陳浩基のおすすめランキング

プロフィール

陳浩基(ちん こうき、サイモン・チェン、Chan Ho Kei)
1975年生まれの作家。香港中文大学計算機科学系を卒業。Webサイトのデザインやゲームの企画、脚本の執筆、漫画の編集者などを務める。
2009年、「藍鬍子的密室(青髭公の密室)」が台湾推理作家協会賞を受賞。2011年、『世界を売った男』が台湾の出版社が主催する公募の長編推理小説賞・第2回島田荘司推理小説賞を受賞。2015年、『13・67』で第6回ブクログ大賞、台北国際ブックフェア賞(小説部門)、第1回香港文学季推薦賞をそれぞれ受賞。

陳浩基の関連サイト

陳浩基のおすすめランキングのアイテム一覧

陳浩基のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『13・67』や『世界を売った男』や『13・67 (文春e-book)』など陳浩基の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

13・67

624
4.26
陳浩基 2017年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人の命が何よりも大切」という考えで結ばれた天眼クワンと弟子ロー。1967~2013年のアイデンティティが揺らいでいた香港で警察官として事件を解決していく... もっと読む

世界を売った男

68
3.20
陳浩基 2012年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者である陳浩基氏の「13・67」を読む前に初作である本著を手にとった。 ミステリーの設定がユニーク。現代の問題をうまく取り込んでおり、全く予想できなか... もっと読む

13・67 (文春e-book)

62
4.32
陳浩基 電子書籍 2017年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読めて、読み終わった途端にむむ?と最初からもう一度読みたくなるんだから、面白本には違いない。 なるほど各種年末ランキング上位もむべなるかな。 もっと読む

世界を売った男 (文春文庫)

39
3.67
陳浩基 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

香港舞台の小説に関心があったので購入。スピード感があり面白かったが、登場人物の名前がややこしいです。最期の結末はさっと読んだだけではちょっと分かりにくい。 もっと読む

世界を売った男 (文春e-book)

10
4.00
陳浩基 電子書籍 2012年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が香港人といつことで、初めての中華サスペンスを読んでみました。 タイトルは、デヴィッドボウイの曲のタイトルからとったものだったんですね。でも最後まで読... もっと読む

見えないX

7
4.33
陳浩基 電子書籍 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

陳浩基『13・67』の魅力とは【文春e-Books】

7
陳浩基 電子書籍 2017年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【華文ミステリーの記念碑的作品の魅力を余すところなく紹介】作品の冒頭を抜粋したお試し版、佳多山大地氏による書評、著者・陳浩基さんインタビューなど、作品の魅... もっと読む

現代華文推理系列 第二集

5
3.33
冷言 電子書籍 2015年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

台灣、香港、大陸のミステリ作家4人の短編を収録。 共通しているのは日本のミステリの影響をたっぷり受けているところ。 色々な味があるけれど、やはり陳浩基... もっと読む

世界を売った男 (文春文庫)

5
陳浩基 電子書籍 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【六年間の記憶を喪った男が真相を追い香港を駆ける】目が覚めると六年後! 事件を追う刑事に何が起こったのか?「13・67」でミステリ界を席巻した香港の気鋭、... もっと読む

華文ミステリーvs.日本ミステリー アジア発、ミステリーの新潮流【文春e-Books】

1
陳浩基 電子書籍 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【陳浩基×横山秀夫】香港と日本の警察小説の第一人者が熱く語り合った! もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする