阿部和重のおすすめランキング

プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部和重のおすすめランキングのアイテム一覧

阿部和重のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『キャプテンサンダーボルト』や『キャプテンサンダーボルト 上 (文春文庫)』や『キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)』など阿部和重の全190作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

キャプテンサンダーボルト

3528
3.78
阿部和重 2014年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.4 読むのに結構時間が掛かりました。 読みづらいというか、テンポが悪いんですかね、合作のせいなのかも知れません。 設定はめちゃくちゃですが、仙台在住の... もっと読む

キャプテンサンダーボルト 上 (文春文庫)

1548
3.70
阿部和重 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相葉と井ノ原が一緒に行動するまでがちょい退屈。 エンジンかかるのに時間かかった、 後半になれば面白さが増して、ページが進んだ。 もっと読む

キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)

1366
3.77
阿部和重 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の推理はこうだ。最初の数章は、相葉を伊坂、井ノ原を阿部が担当した。プロットは決めておいたが、結論と細かいところは全然決めていなくて、2人のキャラが確立し... もっと読む

インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)

1032
3.39
阿部和重 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15年?ぶりくらいに再読。面白かった。表現やキャラが平板過ぎる部分もあるけど、日記として強引に読ませるところなんか微笑ましかったり。筆者の企み自体に読者が... もっと読む

ピストルズ

959
3.45
阿部和重 2010年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャプテンサンダーボルトを読んで阿部氏を知った。 届いてみてびっくりな667ページという今まで読んだ中でで1番分厚い本だった。 果たして私にこれが読める... もっと読む

アメリカの夜 (講談社文庫)

803
3.46
阿部和重 2001年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。著者のデビュー作。気色悪い人物描写は既に紛れもないアベカズたらしめております。おちょくっているのか真剣なのか、紙一重の計算高さが厭らしいったらありゃ... もっと読む

グランド・フィナーレ (講談社文庫)

792
2.92
阿部和重 2007年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭の子供服のお店のポップな描写が90年代のMVみたいで一気に作品の中にひきこまれて、そのまま心地よく連れ回された感じ。ここまで人を食ったような再生?改心... もっと読む

グランド・フィナーレ

771
2.88
阿部和重 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み出し一発目、 何なんだこの粋ったコテコテの文章は・・・ とやや苦手意識を抱きそう、いやもうすでにちょびっと抱いとるなこれ、、と思う幸先悪い滑り出し... もっと読む

ニッポニアニッポン (新潮文庫)

617
3.28

感想・レビュー

斎藤環の解説があまりに混乱してて笑ってしまったけれど、天皇=父殺しがもはや成立しない時代の小説、という視点はとても納得がいく。というのも、最近大江健三郎に... もっと読む

キャプテンサンダーボルト 新装版 (新潮文庫)

571
3.75
阿部和重 2020年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6年ぶりの再読のため、ほぼ記憶ない状態で楽しめました。公権力の横暴さやウィルスにまつわるあれこれは今のほうが身につまされると思う。「飛沫感染」とか「外出自... もっと読む

シンセミア(上)

478
3.59
阿部和重 2003年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この世界観はすごかった。 もっと読む

シンセミア〈1〉 (朝日文庫)

477
3.64

感想・レビュー

初・阿部和重作品ですが、面白いですね。内容からは、表紙の意味がちょっと不明ですが、これから分かってくるんでしょうか。まだホンの序盤ってことを考えると、最初... もっと読む

それでも三月は、また

474
3.36
谷川俊太郎 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

   何もかも失って    言葉まで失ったが    言葉は壊れなかった    流されなかった    ひとりひとりの心の底で 三月が来たら辛く... もっと読む

無情の世界 (新潮文庫)

446
3.31
阿部和重 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柄が悪いヤツらの話は定期的にやっぱり流行るんかな… もっと読む

シンセミア(下)

385
3.67
阿部和重 2003年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文体が硬かったり、かと思うと急に動的になるのでいつもより時間をかけて読んだと思う。終盤は引き込まれっきりで読むスピードが最後まで落ちなかった。 出てくる... もっと読む

シンセミア(上) (講談社文庫)

343
3.62
阿部和重 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう多くの人が出てくる群像話は好きです。 はじめのうちは人の把握に疲れますが、読み進めると各登場人物のキャラが際立ってきます。 偏った性癖を持つキ... もっと読む

クエーサーと13番目の柱

334
2.77
阿部和重 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神町サーガではない阿部和重。リアルとフィクションの境目が曖昧になる絶妙な加減。その辺りのグレーゾーンの描き方が好きな作家である。著者のアイドルヲタクっぷり... もっと読む

シンセミア〈2〉 (朝日文庫)

322
3.75

感想・レビュー

また一気に読んじゃいました。登場人物はめちゃくちゃ多くて、名前を聞いても全然分からないんだけど、その物語を読んでいるうちに、それまでの経過も一緒に思い出せ... もっと読む

作家の読書道3

302
3.31
柳広司 2010年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3まで読んでようやくこの人が人気なんだなぁと気付き始めた。 必ずと言っていいほど頻繁に名前が出てくる人が何人かいて、そしてやはり私は読んだことがない。 ... もっと読む
全190アイテム中 1 - 20件を表示

阿部和重に関連する談話室の質問

ツイートする
×