青木淳悟のおすすめランキング

プロフィール

青木淳悟(あおき・じゅんご)…1979年埼玉県生まれ。早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で第35回新潮新人賞を受賞し小説家デビュー。05年、同作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で第27回野間文芸新人賞、12年、『私のいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞。ほかの作品に『いい子は家で』『このあいだ東京でね』『男一代之改革』がある。

「2015年 『匿名芸術家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木淳悟のおすすめランキングのアイテム一覧

青木淳悟のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『私のいない高校』や『四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)』や『四十日と四十夜のメルヘン』など青木淳悟の全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

私のいない高校

398
3.02
青木淳悟 2011年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんともおぞましい小説。“私”や“物語”の不在がおぞましいのではなく、それ以外の事象(≒出来事)があまりにも満ち足りており、それが定型句による記述のみで成... もっと読む

四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)

324
3.07
青木淳悟 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

又吉直樹さんの本で紹介されていたような…。配りきれないチラシが地層をなす部屋で、裏が白いチラシを発掘し、原稿用紙代わりにメルヘンを書きつける「わたし」。グ... もっと読む

四十日と四十夜のメルヘン

196
3.08
青木淳悟 2005年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青木淳悟さんはモデルをつくるのがとても上手い作家だ。「最近の若者」だとか「核家族」だとか「事業団体」だとかいったモデルを精緻に組み立て、それを使って遊ぶ。... もっと読む

このあいだ東京でね

188
2.98
青木淳悟 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はダメだった。苦手。 何が言いたいのかさっぱり分からない、ただの文章遊び。 変わったことをしているというのと、いい、というのは違う。 私はこう... もっと読む

いい子は家で

158
2.86
青木淳悟 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族とは 親とは ひとつ屋根で暮らすっていうことは どういうことかしら、とぼんやり考えていたときにこの本を読みました。読み手が試されるというか 読み手が母... もっと読む

小説の家

139
2.90
柴崎友香 2016年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(図書館員のつぶやき) 美術手帖のアンソロジー。好きな作家さんもそうでない作家さんもいるかも知れませんが、これだけ一堂にそろった一冊はそうそうないかもです... もっと読む

名探偵登場!

101
2.68
筒井康隆 2014年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.6.15 読了 いろんな作家さんによる 探偵が 出てくる話のオムニバス。 ですが、私がアホなのか え?どういう意味?で終わる物語が 結構あ... もっと読む

いい子は家で (ちくま文庫)

75
3.25
青木淳悟 2013年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作では、現代家族の歪さをマジックリアリズムで描いている。その手法は効果的であると思ったが、テーマ自体は良くあるもの以上の感想を抱けなかった。 ただし、... もっと読む

学校の近くの家

71
2.45
青木淳悟 2015年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはレポートか? なんとも・・・ もっと読む

匿名芸術家

60
2.50
青木淳悟 2015年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デビュー作『メルヘン』は再読。 まさに夢を見ているような、しかも細部まで克明な夢を見ているような小説。 設定なんてはなからどうでもよいと思って読むと楽... もっと読む

名探偵登場! (講談社文庫)

45
2.56
筒井康隆 2016年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作をリスペクトした作品? としても物足りなく、推理というも、今一つ。筒井の作品もキレが見られなく思う。 もっと読む

30代作家が選ぶ太宰治 (講談社文芸文庫)

42
3.78
太宰治 2016年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集は、好きな作品を何度も読みなおせてすき。太宰のユーモアとかわいらしさに溢れる作品が多かったかな。トカトントン。皮膚と心。 もっと読む

早稲田文学 記録増刊 震災とフィクションの“距離”

34
5.00
古川日出男 2012年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 3.11の震災を契機に「早稲田文学」にゆかりのある15名の小説家が寄せた16の短編作品、対談などが収録されています。私たちが直面した... もっと読む

男一代之改革

28
3.40
青木淳悟 2014年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、これ。 この描写のしつこさ。 (ト) もっと読む

早稲田文学 0

17
4.00
川上未映子 2005年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川上未映子「わたくし率イン歯ー、または世界」初出。 もっと読む

早稲田文学6 通常版

11
5.00
青沼静哉 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大江健三郎(ほぼ)全小説解題、という魅力的すぎる特集。 ほぼ全部読んでる私としては買わずにはいられなかった。 で、早速大江健三郎ほぼ~のところを読んだんだ... もっと読む

早稲田文学6 特装版

9
青沼静哉 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『感受体のおどり』を読んで、そういえば『abさんご』ノーカット版が付録についていたなぁ……と思い出して購入。発売は9月頃だったか。 『abさんご orig... もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする