陳浩基のおすすめランキング

プロフィール

●著者紹介
1975年生まれ。香港中文大学計算機学科卒。台湾推理作家協会の海外会員。2008年、短篇「ジャックと豆の木殺人事件」が台湾推理作家協会賞の最終候補となり、翌年「青髭公の密室」で同賞受賞。2011年『世界を売った男』で第2回島田荘司推理小説賞を受賞。2014年の連作中篇集『13・67』は台北国際ブックフェア大賞など複数の文学賞を受賞し、十数ヵ国で翻訳が進められ国際的な評価を受ける。2017年刊行の邦訳版(文藝春秋)も複数の賞に選ばれ、2020年刊行の邦訳の『網内人』(文藝春秋)とならび各ミステリランキングにランクインした。ほかの邦訳書に自選短篇集『ディオゲネス変奏曲』(早川書房)がある。

「2021年 『島田荘司選 日華ミステリーアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陳浩基のおすすめランキングのアイテム一覧

陳浩基のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『13・67』や『ディオゲネス変奏曲 (ハヤカワ・ミステリ)』や『網内人』など陳浩基の全32作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

13・67

1235
4.23
陳浩基 2017年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鬼★5 超濃密なミステリー! 激動の時代 香港を舞台に正義感あふれる警察官たちの物語 13・67 #陳浩基 イギリスから中国への主権移譲をめぐる時代の香... もっと読む

ディオゲネス変奏曲 (ハヤカワ・ミステリ)

294
3.82
陳浩基 2019年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じ作者の13.67が話題だったので読んでみたところ、びっくりするくらい面白かったのでこれも読むしかないと思い手に取ってみた。 純粋なミステリーにとどまら... もっと読む

網内人

254
3.89
陳浩基 2020年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いわゆる「華文ミステリー」が一躍注目されることとなる流れを拓いた立役者のひとり、陳浩基(ちん・こうき)。2014年に刊行した『13・67』が、翌年の台北... もっと読む

世界を売った男 (文春文庫 チ 12-1)

247
3.57
陳浩基 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひどい二日酔いとともに車の中で目覚めた主人公は6年間の記憶を失っていた。刑事である自分が追っていた事件と関わりがあるのか…? 何とも魅力的な謎で、かつての... もっと読む

13・67 上 (文春文庫 チ 12-2)

219
4.13
陳浩基 2020年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陳浩基『13・67 上』文春文庫。 各種ミステリーランキングで上位に輝いた珍しい華文ミステリー。 香港警察の伝説の刑事クワンを主人公にした連作短編集。... もっと読む

13・67 下 (文春文庫 チ 12-3)

185
4.16
陳浩基 2020年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは面白かった。 香港を舞台にした警察小説。 6つの短編が収録され、全体で一つの物語となっている。 最初は、シャーロックホームズの劣化コピーか... もっと読む

おはしさま 連鎖する怪談

179
3.45
三津田信三 2021年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本・香港・台湾の作家によるホラーミステリのリレー小説。箸を使ったおまじないの「おはしさま」。それはただの都市伝説なのか、それとも呪いなのか。なんともおぞ... もっと読む

世界を売った男

115
3.29
陳浩基 2012年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

違う、私ではない 私は決して自分を失うことはない 君が向き合っているのは 世界を売った男なのだ ーデヴィッド・ボウイ『世界を売った男』 *** 『世界を... もっと読む

13・67 (文春e-book)

105
4.36
陳浩基 電子書籍 2017年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりにページを捲る手が止まらない小説に出会った。最初から最後の一文まで、読み終わった後の余韻まで素晴らしく良かった。読めて良かった。 ただ、訳者の方... もっと読む

島田荘司選 日華ミステリーアンソロジー

67
3.22
島田荘司 2021年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アジアの7作家による短編集で、そのうち3篇は翻訳である。作品の選出は島田荘司氏で、各作品について氏の感想評論が添えられている。その中で印象的だった作品につ... もっと読む

世界を売った男 (文春文庫)

28
3.80
陳浩基 電子書籍 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後半はどんどん二転三転して一気に最後まで読んだけど、中国語の名前が難しくて覚えられず、あれ、この人って誰だっけ、というのが何度も。 小説ならではのストーリ... もっと読む

ディオゲネス変奏曲 (ハヤカワ・ミステリ)

25
3.50
陳浩基 電子書籍 2019年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陳浩基の短編集。ミステリ、SF、等々いろいろ楽しめる構成になっている。本当に最近のアジア作家は凄いことになってる。 もっと読む

網内人 (文春e-book)

24
3.89
陳浩基 電子書籍 2020年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2022/11)2015年頃の香港を舞台にしたハードボイルドとミステリが複合されたような小説。電車の中で痴漢被害に遭った15歳の妹を中傷するネット掲示板... もっと読む

陳浩基『13・67』の魅力とは【文春e-Books】

16
陳浩基 電子書籍 2017年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【華文ミステリーの記念碑的作品の魅力を余すところなく紹介】作品の冒頭を抜粋したお試し版、佳多山大地氏による書評、著者・陳浩基さんインタビューなど、作品の魅... もっと読む

世界を売った男 (文春e-book)

11
4.00
陳浩基 電子書籍 2012年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が香港人といつことで、初めての中華サスペンスを読んでみました。 タイトルは、デヴィッドボウイの曲のタイトルからとったものだったんですね。でも最後まで読... もっと読む

現代華文推理系列 第二集

6
3.33
冷言 電子書籍 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台灣、香港、大陸のミステリ作家4人の短編を収録。 共通しているのは日本のミステリの影響をたっぷり受けているところ。 色々な味があるけれど、やはり陳浩基... もっと読む

おはしさま 連鎖する怪談

6
3.50
三津田信三 電子書籍 2021年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本、台湾、香港の作家5人による、箸をテーマとした怪奇リレー小説。 第一章の日本での箸を使ったおまじない『おはしさま』から始まり、第二章の台湾のある家に... もっと読む
全32アイテム中 1 - 20件を表示

陳浩基のおすすめ記事

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×