霜山徳爾のおすすめランキング

プロフィール

1919-2009。東京に生れる。1942年、東京大学文学部心理学科卒業。宗教哲学・心理学専攻。上智大学名誉教授。著書 『人間の限界』(岩波新書、1975)、『人間へのまなざし』(中公叢書、1977)、『霜山徳爾著作集』(全7巻、学樹書院、1999-2001)、『素足の心理療法』(みすず書房、1989、《始まりの本》、2012)。訳書 フランクル『夜と霧』(1956)、『死と愛』(1957)、『神経症』II(共訳、1961)、メダルト・ボス『東洋の英知と西欧の心理療法』(共訳、1972、以上みすず書房)。

「2019年 『死と愛 新版 ロゴセラピー入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

霜山徳爾のおすすめランキングのアイテム一覧

霜山徳爾のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録』や『死と愛――実存分析入門』や『死と愛【新版】――ロゴセラピー入門』など霜山徳爾の全46作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録

3276
4.19
V.E.フランクル 1985年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、戦争の悲劇や悲惨さだけではなく、著者自身のアウシュヴィッツでの過酷な体験について、精神医学の観点から描かれた本であり、とても貴重な本です。 悲劇... もっと読む

死と愛――実存分析入門

233
3.92
V.E.フランクル 1983年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アウシュビッツを経て獲得されたものは、結局このような文学性だったのだろうか。 フランクルはフロイトの、擬似科学的な路線を批判しているが、逆にいうとフラン... もっと読む

死と愛【新版】――ロゴセラピー入門

154
4.20

感想・レビュー

「態度価値」=変えられない運命の下にあるときに自分がいかなる態度をとるかを決めること。 もっと読む

人間の限界 (岩波新書 青版 917)

104
3.65
霜山徳爾 1975年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神分析、とくにフランクルの実存分析に深い関心と理解をもつ著者が、身近な現象を手がかりに、世界のなかで生きる人間のありかたについての考察を展開しています。... もっと読む

夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録

54
4.22

感想・レビュー

わかりやすく絶望的状況に置かれた人間の陥る心理や行動を知ることができる。 「待っている人がいる」 「実現を待たれている何かがある」 自分がしたい、した... もっと読む

共に生き、共に苦しむ

20
4.00
霜山徳爾 2005年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『夜と霧』を日本に持ってきて、訳した心理学者、霜山さんのことが知りたくて、図書館で借りた本ですが、心理学のことについては、素人が読むには難しすぎました。だ... もっと読む

神経症【新装版】――その理論と治療

18
3.50

感想・レビュー

https://scrapbox.io/ne-sachirou/%E6%84%8F%E5%91%B3%E4%B8%AD%E5%BF%83%E7%99%82... もっと読む

人間の詩と真実―その心理学的考察 (中公新書 524)

11
3.00

感想・レビュー

日常の行為や精神病理の具体的な事例を取り上げ、その人間学的意義について考察している本です。 著者自身「あとがき」で、特定の有名な心理学者や流派を下じ... もっと読む

生命ある限り―生と死のドキュメント

11
3.33

感想・レビュー

分類=スピリチュアリティ(霊)・キュブラーロス。97年2月。 もっと読む

夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 (1956年)

9
4.00

感想・レビュー

人は絶望の淵に陥った時にこそ、しばしば人生の意味を問い求め始めるものです。絶望の底にあるときこそ、ひらりと反転して精神性の高みへと飛翔しうることがある。絶... もっと読む

生命尽くして―生と死のワークショップ

8
3.00

感想・レビュー

分類=スピリチュアリティ(霊)・キュブラーロス。84年5月。 もっと読む
全46アイテム中 1 - 20件を表示

霜山徳爾に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×