雫井脩介のおすすめランキング

プロフィール

1968年愛知県生まれ。専修大学文学部卒。2000年、第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『栄光一途』で小説家デビュー。04年に刊行した『犯人に告ぐ』で第7回大藪春彦賞を受賞。他の作品に、『火の粉』『クローズド・ノート』『ビター・ブラッド』『殺気!』『つばさものがたり』『銀色の絆』『途中の一歩』『仮面同窓会』『検察側の罪人』『引き抜き屋1 鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋2 鹿子小穂の帰還』『犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼』『犯人に告ぐ3 紅の影』『望み』などがある。

「2021年 『霧をはらう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雫井脩介のおすすめランキングのアイテム一覧

雫井脩介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火の粉 (幻冬舎文庫 し 11-4)』や『犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)』や『クローズド・ノート (角川文庫)』など雫井脩介の全152作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火の粉 (幻冬舎文庫 し 11-4)

6313
3.84
雫井脩介 2004年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豹変型サイコパスのお話。 前置きが丁寧で、背景をしっかり理解することが出来る。これが、クライマックスの臨場感に拍車をかけてくれた。 ユースケ・サンタマリア... もっと読む

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

4484
3.60
雫井脩介 2007年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリランキング1位(どっちだっけ?) 過去、誘拐事件の解決で大失態を犯した警視が、未解決の連続幼児殺人事件の責任者として、テレビに出て劇場型捜査の主役... もっと読む

クローズド・ノート (角川文庫)

4366
3.69
雫井脩介 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公、香恵の恋愛、友情…大学生らしい心の揺れや浮き沈みがリアルで、あぁこんなだったなぁと楽しく読めた。 もう一人の中心人物の伊吹が小学校の先生だったけど... もっと読む

犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)

4035
3.64
雫井脩介 2007年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続きが気になり一気読み。 劇場型捜査という前代未聞で斬新な、 メディアを使った公開捜査で犯人を追い詰めていく。 失態を謝罪する事が許されないまま自分を責... もっと読む

望み (角川文庫)

2888
3.91
雫井脩介 2019年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会派の作品です。 石川一登、貴代美夫妻の家は建築家の一登、校正ライターの貴代美、高校一年生の規士(ただし)中学三年生の雅の四人家族です。 夏... もっと読む

犯人に告ぐ

2229
3.72

感想・レビュー

面白かったです。 一気に読みました。 テレビを利用した捜査。 波瀾万丈の展開だったけど犯人は普通だったと思います。 エピローグの事件がスパイスなのかな。 もっと読む

クローズド・ノート

2076
3.57
雫井脩介 2006年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若いときはあまり涙することはなかったのですが、年齢とともにいわゆる涙腺が緩んできていけません。 「生きる」と言うことを教えられます。実はこういう話は近く... もっと読む

検察側の罪人 上 (文春文庫)

1683
3.61
雫井脩介 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古本屋で目についたから買った一冊。 上下の2冊の本だが、なんとなく一冊で終わる話じゃないかね?どう話が進めば2冊目に行くんだろうと思いつつ読み進めた。 ... もっと読む

虚貌〈上〉 (幻冬舎文庫)

1628
3.48
雫井脩介 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻へ続く。 もっと読む

望み

1569
3.94
雫井脩介 2016年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説を読んで落涙したのは、いつ以来だろうか・・・ 同じような少年犯罪を扱った作品に、薬丸岳著『Aではない君に』がある。 『A』が、犯罪を犯した少年の父... もっと読む

検察側の罪人 下 (文春文庫)

1540
3.75
雫井脩介 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中から涙がポロポロと溢れて読み終わってしばらくは、涙が止まらなかった。こんなにやり切れなくて複雑な思いをして泣いた本は初めてかもしれない。多分、読んでる... もっと読む

虚貌〈下〉 (幻冬舎文庫)

1498
3.38
雫井脩介 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それは惨たらしい放火殺人事件から始まった。 両親は殺害され、姉は下半身付随、風呂場に逃げ込んだ弟はガソリンをかけられて顔を失った。 21年の時を経てあきら... もっと読む

検察側の罪人

1408
3.72
雫井脩介 2013年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画にもなった話題作を読了。 自分なりの正義、信念を貫いて行動に移した2人。 何が正しいのか。深く考えさせられる作品でした。 時効、冤罪の中渦巻く今... もっと読む

つばさものがたり

1335
3.92
雫井脩介 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切な人を失う事は、 哀しみ以外の何でもない と、信じていた頃は 『フランダースの犬』の主人公ネロは (かわいそう…)な子でしか無かった。 ... もっと読む

犯罪小説家 (双葉文庫)

1295
3.04
雫井脩介 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学賞を受賞した小説家と、その小説の映画化を、担当する思い込みの激しい脚本家。脚本家は公園の池で亡くなった自殺集団「落下の会」の代表の登場人物と作中人物を... もっと読む

つばさものがたり (角川文庫)

1262
4.07
雫井脩介 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切ない。切なすぎる。 主人公のパティシエールの小麦が作るケーキはとてもおいしそうで、ケーキ食べたくなるけど、切なすぎて胸が痛くなった。 自分だ... もっと読む

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

1226
3.49
雫井脩介 2010年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雫井先生の本は何冊か読みましたがちょっと印象が違う感じを受けました。 わたしにはちょっと若すぎる?内容でした。 個性豊かな刑事たちの描写は笑いどころなのだ... もっと読む

仮面同窓会

989
2.77
雫井脩介 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み進めながら不思議な事が多い内容。 犯人も気になるし、そっちも気になるし・・・ で、どんどん読むのが止まらなくなった。 主人公洋輔も結果、「鉄の結... もっと読む

犯罪小説家

973
3.12

感想・レビュー

登場人物がうんざりするような性格で、読んでても面倒な気持ちになる。こんな人、知り合いにいたら絶対に嫌だなぁ。 途中まではいまいちひきこまれず物語を追ってい... もっと読む

仮面同窓会 (幻冬舎文庫)

905
2.89
雫井脩介 2016年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地獄だよね…の一冊。 はぁ…とんでもない物語というか結末だった。 高校時代のモンスター教師に仕返しをしようと結成された四人の仮面同窓会。 ちょっとし... もっと読む
全152アイテム中 1 - 20件を表示

雫井脩介に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×