など。

「2022年 『ないものねだるな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子のおすすめランキングのアイテム一覧

阿川佐和子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))』や『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』や『残るは食欲 (新潮文庫)』など阿川佐和子の全303作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))

11110
3.36
阿川佐和子 2012年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿川佐和子のベストセラー。 なるほど、読みやすい。 仕事を始めた頃に、一つ一つ失敗しながら気づいていく様子が書かれているので、わかりやすい。 最... もっと読む

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3308
3.19
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(LAST LOVE より) 最後の恋。 これで最後。 それは、ラスト、という意味じゃなくて、ベスト、という意味なんだ。 今、好きなひと。 今、好きになっ... もっと読む

残るは食欲 (新潮文庫)

1429
3.64
阿川佐和子 2013年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「クロワッサン」で連載された食にまつわるアガワさんの庶民派エッセイ集。 ダンフミさんのつぶやき“残るは食欲”よりタイトル頂いたらしい。この二人の仲良しは羨... もっと読む

叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

1388
3.28
阿川佐和子 2014年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「聞く力」の続編です。 本書は、人付き合いが苦手!をどう克服すればよいという問いから出発しているとの言葉から始まります。 阿川氏の屈託のないというか、自... もっと読む

最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

943
2.85
阿川佐和子 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだアンソロジー『最後の恋』のプレミアムバージョンということで。 あらすじの、ままならない心を甘受する方法を、っていうフレーズ、とてもよいです。 ... もっと読む

アンソロジー おやつ

800
3.40
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

スープ・オペラ (新潮文庫)

786
3.86
阿川佐和子 2008年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【美味しい小説】 この小説はタイトル通りにスープが流れを繋いでるんですが、私がいちばーん食べたくて堪らないのは、トニーさんが作った差し入れ弁当に入ってた薄... もっと読む

ああ言えばこう食う (集英社文庫)

698
3.57
阿川佐和子 2001年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この二人のおしゃべりに敵う人はいない 仲良しできが置けない二人が 言いたいことを言う、面白い こんななんでも屈託無く話す相手がいると人生は倍楽しい。 もっと読む

アンソロジー お弁当。

694
3.49
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

611
3.41
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ文... もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

506
3.22
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

魔女のスープ: 残るは食欲 (新潮文庫)

502
3.62
阿川佐和子 2014年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿川佐和子さんの食エッセイ第二弾。10年以上前の作品。自分で調理するけど、細かい分量が決まってないのが阿川さんらしい。 もっと読む

センス・オブ・ワンダーを探して ~生命のささやきに耳を澄ます~

494
4.01
福岡伸一 2011年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿川佐和子って、アタマがいいなぁと思う。 福岡伸一の問題意識を うまく引き出している。 生命を扱う研究をしながら、 生命を殺さざるをえない矛盾。 ... もっと読む

正義のセ

493
3.52
阿川佐和子 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベストセラー「聞く力」の著者でタレントでもある阿川佐和子氏の小説。 小説はこれまでにも、いくつか出しているんですね。 島清恋愛文学賞も受賞しているよう... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

492
3.15
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

女ともだち (文春文庫)

438
3.54
村山由佳 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

COPY 村山由佳 ト・モ・ダ・チ 坂井希久子 卵の殻 千早茜 水底の星 ... もっと読む

スープ・オペラ

425
3.56

感想・レビュー

なんだかこのお家の空気感が心地よかった。 食べるものってやっぱり大事。 落ち込んじゃった時もおいしいものを食べるとまたちょっとがんばってみようかな... もっと読む

こんがり、パン(おいしい文藝)

424
3.21
赤瀬川原平 2016年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で、お腹すいたなぁ・・・と考えていると目の前にパン!ではなく、パンの本だった。ぐぅぅぅぅってお腹がなってしまって、おじいさんにびっくりされた・・・ もっと読む

オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

380
3.39
大石静 2018年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや〜面白かった。拾い読みするつもりが全部読んでしまった。イケてる60代2人の、恋愛から結婚、仕事、女性特有の身体のこと、更年期障害などなど、のおしゃべり... もっと読む

おいしいおしゃべり (幻冬舎文庫)

379
3.09
阿川佐和子 2000年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期待したほど料理に関する話題はなかったけれど楽しめました。 アガワさんってやっぱりお嬢様なんだなぁ、なんて 妙な部分で感心したり。 生活に対する発想... もっと読む
全303アイテム中 1 - 20件を表示

阿川佐和子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×