青崎有吾のおすすめランキング

プロフィール

平成3年神奈川県生まれ。明治大学卒。平成24年に『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。他に『アンデッドガール・マーダーファルス』(講談社タイガ)、『早朝始発の殺風景』(集英社)など。

「2020年 『平成ストライク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青崎有吾のおすすめランキングのアイテム一覧

青崎有吾のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『体育館の殺人 (創元推理文庫)』や『体育館の殺人』や『早朝始発の殺風景』など青崎有吾の全109作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

体育館の殺人 (創元推理文庫)

952
3.80
青崎有吾 2015年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネットでお勧めしていただいたので読んでみました。本格のテイストで論理的に事件を追っていく様は面白かったです。 もっと読む

体育館の殺人

776
3.47
青崎有吾 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あの人は、探偵っていうより、引きこもりのアニメオタクのダメ人間かな」 「奥様は魔女だったのです」ならぬ「探偵はダメ人間だったのです」な裏染天馬シリ... もっと読む

早朝始発の殺風景

644
3.73
青崎有吾 2019年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5組の高校生たちのちょっとした推理のお話。こんな推理ができるなんて賢いな。今時の高校生活ってこんなの?いやいやおじさん小説家のそれっぽい創作かな。ほのぼの... もっと読む

水族館の殺人

563
3.48
青崎有吾 2013年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水族館好きなのでタイトル借りしたら、シリーズ2作目でした。 でも、気にせず読むことに(笑) まずは一言。 ラノベちっくなキャラと文体に騙され... もっと読む

図書館の殺人

546
3.64
青崎有吾 2016年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

待望の裏染天馬シリーズ最新作。論理展開の美しさ、素晴らしさは今作も圧巻。登場人物達の微笑ましいやり取りから一瞬で事件の核心に迫るので、無駄なシーンが全くな... もっと読む

水族館の殺人 (創元推理文庫)

524
3.77
青崎有吾 2016年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 惚れ惚れした……  犯人の殺人計画や、犯行当時の行動はもちろん、犯行の際、起こったアクシデントにそれへの対処と、犯行現場と犯人の行動を完全再現する推理... もっと読む

ノッキンオン・ロックドドア (文芸書)

463
3.35
青崎有吾 2016年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不可能専門と不可解専門の2人の探偵が謎を解く話。2人のやりとりが軽快でおもしろい。2人の周りにいる人たちも個性的。「ダイヤルWをまわせ」が印象に残った。続... もっと読む

アンデッドガール・マーダーファルス 1 (講談社タイガ)

458
3.91
青崎有吾 2015年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1898年フランス東部。資産家で、人の血を吸わないことを誓った「親和派」の吸血鬼ゴダール卿は、地方都市ジーヴルの街外れで廃墟同然の城に、妻と二人の息子・末... もっと読む

風ヶ丘五十円玉祭りの謎

435
3.46
青崎有吾 2014年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裏染天馬シリーズ3作目。 趣が違うのはタイトルだけでなく、日常の謎系短編5編+オマケで構成。 ミステリとしてはどれも小粒ですが、ファンサービスに溢れた... もっと読む

体育館の殺人 (創元推理文庫)

367
3.53
青崎有吾 電子書籍 2015年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋さんのポップのキャッチャコピーに惹かれて購入。 開いて早々に見取り図があること、犯人視点のイントロダクションがあることや、解決編前にある読者への挑戦... もっと読む

図書館の殺人 (創元推理文庫)

367
3.96
青崎有吾 2018年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつも通っている図書館がまさかの殺人現場 もっと読む

風ヶ丘五十円玉祭りの謎 (創元推理文庫)

341
3.72
青崎有吾 2017年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裏染天馬シリーズ第三弾は日常の謎系の短編集。長編二作からの短編集なので、ちょっと箸休めかな、と思ったらこちらもかなり面白かった! 「もう一色選べる丼... もっと読む

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

291
3.33
東川篤哉 2017年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新本格30周年を記念して刊行されたアンソロジー。東川篤哉、古野まほろ、青崎有吾、周木律の作品は読んだ事があったけど一肇と澤村伊智は初めて。どの話も長くはな... もっと読む

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)

263
3.93
青崎有吾 2016年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1899年ロンドン。鉄人と呼ばれるフォッグに、オペラ座の怪人を味方にした怪盗ルパンからの予告状が届いた。狙いは「最後から二番目の夜」と呼ばれる宝石とその保... もっと読む

ノッキンオン・ロックドドア (徳間文庫)

241
3.30
青崎有吾 2019年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不可能犯罪や不可解な事件の解明を専門とする探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」。 同級生の女刑事も交えながら、依頼人からの謎に挑んでいきます。 全... もっと読む

ノッキンオン・ロックドドア2 (文芸書)

212
3.66
青崎有吾 2019年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不可能(HOW)事件専門の御殿場倒理と不可解(WHY)事件専門の片無氷雨、二人の探偵が営む探偵事務所〈ノッキンオン・ロックドドア〉のシリーズ第二作。 ... もっと読む

人狼作家

86
3.13
千澤のり子 2015年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、初めてリアルでやったが、まったく要領を得なかったので、復習がてらに読む。 登場人物のハンドルネームが長いために、早々に誰が誰の何を指摘している... もっと読む

平成ストライク

86
3.20
青崎有吾 2019年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ラビットボールの切断」白井智之 のみがKindleで購入できたので、この作品しか読んでいません。 「平成に捧げる小説集」がテーマのようです。 変わら... もっと読む

FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01 (星海社FICTIONS)

86
3.67
青崎有吾 2020年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きなものとそうでもないものの差が大きかった!メイヴちゃんのお話が好きかな。 もっと読む

沈黙の狂詩曲 最新ベスト・ミステリー

45
3.20
青崎有吾 2019年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】「三月四日、午後二時半の密室」青崎有吾/「奇術師の鏡」秋吉理香子/「竹迷宮」有栖川有栖/「銀の指輪」石持浅海/「妻の忘れ物」乾ルカ/「事件をめ... もっと読む
全109アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×