雫井脩介のおすすめランキング

プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

雫井脩介のおすすめランキングのアイテム一覧

雫井脩介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火の粉 (幻冬舎文庫)』や『クローズド・ノート (角川文庫)』や『犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)』など雫井脩介の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火の粉 (幻冬舎文庫)

4597
3.81
雫井脩介 2004年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レビューは人それぞれといった感じだけれど、一個人としては読み出したらドンドンとハマっていって、ページを捲る手が止まらなかった。 それぐらい面白くて、一気... もっと読む

クローズド・ノート (角川文庫)

3477
3.69
雫井脩介 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はどっぷりはまってしまいました。 読後感,すごくよかったです。   詳しくはこちら http://ameblo.jp/ninjin1234/entry-... もっと読む

犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)

3393
3.61
雫井脩介 2007年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犯人が誰かを推理して楽しむ小説ではなく、誘拐犯人を追う刑事の心の機微と成長を楽しむミステリー。最初は職業として誘拐事件に取り組む主人公の刑事に怒りすら感じ... もっと読む

犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)

3073
3.64
雫井脩介 2007年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マスコミを使った展開は ちょっと半沢直樹的な感じで バッシングされてからの反転に 期待してもうた。 しかし、意外と現実的な展開で その分... もっと読む

犯人に告ぐ

1935
3.71
雫井脩介 2004年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警察組織とマスコミを利用しての犯罪捜査の話。 幼児誘拐など扱っている事件が重いため、前半は読むのが辛かったが、後半はマスコミを利用しての見えない犯人との... もっと読む

クローズド・ノート

1926
3.58
雫井脩介 2006年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キーワードは、見えない力。 心だったり、魂だったり 人には、見えない力があってその力で動かされる。 亡くなってもなお、人を動かすことができるのは、 ... もっと読む

虚貌〈下〉 (幻冬舎文庫)

1174
3.38
雫井脩介 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「虚貌(下)」 クライマックスは川で。 序盤からテンポがどんどん上がっていき、ラストまで駆け抜けていく。クライマックスの川辺のシーンとショウさん追悼の... もっと読む

望み

1157
3.97
雫井脩介 2016年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説を読んで落涙したのは、いつ以来だろうか・・・ 同じような少年犯罪を扱った作品に、薬丸岳著『Aではない君に』がある。 『A』が、犯罪を犯した少年の父... もっと読む

つばさものがたり

1152
3.90
雫井脩介 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切な人を失う事は、 哀しみ以外の何でもない と、信じていた頃は 『フランダースの犬』の主人公ネロは (かわいそう…)な子でしか無かった。 ... もっと読む

検察側の罪人

1098
3.74
雫井脩介 2013年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み応えのある、一級のリーガルサスペンスといってよいだろう。一時問題になった特捜部の恣意的捜査。冤罪問題。そして時効の課題が重く迫る。 時効の壁に、まん... もっと読む

犯罪小説家 (双葉文庫)

1073
3.02
雫井脩介 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013.10.9読了。 たいていの物語には主人公がいて、それ目線で話が進むことが多い。 今回もその感じで読み始めたけど進めど進めど主人公が見えてこない。... もっと読む

犯罪小説家

896
3.11
雫井脩介 2008年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雫井脩介おそるべし。 この人は無理にミステリーにこだわらなくても、魅力的な作品を書ける人だと改めて感服しました。 人間の心理や異常性をこれでもかと書い... もっと読む

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

886
3.54
雫井脩介 2010年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二冊続けて、似たような感じの本を読んだ気分(もう誘拐なんてしない/東川 篤哉) さくっと読めます。軽いけど本格ミステリー。 死者は沢山でますが。 もっと読む

つばさものがたり (角川文庫)

877
4.08
雫井脩介 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切ない。切なすぎる。 主人公のパティシエールの小麦が作るケーキはとてもおいしそうで、ケーキ食べたくなるけど、切なすぎて胸が痛くなった。 自分だ... もっと読む

仮面同窓会

840
2.75
雫井脩介 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み進めながら不思議な事が多い内容。 犯人も気になるし、そっちも気になるし・・・ で、どんどん読むのが止まらなくなった。 主人公洋輔も結果、「鉄の結... もっと読む

検察側の罪人 上 (文春文庫)

683
3.60
雫井脩介 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔す... もっと読む

ビター・ブラッド

674
3.35
雫井脩介 2007年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今春に佐藤健さん主演のドラマの原作。 家内が妙に楽しみにしていたせいか、図書館で目に入ってきました。 雫井さん、コレがお初だったりします。 ... もっと読む

殺気!

615
2.87
雫井脩介 2009年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人の殺気を感じるという能力を持つ主人公は、小学生のころに拉致監禁されたことがあるが、カウンセリングによってその時の記憶は封じ込められている。 同じころ、... もっと読む

検察側の罪人 下 (文春文庫)

615
3.79
雫井脩介 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時効で罪の償いから逃れた男を許すことができるのか。 上を読み終わった時こんな事、あるわけがないと思った。あってはいけないと思った。 だけど下を読み... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

雫井脩介に関連する談話室の質問

ツイートする