青木創のおすすめランキング

プロフィール

青木創 1973年、神奈川県生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。翻訳家。訳書に、ハーパー『渇きと偽り』、モス『黄金の時間』、ジェントリー『消えたはずの、』、メイ『さよなら、ブラックハウス』、ヴィンター『愛と怒りの行動経済学』、ワッツ『偶然の科学』(以上、早川書房)、リー『封印入札』『レッドスカイ』(幻冬舎)、メルツァー『偽りの書』(角川書店)、フランセス『〈正常〉を救え』(講談社)など。

「2019年 『ミッドナイト・ライン(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木創のおすすめランキングのアイテム一覧

青木創のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『偶然の科学 (ハヤカワ文庫 NF 400 〈数理を愉しむ〉シリーズ)』や『偶然の科学』や『ローマ帽子の秘密 (角川文庫)』など青木創の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

偶然の科学 (ハヤカワ文庫 NF 400 〈数理を愉しむ〉シリーズ)

589
3.76
ダンカン・ワッツ 2014年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は1971年生まれだから私より2歳下だ。最初物理学を学んだようだが、複雑系の系譜を継ぐ「スモールワールド」だかいう学説を提唱し、ネットワーク理論に基づ... もっと読む

偶然の科学

575
3.62
ダンカン・ワッツ 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中の出来事は複雑に絡み合っており、起きたことすら因果関係をきちんと説明することは事実上不可能なのに、将来の「予測」なんてできるはずがない、ということを... もっと読む

ローマ帽子の秘密 (角川文庫)

557
3.62

感想・レビュー

表紙の「カッコイイお兄さん」エラリー・クイーンがサポート役にまわり、「ダンディーな親父」リチャード・クイーン警視が陣頭指揮を執る警察小説のような趣き。そこ... もっと読む

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める

185
3.22

感想・レビュー

感情に身を任せることこそ合理的という考え方は新鮮で面白かった。でも、少し読みにくく感じた。 もっと読む

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

153
3.88

感想・レビュー

感情<論理を説く論調は多いが、この本は、感情を合理的決断の後押しにしようと前向きに捉えている本。囚人のジレンマや繰り返しゲームなど、ゲーム理論でアプローチ... もっと読む

〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM-5への警告

146
3.90

感想・レビュー

翻訳のせいか、すごく読みにくくて途中から斜め読みした。 もっと読む

報復 (角川文庫)

123
3.87

感想・レビュー

いやもうすさまじい。「ストリートキッズ」のリリカルな世界から遠く離れて、これは「犬の力」をしのぐ血と暴力にまみれた物語だ。 元デルタフォース隊員の主... もっと読む

偶然の科学

113
3.54

感想・レビュー

以前に読んだ、ダニエル・カーニマンのFast&Slowに出てきた、プライミング(事前刺激)、アンカリング、ハロー効果などの事例が紹介されています。一見、偶... もっと読む

渇きと偽り (ハヤカワ・ミステリ)

91
3.91

感想・レビュー

初めてのオーストラリア発ミステリー。 日本で生まれ育った者としてはなかなか考えにくいのだが、オーストラリアでは干魃は珍しくなく、十年から二十年に一度... もっと読む

渇きと偽り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

76
3.79

感想・レビュー

感想はブログに https://romancebook.hatenablog.jp/entry/20210511/dry もっと読む

MBAの誓い‐ハーバードビジネススクールから始まる若きビジネスリーダーたちの誓い

71
3.85

感想・レビュー

MBAというレベルに達してない自分では気の利いたコメントを残せんけども、また将来的にMBAを取りにいく時には、今度は図書館に寄贈してもらった本じゃなく、自... もっと読む

偽りの書 上

64
2.58

感想・レビュー

Brad Meltzer - Bestselling Thriller and Mystery Writer http://bradmeltzer.co... もっと読む

葬られた勲章(上) (講談社文庫)

59
3.71
リー・チャイルド 2020年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リー・チャイルド『葬られた勲章(上)』講談社文庫。 ジャック・リーチャー・シリーズの第13作。2009年の作品。 信じられないことに再びリーチャーが火... もっと読む

偽りの書 下

57
2.63

感想・レビュー

Brad Meltzer - Bestselling Thriller and Mystery Writer http://bradmeltzer.co... もっと読む

潤みと翳り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

56
3.47

感想・レビュー

オーストラリアの連邦警察官フォークが主人公のシリーズ第二作。 前作「渇きと偽り」は、オーストラリア特有の干魃の季節の中で土地も心も渇ききったヒリヒリ... もっと読む

さよなら、ブラックハウス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

55
3.89
ピーター・メイ 2014年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてもせつないミステリ。最後の一言に少し救われるものの、これでハッピーエンドにはならない。青春のうずき、幸福、残酷、年を経て振り返った時の苦しい、けれど甘... もっと読む

葬られた勲章(下) (講談社文庫)

55
3.88
リー・チャイルド 2020年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リー・チャイルド『葬られた勲章(下)』講談社文庫。 ジャック・リーチャー・シリーズの第13作。2009年の作品。 さすがに11年前の作品だと電子モバイ... もっと読む

ミッドナイト・ライン(下) (講談社文庫)

50
3.69
リー・チャイルド 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リー・チャイルド『ミッドナイト・ライン(下)』講談社文庫。 元軍警察官で放浪を続けるジャック・リーチャーを主人公にしたハードボイルド・アクション小説シリ... もっと読む

忘れゆく男 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

36
3.71
ピーター・メイ 2015年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重度の認知症である男は殺人を犯したのか。そして殺されたのは誰なのか。 一人の男の過去を幾たりもの人々の言葉が浮かび上がらせていく。 静かに語られる島の... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×