陳舜臣のおすすめランキング

プロフィール

1924年-2015年。神戸市生まれ。大阪外国語大学印度語部を卒業し、終戦まで同校西南亜細亜語研究所助手を務める。61年、『枯草の根』によって江戸川乱歩賞を受賞し、作家活動に入る。その後、93年、朝日賞、95年には日本芸術院賞を受賞する。主な著書に『青玉獅子香炉』(直木賞)、『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』(日本推理作家協会賞)、『実録アヘン戦争』(毎日出版文化賞)、『敦煌の旅』(大佛次郎賞)、『茶事遍路』(読売文学賞)、『諸葛孔明』(吉川英治文学賞)、『中国の歴史』(全15巻)などがある。

「2018年 『方壺園 ミステリ短篇傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陳舜臣のおすすめランキングのアイテム一覧

陳舜臣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『小説十八史略(一) (講談社文庫)』や『伊坂幸太郎選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎005 (講談社文庫)』や『小説十八史略(二) (講談社文庫)』など陳舜臣の全1081作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

小説十八史略(一) (講談社文庫)

826
3.74
陳舜臣 1992年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漢文で読む十八史略を、小説で読むことができる。しかも蘊蓄もついており、興味が尽きない。筆者独自の解釈などはあらかじめ断った上でこうではないかと書かれており... もっと読む

伊坂幸太郎選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎005 (講談社文庫)

568
3.13
陳舜臣 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8つの作品が描かれている。 懐かしい顔ぶれの方も、・・・・ 夏樹静子氏の本は、よく読んだけど、今読んでも、この当時の香港を思い出すことが出来る。 ... もっと読む

小説十八史略(二) (講談社文庫)

512
3.67
陳舜臣 1992年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代は秦から漢へ。数々の有名武将や古事成語、漢詩に漢文を学習した学生時代を思い出す。 ワクワク感や中国の広さを感じさせる。 もっと読む

諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

486
3.59
陳舜臣 1993年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三国志の中では神がかり的に無敵の諸葛亮が、等身大の素の姿で描かれており面白かった。  もっと読む

小説十八史略(三) (講談社文庫)

478
3.65
陳舜臣 1992年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代は漢から三国志の時代へ。 語り口としては、日本の昔語で、牛若丸や弁慶の話をしたり、戦国武将の話をしたりするのに似ているように感じる。 正確なことを伝え... もっと読む

小説十八史略(四) (講談社文庫)

456
3.58
陳舜臣 1992年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漢の後、三国志の時期を経てから、なかなか世の中が定まらなかったとは記憶していたが、思わず世界史資料集を見返す。 こんなにも乱れた時期が長かったとは思わなか... もっと読む

小説十八史略(五) (講談社文庫)

419
3.65
陳舜臣 1992年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

隋から唐へ。なかなか波瀾万丈なのだが、いつも兄弟、皇后、皇太后、その親族の争いになるパターン。 なかなかそれを脱するのは難しいのかもしれない。いつの時代の... もっと読む

小説十八史略(六) (講談社文庫)

419
3.65
陳舜臣 1992年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元が興り宋が滅ぶところまで。 このようにざっと見渡すとずっと権力への闘争が続く。今でもそれは続いているのだが、民はそれに翻弄され続けている。 なんだかため... もっと読む

曹操〈上〉―魏の曹一族 (中公文庫)

411
3.61
陳舜臣 2001年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三国志演義からは少し距離がある作品で、これを読んで改めて三国志演義のお話としての完成度の高さを思わされた。曹操主人公で言うと蒼天航路の方が個人的には好み。 もっと読む

諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)

378
3.60
陳舜臣 1993年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史系が苦手な人でも読みきれると思う。諸葛孔明の晩年までを描いた小説。時が流れ、一緒に命を懸けて戦った者達が戦死・病死していく中、人心獲得や人材育成に力を... もっと読む

曹操〈下〉―魏の曹一族 (中公文庫)

318
3.60
陳舜臣 2001年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[評価] ★★★★☆ 星4つ [感想] 三国志の曹操の生涯を物語にした内容となっている。 下巻は後継者問題に頭を悩ます父親といった感じの内容と... もっと読む

耶律楚材 上 草原の夢 (集英社文庫)

268
3.53
陳舜臣 1997年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少数の民族が広大な中華の地を統治するためには、そこにあったかつての仇敵をも包容する技量が必要であったに違いない。清の乾隆帝がそうであったように、それは、み... もっと読む

中国の歴史(一) (講談社文庫)

240
3.68
陳舜臣 1990年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前に購入し、読破した本を再読。当時の記憶がほぼ無いため、初めて読んだような感想。 中国の神話から説き起こし、字が発明されるまでの中国の人々の生活を推察し... もっと読む

耶律楚材 下 夢絃の曲 (集英社文庫)

231
3.42
陳舜臣 1997年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻を読んだときと印象は変わらず。だいぶん膨らませて書いているのだろうが、膨らませすぎではないか。行政、軍事、司法の三権分立という方針を耶律楚材に持たせる... もっと読む

秘本三国志 2 (文春文庫 ち 1-7)

190
3.73
陳舜臣 1982年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1983.02.08読了)(1982.10.31購入) (「BOOK」データベースより) 洛陽に火を放ち、長安に遷都した董卓は、己の欲望を剥き出しに... もっと読む

秘本三国志 (6) (文春文庫 (150‐11))

187
3.77
陳舜臣 1982年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1983.04.26読了)(1983.04.13購入) (「BOOK」データベースより) 曹操、関羽、張飛、劉備…。英雄豪傑たちが次々と世を去り、四... もっと読む

秘本三国志 (3) (文春文庫 (150‐8))

185
3.69
陳舜臣 1982年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1983.03.03読了)(1983.02.08購入) (「BOOK」データベースより) 中原制覇を目論む諸侯のなかで、一歩先んじたのは、後漢の天子... もっと読む

秘本三国志 4 (文春文庫 ち 1-9)

183
3.77
陳舜臣 1982年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1983.03.17読了)(1983.03.03購入) (「BOOK」データベースより) 天下を制するのは、すでに曹操と袁紹に絞られた。曹操のもとに... もっと読む

秘本三国志 (5) (文春文庫 (150‐10))

182
3.72
陳舜臣 1982年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1983.04.13読了)(1983.03.18購入) (「BOOK」データベースより) 劉備が迎えた名軍師・諸葛孔明の策を受け、孫権は劉備と結び、... もっと読む
全1081アイテム中 1 - 20件を表示

陳舜臣に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×