青い日記帳の新刊情報

プロフィール

1968年生まれ。1990年國學院大學文学部文学科卒、Tak(タケ)の愛称でブログ「青い日記帳」を主宰する美術ブロガー。展覧会レビューや書評をはじめ、幅広いアート情報を毎日発信する。他にも東京都美術館やブリヂストン美術館の公式サイト、goo「いまトピ」、朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」、など多くのメディアにコラムを寄稿。ギャラリーや書店、カルチャーセンターでのトークショーも多く行っている。
http://bluediary2.jugem.jp/

「2018年 『いちばんやさしい美術鑑賞』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青い日記帳の新刊情報のアイテム一覧

青い日記帳の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年12月11日発売『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』や2018年8月23日発売『いちばんやさしい美術鑑賞』や2018年8月10日発売『いちばんやさしい美術鑑賞 (ちくま新書)』など青い日記帳の全4作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

カフェのある美術館 感動の余韻を味わう

29
3.33
青い日記帳 2018年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食の記憶と相俟って、鑑賞作品の印象も強くなるってのは分かるかも。それ目的に訪たいとまでは思わんけど、ペラペラめくりながら、美術館と共に気になる飲食店はちら... もっと読む

いちばんやさしい美術鑑賞 (ちくま新書)

214
3.71
青い日記帳 2018年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年アートに興味を持ち始め、美術展に足を運ぶようなったので、ほんとにちょうどよい指南書に。興味が知識に繋がり、知識がさらに興味を呼ぶ。自分のペースで楽... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする